無料ブログはココログ

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日

わん、にゃん印鑑

Sty0809241821005p1_2 

“癒し系”の印鑑はいかが-。名前の回りを犬の形が囲んでいたり、名前の横に猫が彫り込んであったりという城山博文堂(大阪市此花区)の印鑑が、ネット通販の人気商品になっている。城山謙一社長(43)は「名前の漢字を猫形に崩したものは、堺市では印鑑登録もできました。お堅い印鑑のイメージを一新したい」と話している。

 「おもしろMY印鑑」という商品名で、現在12種類。全国から月200本以上の注文がある。人気は、名前と一緒に動物の形を彫り込んだ「ワンポイント印鑑」と動物の形に名前を彫り込んだ「ワン書体印鑑」。

 ワン書体印鑑のサンプルを見ると、「小澤」の文字が猫に見えるように崩してある。各自治体の印鑑条例によると、自治体に印鑑を登録する場合、印面に名前以外の情報を入れてはいけないが、ワン書体印鑑は文字が猫に見えても名前以外の情報は入っていない。印鑑登録ができた自治体は、堺市のほか、東京都北区や高知市など。「独特のデザインで登録証明が出せるのは、うちの印鑑だけ」と城山社長は自信をみせる。

事務用品企画・販売業の城山博文堂がユニーク印鑑に乗り出したのは、5年ほど前、城山社長が車の後部ガラスに張られた犬のシルエット写真を見たことがきっかけ。「印鑑も名前の影みたいなもの。印面に名前と動物を彫り込んだら面白い」とひらめき、「ワンポイント印鑑」が生まれた。ほかに、子供やペットの似顔絵を印鑑にしたものを考案してきた。

 今年8月には、ワンポイント印鑑を応用した「縁起物印鑑」を商品化。一目で縁起が良いとわかる招き猫やだるまなどを名前と一緒に彫り込んだもので、すでに注文も入っている。

 各商品とも、朱肉付きスタンプタイプや印鑑など、用途に応じて形や素材を選べたり、大きさも9ミリ~15ミリで用意している。注文生産のため価格は1890円から1万円とやや高めだが、自分だけのオリジナル印鑑という要素が受け、インターネット上の日記、ブログなどで人気が広がっている。城山社長は「アイデアはまだまだあります」と笑顔を見せた。

 商品の紹介などは同社のホームページ(http://www.inkan.name/)へ。 (木ノ下めぐみ)
(MSNニュースより)

09月23日のココロ日記(BlogPet)

今日、広がるしてたらhiromi-329-bbiqさんが近くにいる感じがしたんです。もう!覗きはらめぇ!ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30