無料ブログはココログ

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月20日 - 2009年12月26日

近づかれると不快な距離

■人には誰でも侵されたくない空間がある

 親しくない人に近づかれると、思わずのけぞってしまいますよね。電車のシートに座るときにも、できるかぎり他人と距離をとろうとするものです。

 このように、人は無意識のうちに、他人との間に距離をとって、快適な空間を保とうします。この個人的な空間のことを「パーソナル・スペース」といいます。

 相手との親密度によってこの広さは異なり、それを侵して他人が入り込むと、人は不快感を覚えるのです。

■親しくない人が近づくと不快に感じる距離って?

 アメリカの文化人類学者であるエドワート・ホールは、パーソナル・スペースを4つのゾーンに大別し、それをさらに近接相と遠方相の2つに分類しました。そのなかで、親しい者同士に許される空間についてご紹介しましょう。

●密接距離---ごく親しい人に許される空間
  ・近接相(0~15センチ)
     抱きしめられる距離
  ・遠方相(15~45センチ)
     頭や腰、腿がかんたんに触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離(親しい人同士がささやきあえる)

●個体距離---相手の表情が読み取れる空間
  ・近接相(45~75センチ)
     相手を捕まえられる距離(妻以外の女性がこの空間に入ると、違和感を感じる)
  ・遠方相(75~120センチ)
     両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離(個人的な話をするときによく利用される)

 上記の空間のなかに、あまり親しくない人が入ってくると、不快感を感じることが多くなります。

 ただし、このパーソナル・スペースには個人差があり、社会文化や民族によっても異なります。しかし、他人に不快感を与えない空間のとり方の目安として、覚えておくと便利です。

■男は狭すぎると怒りっぽくなる!?

 心理学者の渋谷昌三は、男性は空間が狭くなると攻撃的になり、女性は協力的で友好的になる傾向があるといい、その理由を3つあげています。

1 男女のパーソナルスペースは異なり、男性のそれは女性より大きい
2 男性のほうが活動水準が高く、女性より広い空間を必要とする
3 男性同士はお互いに接近して生活するのを嫌い、女性はそれを好む傾向がある

 実際、男性はごちゃごちゃと混み合った場所に入るとイライラするのに対し、女性は幼いときから同性同士で触れ合ったり、狭い空間で遊ぶのを好むケースをよくみかけます(もちろん、個人差はあります)。

 しかし、女性が男性より狭い空間を嫌がらないからといって、あまり親しくないうちから接近しすぎるとやはりストレスになるので、ご注意を!

■自然に距離をおいてしまう夫婦は危機なのか?

 こうしたパーソナル・スペースは、人間関係の微妙な距離感を確かめるためにも、参考になります。

 たとえば、新婚のときには自然に2人並んでソファに座れたのに、数年たつと、どちらからともなく席をたってしまうことはよくあります。これは“熱愛”が冷めた結果かもしれません。

 ただし、お互いに少し空間をとりたくなったからといって、それがすなわち“夫婦の危機”ではありません。親子の場合もしかり。子どもが成長とともに、親との距離をおきたがったとしても、“親子の危機”ではありません。

 夫婦や親子は、長い年月をともに暮らしていく“同士”です。お互いが“自分”を確立しながら共同生活を続けていくには、それぞれに必要な空間を確保したいと思うのも、当然のことです。

 むしろ、適度な空間を保つことは、長い家庭生活を円滑に続けていくための知恵でもあるのです。

参考文献:『かくれた次元』エドワート・ホール/日高敏隆 佐藤信行訳(みすず書房 1970) 『人と人との快適距離』渋谷昌三(NHKブックス 1990)

【ストレス:大美賀直子】

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/item/detail/allabout-20091226-20091226-1/1.htm

M・ジャクソンを死に追いやった「ミルク」

 「King of Pops(ポップスの王様)」を死に追いやったのは、白濁色の液体だった。「ミルク」-。不眠症に苦しんでいた50歳のスターはそう呼んで、米ロサンゼルス市内の自宅で専属医に麻酔薬「プロポフォール」の投与をせがんだ。そして、深い眠りにつき、二度と目を開くことはなかった。今年6月、世界中のファンを悲しませた大スター、マイケル・ジャクソンの死。ロサンゼルス捜査当局はこの薬の投与が、業務上過失致死罪にあたるかどうか、捜査を進めている。「できることは全部やった。(捜査当局に)真実を話した」と語った専属医、コンラッド・マーレー医師。あの日の全容解明は来年に持ち越された。(佐々木正明)

