無料ブログはココログ

« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2008年7月20日 - 2008年7月26日

07月26日のココロ日記(BlogPet)

放課後、楽しいマメさんと妄想について熱く語り合いました。hiromi-329-bbiqさんのひみつも聞いちゃいました……!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

ブログ通信簿

Tushinbo_imgcocolog この結果にものすご~く不満ですが・・・特に年齢のところが・・・(^_^;)

NTTレゾナントが運営する「goo」は7月23日、ブログ記事をもとにブロガーの年齢や性別、影響度などを推定し、“通信簿”として表示する「ブログ通信簿」の実験を「gooラボ」で始めた。

 ブログURLを入力してクリックすると、ブログを分析。推定した書き手の年齢・性別と、ブログの「主張度」「気楽度」「マメ度」「影響度」の4つの尺度を5段階評価する「ブログ通信簿」を表示する。「通信欄」には、記事の分析結果からうかがえる性格などを「生徒会長タイプ」などと評価。合いそうな職業なども表示する。

 分析は最新の記事(10件)を対象に行うため、記事を更新するたびに表示結果が楽しめ、自分のブログにどんな特徴があるのかを知ることができるとしている。

 NTT(持ち株会社)が開発した技術を分析に活用。男性・女性にそれぞれ特有の表現や、20代のブログで多い「就職活動」といった表現から性別や年代を推定する技術、ブログへのリンク数や記事掲載数などからブロガーの影響度を数値化する「EigenRumor」などを利用している。(Yahoo!ニュースより)

役員賞与の前に法人税払え!

メガバンクが今夏から役員賞与を復活させている。

 三井住友フィナンシャルグループは今年6月に役員賞与を支給した。支払額は1人平均680万円。旧住友銀行では16年ぶり、旧さくら銀行では13年ぶりの復活となった。

 三菱UFJフィナンシャル・グループでも、旧三菱銀行、旧東京銀行、旧三和銀行、旧東海銀行以来、13年ぶりの支給となる。実際の役員賞与額は不明だが、1人当たり平均で1714万円を上限に役員賞与を支払うことが、6月末の株主総会で承認された。

 一方、2008年3月期に6450億円ものサブプライム関連損失を計上したみずほフィナンシャルグループでは支給を見送った。

 なお、りそなホールディングスは2003年3月の発足時から役員賞与を廃止。いまだに公的資金が残る中央三井トラスト・ホールディングスも役員賞与は支払われていない。

 大手6行のなかでは、いち早く公的資金を完済した住友信託銀行のみが2004年夏に役員賞与を復活させていた。

 バブル崩壊後、住宅金融専門会社(住専)などの不良債権償却による赤字転落や高給批判などもあり、大手銀行は1996年夏までに役員賞与を全額返上した。その後、大手各行共に国から公的資金の注入を受けたこともあり、役員賞与を再開することは難しかった。

 2006年には3メガバンクがようやく公的資金を全額返済したものの、国民の税金である公的資金の注入に支えられて2006年3月期に史上最高益を計上したことで、「儲け過ぎ」批判が高まった。

 また、過去の不良債権処理による巨額の赤字決算により税務上の欠損金を抱えることから、住信を除けば、法人税を払っていないことも、批判に追い打ちをかけた。

 今回、役員賞与を復活した理由について、「3期連続の黒字決算など、一定の安定業績を上げられる状況になったため」(三井住友FG)などとしている。

 3メガバンクは2006年に政治献金の復活を決めた際も、顧客への利益還元などをめぐり、世論の批判を浴びた。いまだ、大手銀行には顧客や株主への利益還元が不十分との指摘があるのも事実。今後の対応次第では、役員賞与の復活に批判が集まる可能性もある。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 松本裕樹)
(Yahoo!ニュースより)

やさいのようせい

K2139733113_2 

舞台はニューヨークのとあるキッチン。
満月のあかりがキッチンに差し込んでくる夜、野菜の妖精たちが、
次々と目覚めます。
芽キャベツ、ガーリック、レタス、白ナス、その他いっぱいの楽しい仲間たち。 月の魔法がかかったキッチンは妖精たちにとって無限の世界。 そこで、野菜の妖精たちの無邪気でたのしい「遊び」や「冒険」の物語が繰り広げられてゆきます。

K1032325810

どこにでも遊びや冒険の入り口はあるものです。
たとえそれが、見なれた場所であったとしても…。
『やさいのようせい』では、生まれたばかりの野菜の妖精たちが、キッチンにあるいろいろな道具や、初めて出会う他の野菜に、
純粋な好奇心をもって向かっていき、毎回どきどき・ワクワクするお話が始まります。まっさらな好奇心と子どもゴコロがもたらす発見。そんなテーマを掲げてお送りする作品です。

http://yasainoyousei.jp/(ホームページ)

パステルカラーが美しく、丁寧に作り込まれており、子供から大人まですべての人に見てもらいたい、ほのぼの癒しの世界のアニメです。

以前は、NHK教育で放送していましたが、6月いっぱいで終わったようです。現在、Yahoo!動画にて無料配信中です。

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00532/v04823/(Yahoo!動画)

« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30