無料ブログはココログ

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008年10月5日 - 2008年10月11日

すくすく・・・双子のパンダ

2008101100000004maiallsociview000

体重を測ってもらい、見物客に愛きょうを振りまく雌(左)と雄の双子パンダ=和歌山県白浜町で2008年10月11日、吉野茂毅撮影

(YAHOO!JAPANより)

火山活動、活発化!

2008年10月9日(木)19時43分配信 J-CASTニュース

   気象庁火山噴火予知連絡会が「各地の火山で活動が高まっている」と警戒を呼び掛けている。浅間山(群馬、長野県)が2008年8月10日に噴火。火山活動は収まらず、一日に100回を越す火山性地震が続き、火口2kmの範囲に大きな噴石が発生する可能性が出ている。このほか、霧島山(宮崎、鹿児島県)、雌阿寒岳(北海道)、口永良部島永良部島(鹿児島県)、桜島(同)でも噴火や火山性地震の増加があるとしている。日本の火山は活動期に入ってしまったのか。

雌阿寒岳は08年9月26日以降に火山性地震が増加
   08年8月10日に浅間山が噴火。現在も火口から約2キロメートルの立ち入り規制が続いている。そうした中、火山噴火予知連絡会は08年10月8日に「各地の火山で活動が高まっている」とし警戒を呼び掛けた。

   警戒を呼び掛けている火山は浅間山を含め5つ。霧島山(新燃岳)は08年8月19日から火山性地震が増加し、22日には噴火が発生。噴火警戒レベルを1から2に引き上げた。火口から1kmの範囲に弾道を描いて飛散する大きな噴石の警戒を呼び掛けた。雌阿寒岳は08年9月26日以降に火山性地震が増加。噴火の可能性が高まったとして、火口周辺警報(火口周辺危険)を発表。

   桜島昭和は08年7月28日の2回の噴火で噴煙が火口縁上3300mと3200mまであがったことで噴火警戒レベルを2から3に引き上げた。8月28日に噴火警戒レベルを3から2に引き下げたが、現在も火口から1kmの範囲の警戒が続いている。口永良部島では、08年9月2日以降地震が増加。火山活動が高まったとし噴火警戒レベルを1から2に引き上げた。火口から1km程度の範囲で噴石警戒が出された。

「気象庁の情報をチェック、注意を怠たるな」
   噴火予知連絡会によれば、同時に5つの火山で警戒を呼び掛けたのは2、3年ぶりだそうだ。全国各地で火山が噴火するというのは日本の火山全体が活動期に入ってしまった、ようにも見える。「火山噴火」「富士山噴火」などの著書がある京都大学人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授はJ-CASTニュースの取材に対し、今回の発表は日本の火山が活動期に入ったことを示すものではなく、いつ噴火してもおかしくない108個の活火山の通常の状況とし、「日本でこれくらいの数の火山活動は日常的なもの。ただし火山は突然変化し、かつての桜島のように大噴火になることもある。気象庁発表の情報をチェックし、注意は怠らないようにしてほしい」と話している。

(niftyニュースより)

宇宙人?

2008100700000005agaral30view000

10月7日17時6分配信 紀伊民報

田辺市あけぼのの小学5年生、多田悠人君(11)がこのほど、白浜町堅田のホームセンターで顔のような模様があるクモを見つけた。「まるで宇宙人の顔みたい」と家族や近所で話題になっている。

 田辺市稲成町のふるさと自然公園センターに持って行ったところ、ハナグモ(カニグモ科)と分かった。本体は緑色で、黒い目と鼻、赤い口のような模様がある。足を広げると大きさは1・5センチほど。

 ハナグモは日本全土に分布し、花に集まる虫を捕食する。人の顔のような模様があり、個体によって模様が違うという。
(YAHOO!JAPANニュースより)

10月07日のココロ日記(BlogPet)

明日のお弁当は手ごねムードでいいですか?あっ、答えは聞いてませんよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