 これまでの捜査当局の調べから、ジャクソンさんの死亡時のプロポフォールの血中濃度は、「致死量レベル」にあったことが判明している。ロサンゼルス郡検視局は、検視の結果、6種類の薬物が検出されたことを公表し、ジャクソンさんの死は、複数の薬剤の過剰投与による「他殺」と結論づけている。

 ジャクソンさんは当時、不眠症に悩まされており、「ミルク」と名付けていたプロポフォールを睡眠の助けとしていた。マーレー医師も、ジャクソンさんに雇われた今年5月に、通常の薬局で100ミリリットルのボトル5本を853ドルで購入していた。

 プロポフォールは、「ディプリバン」の商品名で知られ、通常、手術の際の麻酔薬に用いられる。睡眠薬としての投与は、適切な使用方法ではないものの、米国では規制薬物に含まれていないのが現状だ。

 専属栄養士は「マイケルはディプリバンの中毒状態にあった」と証言する。マーレー医師もジャクソンさんの身体を気遣い、徐々に投与量を減らし、プロポフォールの依存体質から脱することを考えていた。

 マーレー医師は捜査当局に対し、ジャクソンさんが亡くなった6月25日の様子を詳細に証言している。ジャクソンさんは当時、再起をかけた復帰公演のリハーサルに臨んでおり、極度の疲労を抱えていた。そして、コンサートが近づくにつれ、ますます寝付けなくなっていた。

 22日と23日、マーレー医師はプロポフォールの量を減らし、抗不安薬のロラゼパムとミダゾラムを複合した薬剤を投与して、ジャクソンさんを眠らすことに成功していた。

 しかし、24日夜、ジャクソンさんはなかなか寝付けなかった。

 日付が変わり、翌25日午前2時、マーレー医師は2ミリグラムのロラゼパムを投与した。しかし、薬の効き目はない。

 午前3時、今度は2ミリグラムのミダゾラムを静脈注射で投与した。2時間後、ジャクソンさんはまだ目を覚ましており、今度は2ミリグラムのロラゼパムを与えた。

 外はすっかり明るくなっていたが、それでもジャクソンさんは眠ることができない。午前7時30分、マーレー医師は再び、2ミリグラムのミダゾラムを静脈注射する。

 マーレー医師はこの時点でも、ジャクソンさんを寝室に1人にすることはせず、ベッドの側にいたと述懐している。「私はマイケルの脈と呼吸の様子を監視していた」という。

 医師の懸命な看護と度重なる薬の投与にもかかわらず、ジャクソンさんの“長い夜”は終わらなかった。ジャクソンさんはマーレー医師に何度も「ミルクをくれ」とせがんだ。

 そして、午前11時ごろ、マーレー医師はジャクソンさんの懇願を断り切れず、25ミリグラムのプロポフォールを投与した。ジャクソンさんはついに目を閉じて、睡眠に入ったようだった。

 マーレー医師はそれでもジャクソンさんのベッドのそばにいたという。ただ、「トイレに入るために2分間だけ部屋を離れた」と証言している。

 マーレー医師の携帯電話には、25日午前11時18分から午後0時5分までの47分間、3人の相手と通話していた記録が残っている。しかし、その会話がジャクソンさんの部屋だったか、それとも別の部屋だったかは明らかになっていない。

 マーレー医師がトイレから戻ってくると、すでにジャクソンさんは息をしていなかった。懸命の蘇(そ)生(せい)措置が行われた。午後0時22分ごろ、救急隊がジャクソンさんの家に到着した。病院に搬送されたが、もうすでに手遅れだった。直接の死因は心臓発作だった。

 AP通信がさらに、検視の結果を明らかにしている。死亡時のジャクソンさんの身長は約180センチで、体重約61・6キロ。関節炎の症状があり、慢性的な肺の炎症を患っていたが、致命的な症状ではなく、50歳の男性としては、健康体だった。

