無料ブログはココログ

« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

2009年3月8日 - 2009年3月14日

太ったのでは・・・

2009031200000046yomsocithum000

北海道釧路市の釧路川に野生のラッコが住み着いてから1か月。

 動静が首都圏のテレビニュースで連日、報じられるなど、「クーちゃん」人気は今や全国区で、愛らしい姿を一目見ようと、多くの観光客が連日、押し寄せている。

 この1か月間、ツブ貝など餌をせっせと食べているクーちゃんだが、ほぼ毎日のように様子を見に来る市民の間からは、「少し太ったのでは」との指摘も。

 一方、近くの観光施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」ではパンやストラップなどクーちゃんグッズの売り上げが好調で、この1か月間の売り上げは、前年同期比で約1000万円増。市内の経済関係者からは「このまま釧路経済を下支えしてほしい」と期待する声も上がっている。
(読売新聞、YAHOO!JAPAN)

ブサかわいい

Trd0903122123015p1

 青森・津軽半島の西の付け根にある人口1万2000人の鰺ヶ沢町が、1匹の元野良犬をめぐり注目を集めている。

 犬の名は「わさお」。飼い主は菊谷節子さん(66)で、毛がワサワサしていることから名がついた。

 2歳の秋田犬。ダンゴ鼻で目が細く、お世辞にも「イケメン」とはいえないが、逆に「ブサかわいい」(不細工だけどかわいい)と人気に。ブログで紹介されると人気は全国区に。現在はネットの専用コミュニティに1300人以上が登録している。

 この人気に地元観光協会がイラスト入りTシャツを販売したところ、注文が殺到。3カ月で400枚が売れ、観光バスのコースにも。菊谷さんは、この人気に乗じ(?)「秋田犬のお嫁さんをもらってやりたい」と意気盛んだ。
(MSN)

地球温暖化にもメリット

いや、なにも地球温暖化が問題だってことにケチをつけたいわけじゃないんです。いろいろなメディアでエライ人たちが異常気象や海面上昇による土地の浸食、それにともなう食糧生産の危機など地球温暖化がもたらす被害を訴えてますしね。…でも、こんなこと考えてはいけないのかもしれないけど、地球温暖化にも少しくらいメリットはないの?

「地球温暖化にもメリットはありますよ」と答えてくれたのは、『「地球温暖化」論に騙されるな!』などの著書がある、東京工業大学の丸山茂徳教授。…へっ? どういうことですか?

「まず、今問題になっている地球平均気温の上昇は、過去130年間でおよそ0.7度。しかし、過去には気温が現在より2度も3度も高かったり低かったことがありました。歴史上、この程度の気温のブレは何度もあったのです。そして平均気温が上昇すると、一般的な生物の生息範囲は広がりますし、植物の総生産量が上がり、食糧危機解決の一助になる可能性もあります」

え、いやでも、TVとかでは海面の上昇など様々な問題が起こり、「地球温暖化=世界の破滅」ぐらいの勢いですけど…。

「温暖化が進めば海の水蒸気が雲になって、砂漠に雨が降り、緑地化するというのが私の意見です。また北極の氷が溶ければ、北極海の油田が採掘できるようになるので、近隣国家にはメリットでしょう」(同)

とはいえ、もちろん地球環境について何も気にしなくてもいいわけではないとか。

「実は一昨年から、地球は温暖化どころか“寒冷化”の時期に入っているという声もあります。寒冷化の結果、食糧生産が減少し、現在の人口分の食糧がまかなえなくなる危険性もあるのです」(同)

丸山先生の考えでは、現在の「人類繁栄の黄金期」を長持ちさせるため、世界が協力することが大事だそう。

ふむ、地球温暖化にメリットがあったとしても、地球環境にはみんなで気を配らないといけないんですね。
(R25編集部、nifty)

Googleより賢い!?

