無料ブログはココログ

« 中国で1億5000万人に普及! | トップページ | COP15の背後に渦巻くドロドロの駆け引き »

「『女性』を意識、嫉妬から攻撃」

 里子として自宅で養育していた女児(5)を虐待して大けがをさせたとして、傷害罪に問われた大阪市西区の無職、吉村陽子被告(35)は15日、大阪地裁(並河浩二裁判官)の初公判で「間違いありません」と起訴状の内容を認めた。

 冒頭陳述で検察側は「正しい生活習慣を身に付けさせようとしかっても改善されず、いらだちを感じていた」と指摘。さらに「夫にだけ懐く女児の態度に『女性』を意識し、嫉妬(しっと)心から攻撃したいと思った」と述べた。

 吉村被告は終始うつむき、涙を流しながら冒頭陳述を聞いた。

 弁護人は「『里親』という制度の中で起きた事件。公的機関が2人の関係をどう見ていたかが判明しないと全容が明らかにならない」と児童相談所の記録の全面開示を検察側に要求した。

(産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091215/trl0912151647011-n1.htm

« 中国で1億5000万人に普及! | トップページ | COP15の背後に渦巻くドロドロの駆け引き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/32620699

この記事へのトラックバック一覧です: 「『女性』を意識、嫉妬から攻撃」:

« 中国で1億5000万人に普及! | トップページ | COP15の背後に渦巻くドロドロの駆け引き »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30