無料ブログはココログ

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月11日 - 2009年1月17日

「シリアスゲーム」

 教育や医療問題などさまざまな社会問題の解決にゲームを役立てる「シリアスゲーム」(SG)の考えが広がり始めている。もともと米国で生まれたものだが、日本でもSGを専門に開発するメーカーが登場。学校の授業で生徒にゲームをプレーさせ、教育効果を検証する研究も進んでいる。(森本昌彦)

≪危険から脱出≫

 超高層ビルで仕事中、マグニチュード7以上の大地震が起こったら、あなたはどうするか-。

 平成20年12月20日にSGラボ(東京都渋谷区)が発売したパソコンソフト「D-Moment ~巨大地震編~」は、そんな想定でゲームが進行する。地震でエレベーターが停止した際などに、どうすべきかを選択肢の中から選び、地震発生直後の危険から脱出を図る。

 「余震」「災害伝言ダイヤル」など地震が起きたときに知っておく必要があるキーワードは青字で画面に表示され、クリックすると詳しい情報を知ることができる。知識だけでなく、「心肺蘇生(そせい)法」の方法なども同様に画面表示され、ゲームを楽しみながら地震についての理解が深められる工夫が施されている。

 同社は18年、学習研究社(品川区)とスクウェア・エニックス・ホールディングス(渋谷区)の合弁企業として設立された。SG専業メーカーとして、これまで企業をPRしたり、自治体の取り組みを伝えるゲームなどを作成。D-Momentは、一般ユーザー向けとしては初のSGとなる。

 ≪医療、健康もテーマ≫

 国内ではまだ耳慣れないSGという用語。日本で普及に取り組んでいるシリアスゲームジャパンによると、米国で2002年ごろに使われ始めたという。

 米陸軍による入隊者募集を目的としたゲームや、非営利財団が支援して制作された医療や健康をテーマにしたゲームなどが次々に登場。SGに関連した国際会議や研究会も開かれ、そのブームは欧州にも波及している。

 一方、日本の状況について、シリアスゲームジャパン代表の藤本徹さん(35)は「SGの土壌はあるが、海外のSGが普及しているというよりも、学習をテーマにしたエンターテインメントが進んでいる」と指摘。ニンテンドーDSでさまざまな学習ソフトがヒットしていることを典型例として挙げる。

 ≪上がる学習意欲≫

 東大大学院情報学環の馬場章教授(コンテンツ創造科学)の研究グループはSGの学習効果に着眼し、詫間電波工業高専(香川県三豊市)の授業にSGを導入、その効果を検証する研究を17年度から実施している。

 同高専の1、2年生の日本史と世界史の授業で、コーエー(横浜市)の海洋冒険ロールプレーイングゲーム「大航海時代Online」を使用。「通常の授業のみ受ける」「ゲームだけプレー」「課題を与えてゲームをプレーする」という3つのグループに生徒を分け、歴史に対する興味、知識の定着度、歴史認識などがどうなるかについて測定している。

 研究は22年度までの予定だが、現段階で、ゲームをプレーしたグループで学習意欲が最も上がり、課題をこなしながらゲームをプレーしたグループが最も知識定着度が高くなるなど、一定の教育効果があることが分かったという。

 「今後、さまざまなジャンルでSGの開発が進み、もっと生活の中に入ってくると思う」と馬場教授。普及に向けた課題としては、ゲームを教育などの分野に導入する際の抵抗感を挙げ、「ゲームが単なる娯楽でなく、いろいろな可能性を持っていることを研究を通じて証明したい」と話している。
(YAHOO!JAPAN)

「ななふん」(女性用ふんどし)

Fsh0901140037001p1

ワコールの子会社である同社が、女性下着の「自由と開放」をコンセプトに開発した女性用ふんどしとブラジャー。

ふんどし「ななふん下」(1260円)は、長さ80×幅36センチの長方形の布と、長さ130センチのひもで構成。

ひもをウエストで結んで着る。

ブラジャー「ななふん上」(1890円)は、ふんどしと同じ素材を使っており、ホルターネックのように首の後ろで結んで着用。

いずれも素材は綿100%で、これまでの下着のようにゴムやワイヤの締め付けがないため、楽な着け心地という。

お風呂あがりのリラックスタイムや、パジャマのインナーとしての着用がおすすめ。

カラーはピンク、ネービー、イエロー、サックスの4色を用意。洗濯機で洗える。

販売中。フリーダイヤル0120・307056
(MSN)

01月16日のココロ日記(BlogPet)

hiromi-329-bbiqさんと、なんとなく心が通じたかも……そんな気がしました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

後藤真希(ごとう・まき)、歌手活動を再開

Msc0901140804001l1

 元モーニング娘。の後藤真希(23)が1年4カ月ぶりに歌手活動を再開させることが13日、分かった。実刑判決を受けた弟(22)の不祥事を受けて活動を自粛していたが、ついに再始動。芥川賞作家、金原ひとみさん(25)とコラボした新曲「Fly away」を21日からネット配信。作詞にも初挑戦し、20代女性の思いを代弁した。