 薬の過剰投与とは直接的な関係はないが、検視はジャクソンさんの身体のすべてをつまびらかにしている。

 ジャクソンさんの耳の後ろや鼻孔には複数の傷痕があった。英BBCのインタビューを受けた医師によると、「これは整形手術の痕だろう」と指摘している。さらに、前頭部分にはげがあり、頭部には黒色の入れ墨が施されてあった。また、顔、胸部、腹部、両腕の肌は脱色されていた。

 ジャクソンさんは、1993年、ペプシのコマーシャル撮影の際、頭皮をやけどして鎮痛剤を服用、以来、薬の依存体質になったという証言がある。

 プロポフォールも病院では、鎮痛剤として使われることもあるという。専門家によれば、少ない頻度で、適切に投与されれば非常に安全な薬の部類に入るという。米CNNによれば、過去10年間で、プロポフォール乱用の例はほとんどないとの報告がある。

 しかし、一方で、利用頻度を高めれば、依存症にかかりやすい薬でもあり、過剰に投与すると血圧の低下や呼吸困難を招く恐れもあるという。ジャクソンさんが鎮痛剤の依存体質から、「より安全」という理由でプロポフォールに手を伸ばし、使用回数を増やしていったのだとすれば、自ら死への階段を上っていったことも推察できる。

 そして、現役復帰のためにリハーサルで身体を酷使したことが「眠れぬ夜」を呼び、最後の引き金を引いた-。フロリダ大学の毒物学専門家、ゴールドバーガー医師は、「検視官がジャクソンさんの死を他殺と言うのはあまりにも大胆すぎる」と指摘している。

 マーレー医師は11月、ジャクソンさんに雇われるまで勤務していたヒューストンのクリニックで医師として職場復帰した。高額な訴訟費用のために借金があり、稼がなくてはならないという。

 英タイムズ紙によれば、マーレー医師は教会の礼拝中に「私は間違ったときに、間違った場所にいた」と言って、泣き崩れたという。

 ロサンゼルス捜査当局は現在、薬にまつわる膨大な鑑定資料や報告書を精査している途中で、まだ結論までに「数カ月かかる」(米紙ロサンゼルス・タイムズ)状態だという。

 全世界が注目するマイケル・ジャクソン事件の全容解明は来年上半期にも出る可能性がある。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/america/091226/amr0912260700000-n1.htm

鳩山家の資金力

 政財界の著名人の邸宅があることで知られる東京・麻布永坂町。小高い丘に立派な門構えの豪邸が立ち並び、鳥のさえずりが響く。超一等地であるこの高級住宅街にある4階建てビルの2階に、鳩山家の資産管理会社「六幸(ろつこう)商会」はある。

 首相、鳩山由紀夫の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で世間の注目を集めた六幸商会。もともとは大手タイヤメーカー「ブリヂストン」(東京都中央区)創業者、石橋正二郎の資産を管理する会社として設立された。

 鳩山の母、安子は石橋の長女で、六幸商会は鳩山や弟の邦夫の資産も管理するようになった。名前の由来は、石橋と5人の子供たちの計6家族が幸せになるように、との思いが込められているとされる。

 六幸商会が管理する安子名義の口座からは、平成20年までの6年間で計約36億円が引き出され、このうち14年夏ごろからは鳩山側に月1500万円、年間1億8千万円ずつが渡っていた。邦夫側にも同様に資金提供されていた。鳩山の姉や安子の側近とされる財団法人役員が仲介する形で、偽装献金事件で在宅起訴された鳩山の元公設第1秘書、勝場啓二が資金を受け取っていたという。

 政界随一の資産家といわれる「鳩山家の金脈」をたどると、安子の実家である石橋家に行き着く。

    ■  ■

 石橋は炭坑労働に欠かせないゴム底の地下足袋生産が当たり、その後、自動車タイヤの製造でブリヂストンを一代で世界一のタイヤメーカーに育て上げた。

 安子は、その長女として大正11年に福岡で生まれた。女子学習院高等科で学び、昭和17年に元外相の鳩山威一郎と見合い結婚した。相撲見物で父親同士が知り合ったことがきっかけだったという。