オートランによる感染

10月6日14時32分配信 Impress Watch

 トレンドマイクロは6日、同社に寄せられたウイルス被害の件数などをまとめた9月度の「インターネット脅威レポート」を発表した。最も被害が多かったのは8月に引き続き、USBメモリなどのリムーバブルドライブ内で他の不正プログラムを自動実行する設定ファイル「MAL_OTORUN1」で347件。被害報告数は過去最多で、前月の143件から2倍以上に増えている。

 「MAL_OTORUN1」の被害が拡大する背景としてトレンドマイクロは、不正な「autorun.inf」(自動実行ファイル)によるリムーバブルメディアへの感染機能が、USBワームと呼ばれる「WORM_AUTORUN(オートラン)」だけではなく、その他のワームにも感染活動の1つとして定番化してきたことが挙げられると指摘している。

 同社によれば、9月に収集した新しいワーム検体のうち、53.7%がUSBメモリに感染する機能を備えていたという。この中には「WORM_AUTORUN」のほか、「WORM_LINEAGE」や「WORM_ONLINEG」などオンラインゲーム関連の不正プログラムも含まれており、USBメモリを侵入経路とする手口が一般化してきていると分析している。

 また、国内では9月中旬に、VisaやMasterCardなどのクレジットカード会社からのメールに偽装したウイルスメールが発見されたが、このメールはUSBメモリ関連の不正プログラムの配布を目的としていたことが確認されたとしている。

 感染被害報告ランキングの5位には、偽セキュリティソフトの「TROJ_FAKEAV(フェイクエイブイ)」がランクイン。これは、偽のウイルス感染警告を表示してユーザーの不安感をあおり、偽セキュリティソフトの購入を促すもの。

 購入画面では個人情報の入力が必要となり、詐欺行為の被害に加えて、個人情報漏えいの被害も予想される。こうしたことから、ウイルス感染警告の画面が表示されても、慌てずに周囲の人や使用中のウイルス対策ソフトメーカーに確認することを勧めている。

 このほか8月下旬には、日本語ワープロソフト「一太郎」の脆弱性を悪用する不正プログラムの流通が確認された。この不正プログラムは、スパムメールに添付される形で配布され、添付ファイルには日本語のファイル名が付けられていた。

 一太郎の脆弱性を突く不正プログラムは、2006年、2007年にも流通が確認されていることから、「日本独自のアプリケーションが本格的に攻撃対象となっている」(トレンドマイクロ)。なじみのある相手からのメールでも、少しでも不審に思った場合には不用意にメールや添付ファイルを開かずに、送信元に直接確認するなどの慎重さがますます必要になるとしている。

 なお、9月における不正プログラム被害感染の総報告数は5847件で、前月の6368件から減少した。
(YAHOO!JAPANニュースより)

ミッキーは悪魔の使い?

Mds0810060838002p1

ディズニーの人気キャラクター、ミッキーマウスは「悪魔の使い」であり、殺されるべきだ-。サウジアラビアのイスラム教聖職者がこんな宗教見解(ファトワ)を出したことに、批判が相次ぎ、中東のイスラム諸国で話題となっている。

 ファトワを出したのは、ワシントン駐在の外交官を務めたこともあるムハンマド・ムナジド師。地元テレビで、イスラムではネズミを「汚い」動物としているとし、ミッキーについて「憎むべきキャラクター。悪魔が隠れている」と述べた。

 これに対してエジプトの女性聖職者、スアド・サレハ師は「アニメのキャラクターを殺せというのはばかげており、イスラムのイメージを汚す」と厳しく批判。クウェート紙も「暴力的なアニメではないのに。ほとんどの人は無視するだろう」と指摘した。

 中東でもミッキーをはじめとするディズニーのキャラクターは子供たちに人気で、おもちゃ売り場にはキャラクターグッズがあふれている。  (共同)
(MSNニュースより)

柔道日本女子、優勝!

