無料ブログはココログ

« 「しまむら」狙い撃ち 「刑事告発」条例は異例 | トップページ | 黒川智花、脱清純派へ“裸”披露 »

体内から大量の針

Amr0912221040010p1

 ブラジルで2歳の男児の体内から縫い針42本が見付かった事件で、男児は18日にまず31本を取り除く1回目の手術を受け、その後順調に回復している。病院が19日明かした。

 約5時間に及んだ手術では、心臓付近からさびついた針2本を取り出したほか、肺からも2本を摘出したという。

 逮捕された男児の継父、ロベルト・カルロス・マガリャインシュ容疑者(30)は、愛人の要請で男児の体内に針を刺したことを認めている。

 男児は先週痛みを訴え、東部バイア州イボラティマの病院で受診。医師が深刻な事態に気付き、同州バレイラスの病院に移された後、17日に州都サルバドルの医療センターに搬送されていた。

 病院のスポークスマンによると、男児の体内からはさまざまな長さの針が見つかり、心臓付近のものは4.5センチだった。

 来週実施される次回手術では、腸やぼうこうなどに刺さった針が摘出される予定だが、医師が体に害を及ぼさないと判断すれば、一部については摘出せず体内に残される可能性もある。
(ロイター)
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/america/091222/amr0912221040010-n1.htm

« 「しまむら」狙い撃ち 「刑事告発」条例は異例 | トップページ | 黒川智花、脱清純派へ“裸”披露 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/32697742

この記事へのトラックバック一覧です: 体内から大量の針:

« 「しまむら」狙い撃ち 「刑事告発」条例は異例 | トップページ | 黒川智花、脱清純派へ“裸”披露 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30