 石橋は安子を鳩山家に嫁がせてから、政治の世界に本格的にかかわりを持つようになった。石橋の自伝『私の歩み』には、威一郎の父で元首相の一郎を中心とした政治家との親密な交流がつづられている。昭和20年に一郎が自由党を結党したときには、麻布永坂町の石橋の家に一郎が同居し、そこで党結成の会合がしばしば行われたという。

 一郎が30年の保守合同で自民党を結党して首相に就任した際にも、石橋の資金力がものを言ったといわれている。

    ■  ■

 その石橋から引き継がれたブリヂストン株が、一郎、威一郎、鳩山兄弟と3世代にわたり鳩山家を支えてきた。

 平成17年の資産報告書によると、鳩山は同株を350万株(時価約57億円)保有。大田区田園調布の高級住宅街に建つ約678平方メートルの邸宅や軽井沢の別荘、預金なども含めた総資産は、90億円ともいわれる。

 安子は平成3年時点でブリヂストン株1240万株保有。時価にすれば200億円を超え、鳩山の保有分をはるかにしのぐ。現在は保有数を減らしたとみられるが、鳩山家関係者は「鳩山さんも金持ちだが、安子さんはケタ外れ」と語る。

 鳩山が住む田園調布の邸宅も安子が買い与えたものだという。安子が作家、佐野眞一の平成8年のインタビューに、こうした事実を明かしている。

 「石橋正二郎からの生前贈与で、六本木の俳優座の裏手に500坪の土地を持っていたんです。当時、六本木がうるさくなりはじめたので売ることを決め、田園調布の由紀夫の家と本駒込の邦夫の家、それに本郷の東大赤門前のビル(邦夫の元事務所)を買いました」

 威一郎も昭和49年に参院選に初出馬した際、億単位の選挙資金を安子から受けたとされる。

 一郎は自由党結党のときに資金を調達するため、文京区にある「音羽御殿」と呼ばれる自宅(現在は「鳩山会館」として一般公開)を抵当に入れた時期もあったというが、鳩山は自らの資産を減らすことはなく、安子の資金力に頼り切ってきた姿が浮かび上がる。

 安子は今、都内の高級賃貸マンションの最上階の部屋で、ひっそりと一人で暮らしている。

 政治家一家である鳩山家のために、息子のために潤沢な資産を惜しみなく注いできた安子。その“善意”が「偽装の源流」となった。
(敬称略)

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091226/crm0912260100000-n1.htm

福袋の中身は「フェアレディZ」

Thumbkanaloco200912260912250039head

横浜駅東口のそごう横浜店に25日夜、日産自動車のスポーツカー「フェアレディZロードスター」が搬入された。新年の初売りで福袋として販売される。

ダイヤモンドリングと宿泊券とのセットで555万円。大型貨物エレベーターで8階まで上げられ、10人の作業員が通路を縫うようにして展示場まで運んだ。

クリスマス装飾を撤収した店内は正月用のディスプレーに入れ替えられた。同店の初売りは1月2日午前9時半から。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kanaloco-20091226-0912250039/1.htm

ハトヤマさん一家の暮らしどうなる 

 25日に閣議決定した平成22年度予算案。一般会計総額は過去最大の92兆円を上回った。この予算で私たちの生活はどう変わるのか。今年活躍した有名人と同姓同名のハトヤマさん一家の暮らしからみてみよう。

 「たまにはみんなで旅行するのも悪くないね。久しぶりに孫の顔もみられてうれしいでしょう」

 ユキオさんは、母親のミツコさんに声をかけた。妻のミユキさん、中学3年のイチロー君、小学5年のサクラちゃんの家族5人での温泉旅行。ふだんは別居する母親を連れた旅行は初めてだ。

 「どういう風の吹き回し? 何か魂胆があるんじゃないの」。今まで、あまり連絡すらよこしたことのないユキオさんの接待にけげんそうに訪ねた。

 「魂胆なんて…。あまり親孝行していなかったからね」と、作り笑いをするユキオさん。母親の問いかけは図星だった。言葉に詰まるユキオさんに業を煮やしたミユキさんが割って入った。

 「もうあなた。はっきりしないんだから! 実は、お母さん、子供も大きくなってマイホームを購入しようと思っているんです。お義母さんに協力してもらいたくて…」

 ユキオさんの会社は不況でボーナスは激減。マイホーム購入の計画は大きく崩れしまった。せっかくの〔1〕「子ども手当」もイチロー君が中学を卒業してしまうため、恩恵を受けられるのはサクラちゃんの分だけ。最近はやりのゴルフ教室に通わせており、家計はさらに厳しさを増すばかり。