 新曲は交流サイト、mixiの20代女性向けプロジェクト「SWEET BLACK」との連動企画で実現。“好きなことで生きていく”をテーマに著名人が小説や歌などを提供する同企画で、音楽部門のメッセンジャーに選ばれたのが後藤。

 07年10月に実弟の元歌手、後藤祐樹受刑者が窃盗罪で逮捕され、活動を自粛せざるを得なくなったゴマキにとって、「好きな歌を歌いたい」という強い思いが今回のテーマと合致。オファーを快諾し、デビュー10年目にして初めて作詞することでその思いをぶつけた。

 そこで強力タッグを組んだのが小説部門のメッセンジャー、金原さん。デビュー作「蛇にピアス」で芥川賞を受賞した彼女が、同企画に寄せた短編小説「マンボ」をベースに後藤が詞を綴った。

 初めて思えた心 扉を今突き破って…。アイドルからの脱皮にも悩んでいた後藤は自身の思いを詞に重ねて、「SWEET BLACK feat.MAKI GOTO」名義で、ダンスナンバー「Fly-」を完成。同曲は07年9月発売のアルバム「How to use SEXY」以来の新曲となる。

 昨年6月に新天地を求めて大手エンターテインメント会社、エイベックスと契約。再出発できた喜びに、「なかなか自分の方向性が定まらなくて悩んだりもしたけど、やっぱり(歌手を)あきらめることはできなくて。私は私なりに頑張ろうと思います」と張り切る。

 新曲は21日から音楽配信サイト「レコ直」で配信開始。CD発売は未定だが、反響次第では十分可能性がある。今後も他の作家とコラボした自作詞の楽曲を出していく。

 14日からは、後藤のHPで再始動の様子に密着した予告映像が放映。いよいよ、ゴマキの逆襲が始まる。

Msc0901140804001l2

後藤真希(ごとう・まき) 1985年9月23日、東京都生まれ。99年の第2回モー娘。追加メンバーオーディションで1万1000人から唯一選ばれ、彼女にとってのデビュー曲「LOVEマシーン」がモー娘。初のミリオンに。02年にモー娘。を卒業後、ソロ歌手や女優として活躍していたが、07年10月から芸能活動を自粛。1メートル59、血液型O。
(MSN)

夢のような求人

Asi0901131438000p1

 オーストラリアの小さな島での夢のような求人情報がある。世界中から適任者を募集しているという。

 仕事の内容は、オーストラリア北部のグレートバリアリーフに浮かぶハミルトン島の文化と美に6カ月間漬かって、ビデオのブログを通じてその観光を促進するというもの。海の魚への餌やり、プールの掃除、空路で運ばれる郵便物の回収のほか、スキューバ・ダイビングやシュノーケリング、ハイキングをしたり、25以上の付近のリゾートの島々を体験することが求められる。

 その対価として、クイーンズランド州が豪華な3ベッドルームの滞在費15万豪ドル(約950万円)相当と往復の交通費を負担する。

 この仕事はことし7月からスタートし、経験・年齢は不問という。
(MSN)

青森産マリモ

2009011000000047yomsocithum000

 青森市の浅虫水族館で、青森県三沢市の小川原湖岸で昨年見つかった希少な球状のマリモが展示され、人気を集めている。

 糸状の藻が絡まり合って球状になった「纏綿(てんめん)型」で、これまで、北海道の阿寒湖でしか生息が確認されていなかった。

 展示されているのは直径1~1・5センチほどで、約30個。県の研究機関が採集したものを同水族館が譲り受けた。付着していた枯れ葉やゴミは丁寧に取り除かれ、水槽の底にのんびりと転がっている。
(YAHOO!JAPAN)

予告なしに課金

 「リンククラブ」という名称で、ホームページを作りたい利用者にサーバーを貸し出すサービスなどを提供しているネット関連企業「カイクリエイツ」(東京都)が昨年末、「情報管理などを強化するシステム費に充てる」という理由で、事前の連絡を十分にしないまま利用者約2万人の口座から、それぞれ1万円を引き落としていたことがわかった。

 監督官庁の総務省には、苦情や相談が相次いでおり、同省は、消費者に費用負担を求める時には事前の説明が必要としている電気通信事業法に違反する疑いもあるとして調査に乗り出した。

 カイクリエイツから集金を委託されているクレジットカード会社によると、カイクリエイツに会員として登録している利用者約2万人の口座から先月29日、月々の利用料と同時に1人あたり1万円を引き落とした。カード会社には「引き落とされることを知らなかった」などという苦情や相談が今月9日までに約200件寄せられているという。

 総務省にも「事前の通知なしに1万円を引き落とされた」という相談が9日までに20件寄せられている。

 カイクリエイツは規約で「臨時の料金を予告なく課金する場合がある」と定め、現在はホームページ上で「システム費として1万円を会員に負担してもらう」という説明を掲載している。読売新聞の取材に対して、同社は「対応できない」と話している。
(YAHOO!JAPAN)

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30