 理論物理学者で数学ソフトを扱う米Wolfram ResearchのCEO、スティーブン・ウルフラム氏が、新たな検索技術「Wolfram|Alpha」を限定公開した。

 Wolfram|Alphaは5月に公開予定で、現在は少数のユーザーにのみ公開している。

 このプロジェクトは、アルゴリズムや自然言語解析などを活用して、「円周率の300けた目は?」といった事実に関する質問に回答する「計算型ナレッジエンジン」を目指している。ウルフラム氏は具体的な仕組みを明らかにしていない。

 Wolfram|Alphaのデモに参加した検索エンジンの専門家ノバ・スピバック氏は、この検索エンジンは「Googleのように答えを含む文書を返すのでもなく、Wikipediaのような巨大なデータベースでもなく、Powersetのように単に自然言語を解析して文書を検索するのでもない」としている。Wolfram|Alphaは、「ティンブクトゥはどこの国にあるか」「水素原子の陽子は幾つか」「今月のシアトルの平均降水量は?」「ISSはどこか」「GOOG(Google)の株価が300ドル以上だったのはいつか」といった事実に関する質問に回答してくれるという。

 スピバック氏は、Wolfram|Alphaは幅広い質問への答えを提供し、データベースから答えを探すのではなく回答を計算するという点でGoogleよりもずっとスマートだとしている。「WebにとってGoogleと同じくらい重要かもしれない」「Googleの人がこれを見たら驚いて、欲しくなるだろう」と賞賛している。
(ITmediaニュース、YAHOO!JAPAN)

オフレコ懇談

   「政府高官」が「検察の捜査は自民党には及ばない」と発言したとされ、与野党から批判の声があがっている問題で、発言の主が漆間巌(うるま・いわお)官房副長官(元警察庁長官)だったことが明らかになった。この発言は、発言者を特定しない約束の、いわゆる「オフレコ懇談」でのものだが、オフレコ懇談での発言をきっかけに政治家が足元をすくわれる例は少なくない。

新聞各社は「自民党に及ぶことはない」という点で一致
   発言は2009年3月5日、記者団とのオフレコ懇談の場で出たものだ。メモや録音は取らないことになっているが、ニュース価値がある場合は、発言者が特定されない形で記事化できることになっているとされる。漆間氏は、各紙によると

「自民党議員に波及する可能性はないと思う」(共同)
「自民党側は立件できないと思う」(朝日)
「自民党の方にまで波及する可能性はないと思う」(読売)
「この件で(東京地検が)自民党の方までやることはないと思う」(毎日)
「自民党に及ぶことは絶対ない。金額が違う」(日経)

   などと発言。オフレコ懇談での発言だったので、各社は主語を「政府高官」「政府筋」といった表現にして報じた。この発言に対して、与野党から批判の声があがると、各社は漆間氏に対して実名の記事化を認めるように求めたが、漆間氏はこれを拒否。そんな中でも、

「『自民側は立件できない』 発言の高官 民主、漆間氏とみて追及」(09年3月7日、朝日新聞)
と漆間氏の名前が報じられるなど、事実上「外堀」が埋められた形になった。翌8日には、河村建夫官房長官が、テレビ番組で、「政府高官」が漆間氏であったことを明らかにし、漆間氏に対して「発言は極めて不適切」と注意したことを明かした。

   当の漆間氏は、3月9日の参院予算委員会で、

「私の真意が伝わらない形で報道され、多くの皆さんにご迷惑をかけ、申し訳ない」
と釈明しながらも、

「特定の政党、政党の議員について、検察の捜査が及ぶか及ばないかということを申し上げた記憶はない」
と、一連の記事は誤報だとの見方を示した。民主党の鳩山由紀夫幹事長は、辞任要求について「必要に応じて出てくる可能性がある」と述べ、追及を進めていきたい考えだ。

週刊誌などから話が漏れることも多い
   「オフレコ懇談」をきっかけに政権がダメージを受けるケースは少なくない。例えば、02年には福田康夫官房長官が、いわゆる「非核3原則」を見直すともとれる発言をしたとして、被爆者団体はもちろん、与野党から非難の声があがった。この発言は「政府首脳」の発言として報じられたが、福田氏は記者会見の場で発言について質され、

「(政府首脳に)真意を確認したが、そういうことは言っていないとはっきり言っていた」
と、1人2役を演じる「珍場面」もあった。結局福田氏は、「政府高官」が自分であることを認めた上で、「非核3原則は堅持する」と、火消しに追われる結果になった。