 今回の旅行も費用を安くしようと、レンタカーを借りて〔2〕高速道路の料金無料化の対象路線に近い温泉を選んだ。「ガソリン税の〔3〕暫定税率が廃止されていれば安く済んだのに」。ユキオさんは、残念に思っている。

 〔4〕住宅購入時の贈与税の非課税枠が拡大された。夢の実現には、都心に代々続く実家を守り、生活に困らない程度の資産を持つミツコさんに頼るしかないと考えたのだ。

 だが、ミツコさんの答えは冷たかった。「ちょっと困るとすぐこれだ。私は〔5〕埋蔵金じゃないからね」とあしらわれてしまった。

 その様子をみたイチロー君は「おばあちゃん。うん、といってよ。〔6〕公立高校の授業料が無償になるから、野球の強い公立高校に入れるようがんばるから」と助け舟を出した。サクラちゃんもミツコさんの後ろに回り、「怒らないで」と肩をもんだ。

 孫には弱いミツコさん。「仕方がないね」と受け入れた。

 ミツコさんの言葉にほっとしたユキオさんは、〔7〕たばこに火をつけた。すると、ミユキさんが声をかけた。「そんなに吸っていられるのも夏くらいまでよ。一箱100円も上がるのだから」

 「わかった。これからは1日1箱を2日で1箱に減らすよ。これはパパの〔8〕マニフェストだ」

 その言葉に、たばこ嫌いのサクラちゃんがものすごいけんまくで語った。

 「なぜ2日で1箱なんですか! ゼロじゃだめなんですか! これからは無駄な出費を厳しくチェックしますからね」

 サクラちゃんの問いつめる姿は、〔9〕事業仕分けで官僚を責めた女性議員のよう。「うちにはもっと怖い仕分け人がいたんだ」。もう少し友愛の精神を…。ユキオさんは思わずつぶやいた。

 〔1〕子ども手当 マニフェストの目玉施策の1つ。子育て支援のため、中学生までの子供1人当たり月額2万6千円を支給する(22年度は半額支給)。

 〔2〕高速道路料金の無料化 自動車ユーザーの多い地方の活性化を目指し、段階的に実施する。

 〔3〕暫定税率 ガソリン税や軽油引取税などについて税法上の特例で上乗せされる税率。ガソリンの暫定税率は1リットル当たり約25円。22年度税制改正で廃止されるが、税率は維持される。

 〔4〕住宅取得の促進税制 住宅取得購入資金の親などからの贈与の非課税枠を500万円から22年中は1500万円に拡大する。年間所得2千万円以下が対象で、2年間の時限措置。

 〔5〕埋蔵金 基金や特別会計の剰余金と積立金の取り崩しで生まれる財源。行政刷新会議の実施した「事業仕分け」では1兆円程度が“発掘”された。

 〔6〕高校無償化 公立高校は授業料をなくし、私立高校生のいる世帯に公立の授業料相当額(年12万円)を補助する。

 〔7〕たばこ税 来年10月から現行の1本当たり約8・7円から3・5円引き上げる。たばこ会社の利益などが上乗せされ、1箱(20本入り)300円の銘柄は400円になる見通し。

 〔8〕マニフェスト 選挙公約が「目標」に近いのに対し、マニフェストはより具体的に政策の達成時期や財源、実現方法まで具体的に示すのが特長。

 〔9〕事業仕分け 行政の無駄削減の手法で、事業の必要性を外部の目を入れて公開の場で検証し、選別する。政府の行政刷新会議が22年度予算の概算要求の見直しで導入した。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091225/fnc0912252253032-n1.htm

兵士の「妊娠禁止令」

 イラク北部の駐留米軍で兵士に出された「妊娠禁止令」が、来年初めに解除されることになった。イラク駐留米軍のオディエルノ司令官が24日、バグダッドで明らかにした。

 妊娠をした場合に処分を受けるという規則は、イラク北部で2万2000人ほどの米兵を率いるクコロ少将が出したもの。オディエルノ司令官によると、来年1月1日にイラク全域の駐留米軍を対象としたガイドラインが導入され、この命令は解除されるという。