2008100500000013maipspoview000

体重別団体戦(7人制)で男女各8カ国が争う世界柔道団体選手権が5日、東京武道館で行われ、女子は前回3位の日本が初優勝した。男子は2連覇を狙った日本が5位に終わり、グルジアが初優勝した。女子の日本は北京五輪63キロ級金の谷本歩実(コマツ)、同52キロ級銅の中村美里(三井住友海上)らを擁し、決勝でフランスに5-1で快勝。男子の日本は1回戦で前回2位のブラジル、3位決定戦でロシアにそれぞれ敗れ、同100キロ超級金の石井慧(国士大)は出場しなかった。 

 ◇若手活躍で圧倒…女子の日本

 全3試合の打ち分けは16勝1敗4分け、うち一本勝ちは15試合。女子の日本は圧倒的な強さを示した。

 若手主体の布陣で勝ち上がってきたフランスとの決勝。日蔭暢年監督は「勝負に出た」と、それまで温存していた52キロ級・中村、63キロ級・谷本、78キロ級・中沢の北京五輪代表を起用した。先鋒(せんぽう)の78キロ超級・杉本がマテに一本負けしたが、嫌なムードを次鋒(じほう)の48キロ級・山岸、続く19歳の中村が連続一本勝ちして振り払った。

 山岸は左大外刈りを踏ん張られると、とっさに左手で相手の右足をつかんで朽ち木倒しを決め、1回戦に続く2戦連続一本勝ち。4月の全日本選抜体重別決勝で谷亮子を破りながら、北京五輪代表から落選しただけに、ロンドン五輪に向け「私が一番強いというところを見せたい」と意気込む。開始16秒で左小内刈りを決めた中村は「(銅メダルにとどまった)北京の悔しさを晴らしたい」と、北京から帰国直後から練習を始めたという。

 全3試合に一本勝ちの57キロ級・松本を含め、若手の成長が光った日本。谷本も腰痛をおして出場し、チームを鼓舞した。金2個を含むメダル5個獲得の北京五輪に続き、不振にあえぐ男子に代わって「本家」の面目を保った。【来住哲司】

 ○…男子の日本は5位と惨敗した。故障者続出で代表の顔ぶれがベストから程遠いうえ、エースの石井は練習不足とこ関節負傷で欠場。3勝した60キロ級・福岡をはじめ73キロ級・粟野、100キロ級・穴井ら“ロンドン五輪候補”が活躍した一方、07年世界選手権無差別級優勝の棟田が2敗するなど歯車がかみ合わなかった。斉藤仁・男子監督は「軸になる選手がいなかった」と敗因を指摘。任期切れに伴い来月辞任する予定のため「監督として最後がこの結果では……」と無念さをにじませた。また、この日一部で「プロ格闘家転向」と報じられた石井は「プロになる気はないです」と否定した。
(Yahoo!ニュースより)

ピンクリボン キャンペーン 2008

乳がんは、日本人女性の20人に1人以上がかかるといわれ、近年疾患する方は若い女性にも増えています。でも正しい知識を持って検診を行い、早期発見につとめれば治る可能性の高い病気でもあるのです。乳がんは決して女性たちだけの問題ではありません。大事な家族、パートナーと一緒に乳がんから、愛する人を守っていきましょう
http://pinkribbon.goo.ne.jp/ (goo ピンクリボン キャンペーン2008)

ハローキティは今年もピンクリボンフェスティバルのアンバサダー。
http://www.sanrio.co.jp/pinkribbon/(Sanrio ピンクリボン フェスティバル2008)

日本の女性の20人に1人が乳がんになると言われています。
乳がんの早期発見・早期診断・早期治療には正しい知識と「勇気」が必要です。

http://pinkribbon.yahoo.co.jp/(Yahoo!Japan ピンクリボン キャンペーン2008)

「ピンクリボン」は乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。
http://postpet.jp/campaign/pinkribbon2008/index.html(postpet ピンクリボン フェスティバル2008)

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30