無料ブログはココログ

« シリーズ史上初の悪のウルトラマン、ウルトラマンベリアルに独占インタビュー! | トップページ | 「地球衝突回避せよ」 »

羽田再拡張でとばっちり

Thumbkanaloco200912310912300028head

東京湾に浮かんでいるように見える“ピラミッド”としてシンボル的存在になっている東京湾アクアラインの「浮島換気所」(川崎市川崎区)。2010年10月に供用開始する羽田空港のD滑走路から約1キロの延長線上に位置し、高さ制限に抵触するため、換気所の上部が年明けに切り取られることになった。デザイン性よりも安全性を優先した形で、工事は1月下旬に行われるため、ピラミッドの完全な姿は間もなく見納めだ。

換気所は川崎市と千葉県木更津市を結ぶアクアラインの川崎側のトンネル入り口にあり、海底トンネル内の空気を入れ替えるための施設。1997年の道路開通時に設置された。高さは約47メートルで幅約60メートル、奥行き約84メートルのピラミッド状の施設で、換気設備を軽量鉄骨のピラミッドで囲むように立っている。

羽田再拡張に伴い建設中のD滑走路の延長線上に換気所があるため、航空機が安全に離着陸できるように航空法で定められた「進入表面」の基準に抵触することが判明。このため、国土交通省東京航空局は10年1月下旬に”ピラミッド”の上部を切り取る作業を行う予定だ。

“ピラミッド”上部のボルトを外し、クレーンでつり上げて高さ約12メートル分を切り取る作業で、1日で終わる見通し。作業後は上部が平面になり、航空機の航行に支障はなくなる。

換気所を維持管理する東日本高速道路(NEXCO東日本)によると、ピラミッドは画家の故平山郁夫氏らによる有識者組織が1996年、アクアライン建設に伴う景観を検討する中で、いくつか提案されたアイデアの中から採用された。D滑走路の計画は換気所の完成後に具体化した。

滑走路建設に伴う障害物といえば、新たに開港した静岡空港近くの私有地の立木をめぐって地権者と静岡県が争った問題が注目を集めたが、今回のピラミッド改修工事をめぐって異論などは出ていないという。

NEXCO東日本の担当者は「海ほたる、風の塔とともにアクアラインの象徴的な施設だが、安全航行のためには仕方ない。子ども向けホームページにピラミッドとして紹介しており、工事後の対応を検討している」と話している。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kanaloco-20091231-0912300028/1.htm

« シリーズ史上初の悪のウルトラマン、ウルトラマンベリアルに独占インタビュー! | トップページ | 「地球衝突回避せよ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/32800010

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田再拡張でとばっちり:

« シリーズ史上初の悪のウルトラマン、ウルトラマンベリアルに独占インタビュー! | トップページ | 「地球衝突回避せよ」 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30