無料ブログはココログ

« 「経済乱世」の始まりか | トップページ | エゴの激突!地球救えず! »

スズキ「アルト」

Biz0912201201004p7

 スズキの軽自動車の主力車種「アルト」が燃費を向上させて、5年ぶりにフルモデルチェンジした。使い勝手の良さと経済性が“売り”としたアルトの7代目。全世界で1000万台を販売し、スズキのシンボルともいえるクルマだ。開発を担当した第一カーラインチーフエンジニアの荒川甚憲(やすのり)氏(42)に、“小さな軽”に込めたたっぷりの思いを聞いた。

 --スズキにとってアルトの位置づけは

 「スズキの軽自動車のベースとなったクルマだ。低価格帯を支え、スズキを背負っているクルマといえる」

 --燃費向上をどう図った

 「二輪駆動の場合、先代アルトはガソリン1リットル当たり21・0キロだったが、新型は24・5キロに向上した。大きな要因の1つが、ボディーの軽量化だ。高張力鋼板の使用部分を増やし、約10キロ軽くした。また全車にVVT(可変バルブタイミング機構)エンジンを搭載したことで、トルクの向上とともに燃費改善にも貢献できた。副変速機付きCVT(無段変速機)も採用し、全グレードでエコカー減税対象になった」

 --軽自動車はハイブリッド車(HV)などに顧客がシフトし、厳しい市場環境にある

 「軽自動車は、身近なクルマとして位置づけなければいけない。燃費も向上させないといけないが、同時に低価格でなければ軽自動車とはいえない。たとえばアイドリングストップ機能を採用すると、燃費は向上するが、価格も高くなってしまう。目標としてはリッター30キロを実現したいと考えているが、軽自動車のユーザーが、HVと同等の30キロを超える燃費を必要とするのか、今後の検討課題だ」

 --デザインの特徴は

 「アルトの使命は幅広い人に支持されること。フロント周りが丸くてかわいらしさをアピールするだけではなく、適度なスタイリッシュ感も兼ね備えた。先代モデルは、女性に好まれるデザインだったが、新型では男性層を含めた全方位を取り込むことができるように、車体の左右にウェッジを効かせたプレスラインをつけた」

 --インテリアもデザイン性にこだわったようだが

 「ベージュとブラウンのツートーン内装で明るくて若々しいイメージを持たせた。インパネ中央部はサークル状のフォルムにして、それぞれの機能を色分けして使いやすくした。速度や燃費などが一目で確認できるグラフィック性の高い大型メーターを採用した」

 --新しいプラットホームを採用している

 「新型アルトで採用したプラットホームは昨年のワゴンRなどに次ぐ3車種目。先代アルトと比べてホイールベースや室内高を広げた。荷室も大型ベビーカーが収納できる大きさに設定している」

 --軽自動車のラインアップの中でどう棲み分けていくのか

 「アルトはどちらかといえば、個人ユーザーが中心。家族でどこかに行こうという際に使うクルマとは違う。日常的な通勤や送り迎え、買い物など身近で使えるクルマだ。一方、ワゴンRは子供がいるファミリー層が中心で、ラパンは若い女性向けだ」

 --今後の軽自動車の向かう先は

 「小型化、経済性の高さが求められる中、室内スペースの問題がついて回る。本当に必要なパッケージングを見定める必要があるだろう」

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091220/biz0912201201004-n1.htm

« 「経済乱世」の始まりか | トップページ | エゴの激突!地球救えず! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/32673966

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ「アルト」:

« 「経済乱世」の始まりか | トップページ | エゴの激突!地球救えず! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30