   閣僚の辞任にまで発展したケースもある。

   1995年10月、江藤隆美総務庁長官(故人)が、記者会見後に、

「これからは雑談。記事にする話ではないし、メモもとらないでほしい。若いみなさんの参考のためにお話ししよう」
と切り出し、

「日韓併合条約は、法的に有効だった」「植民地時代、日本はいいこともした」
   などと述べた。

   前出の2つのケースとは違い、「名前を伏せたとしても、記事にはしない」という形のオフレコだ。ところが、会員制月刊誌「選択」に「フタされた某現職閣僚の暴言の中身」と題して、江藤氏の名前を伏せた形で懇談の内容が報じられたのだ。さらに、韓国の東亜日報が、「江藤長官が妄言」と、発言の主を特定した上で報じてもいる。東亜日報の東京支局に、匿名の手紙で詳しい情報提供があり、複数の日本人記者が同紙の確認取材に応じたという。東亜日報の記事を受けて、報道各社は江藤氏に対してオフレコの解除を求めたが、

「解除には応じられない。オフレコの約束は守ってほしい」
として拒否。だが、発言への批判が高まったこともあって、結局は長官辞任に追い込まれた。

   オフレコ懇談をめぐっては、「起こっている事柄の背景を知るために必要」との声がある一方、「取材対象との距離感・緊張感を保てなくなるのではないか」との批判もある。

   元朝日新聞編集委員で経済ジャーナリストの阿部和義さんは、「出来るだけオフレコ解除への努力をすべき」との立場で、

「確かにバックグラウンドを知るためには必要なのですが、記者にとっては難しい問題です。オフレコで話されることは、記者にとって興味をそそられることが多いですからね。ただ、週刊誌などを見れば分かるように、どこかから話が漏れることも多いのも事実。後で『犯人探し』をしてもめるよりは、懇談中に『これ、書きますよ』と、オフレコ解除の努力をするのが筋なのではないでしょうか」
と話している。

(J-CASTニュース、nifty)

犬、猫を救え

 福岡県内の保健所などに持ち込まれ、殺処分された犬、猫は2007年度、1万6155匹に上り、全国ワースト1位だった。

 全国最多は3年連続で、県は少しでも多くの命を救おうと、対策に乗り出すことを決めた。これまで子犬に限ってきた新たな飼い主への譲渡対象を、成犬や猫にも拡大。安易な持ち込みに歯止めをかけるため、犬と猫の引き取り手数料も新たに徴収し、今後10年間で処分数半減を目指す。

  7日、同県古賀市の県動物愛護センターに愛犬家らが集まった。月1回のペースで開いている子犬の譲渡会。この日の対象は生後2~3か月の7匹で、うち6匹が事前に講習を受けた6組の家族に引き取られた。

 同センターには、捨てられたり飼えなくなったりした犬、猫が、県内13か所の保健福祉環境事務所などを通じ、運ばれてくる。

 大半はその日か翌日にガス室で殺処分され、譲渡会に出るのは健康状態のよいごくわずか。新たな飼い主に渡るのは生後90日以下の子犬のみ年間約80匹にとどまっている。

 これを3年後には成犬も含む犬250匹、猫190匹の計440匹に増やしたい考え。現在、譲渡のため一定期間収容する施設は子犬の小動物舎(収容約10匹)だけしかないため、新たに成犬用(同8~10匹)、猫用(同13~14匹)を整備。しつけや世話をするボランティアのスタッフを充実させ、今秋頃の譲渡対象拡大を目指す。

 こうした施設は福岡市、北九州市などにもあり、北九州市は同じ取り組みを既に実施。福岡市は原則として犬を譲渡対象にしている。

 また、県と福岡、北九州両市は10月以降、持ち込みを有料化する方針で、成長した犬と猫は2000円、子犬と子猫は400円になる見通し。手数料は32都道府県が導入しているが、手数料負担を嫌がって道端などに放置する例はそれほど増えていないという。県保健衛生課の高田則子係長は「飼い主に責任ある対応を促したい」と話す。

 さらに、迷い犬、迷い猫が飼い主のもとに戻る機会を増やそうと、保健福祉環境事務所での収容期間を、現行の3日から6日に延長。「捜索支援ホームページ」を開設し、収容場所や特徴、写真を掲載する。

 同県行橋市の主婦大石美紀さん(37)は、長男晃生(こうき)君(8)、次男晴也(はるや)君(5)とともに7日の譲渡会に参加、子犬を引き取った。「多くの命が救われてほしい。子どもたちが大きくなったら、この子犬たちが処分されそうだったことなどを改めて話すつもり」と話した。(滝下晃二)
(読売新聞、YAHOO!JAPAN)

03月08日のココロ日記(BlogPet)

飼育当番で若い左にえさをあげました。ココロにすりすりしてくれました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30