 規則に対しては、女性の権利を主張する活動家らが抗議し、米上院議員4人が22日、米陸軍長官に無効にするよう求めていた。

 クコロ少将は規則について、米軍がイラクから撤退している中で、妊娠を理由に兵士を失う余裕はないと説明。当初の命令では、妊娠したり妊娠させた違反者を軍法会議にかける可能性もあるとしていたが、その後妊娠した兵士を軍法会議にかけるつもりはないと改めていた。

 規則が適用された11月4日以降、4人の妊娠が分かっており、妊娠させた男性兵士3人が処分を受けている。うち1人は不倫関係を持ったとして特に厳しく処分されたという。
(ロイター)

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/america/091226/amr0912260738002-n1.htm

ムダ遣いまた発覚 石原慎太郎

 この男は、どこまで税金を食いモノにすれば気が済むのか。東京五輪の招致活動で、石原慎太郎知事が09年度に4回海外出張し、1億3000万円も浪費していたというのだ。21日、共産党都議団の調査で分かった。

 知事は4回とも10人前後で出張。1泊12万円の高級スイートルームに泊まり、ベンツなどの高級専用車で移動していた。 海外出張は、6月にスイスのローザンヌ、7月にシンガポール、8月にベルリン、9月にコペンハーゲンと、バカンスシーズンに集中。ベルリン出張では、10日間も滞在しながら、IOC委員への働き掛けが行われたのは3日間だけ。隣国ポーランドのアウシュビッツ強制収容所を訪れるなど、五輪招致とはまったく関係のないことまでしている。物見遊山の観光旅行だったのは、明らかだろう。

「知事は3年前、15回の海外視察で2億4000万円も税金を使ったと批判された。なにしろ、飛行機はファーストクラス、ホテルは5つ星のデラックスルーム。しかも、南国の楽園ガラパゴスで豪華クルージングを税金で楽しんでいたのだから、批判されて当然だった。しかし、石原慎太郎という男は、まったく反省していないことが、よく分かった。『自分のカネじゃない、どうせ税金だからバンバン使ってやる』というのがこの男の本質です」(都政事情通)

 こんな品性下劣、厚顔無恥な人物がいまだに知事のイスにしがみついているのだから許せない。

(日刊ゲンダイ2009年12月22日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02044093/1.htm

メルセデスベンツの放水車

Eb4bbaa0d8644277a9e66668ddf6b12f

ダイムラーは17日、メルセデスベンツ『アクトロス3341』をベースに開発したドイツ警察放水車仕様を公開した。量産モデルは2010年春から、ドイツ警察に配備される。

走る要塞といった雰囲気のこのモデル、正式車名は『ウォーターキャノン10000』。10000とは、1万リットルの水タンクを備えることに由来する。また愛称として、配備から20年以上を経た現行『WaWe9』の後継車という意味を込めて、『WaWe 10』と名づけられた。

ウォーターキャノン10000は全長が約10m、全高が3.7mという巨大さ。車体重量は31tという超ヘビー級だ。アルミ製ボディの中央に、1万リットルの水タンクを配置。駆動用とは別のディーゼルエンジンを搭載しており、メインポンプからは10バールの水圧で、毎分3500リットルを放水できる。さらに、フロントに2か所、リアに1か所のサブポンプをレイアウト。フロントは毎分1200リットル、リアは毎分900リットルという放水能力だ。

駆動用エンジンはV6ターボディーゼルで、最大出力408psを発生。ダイムラーの最新技術、「ブルーテック」が導入され、ユーロ5に適合するクリーンな排出ガス性能を実現する。トランスミッションは「パワーシフト」で、駆動方式は4WDだ。

ダイムラーはこのウォーターキャノン10000を、2019年までに78台生産する計画。ダイムラーとドイツ政府は、総額7500万ユーロ(約97億円)という売買契約を締結しており、1台当たりの納入額は1億2000万円だ。2010年春、最初の量産モデルとして3台がドイツ警察に配備される。

消防とは異なり、警察の放水車といえば、デモなどの群衆に向かって放水するシーンが思い出される。もちろん、災害時には給水車としての役目も果たすのだろうが、写真の威圧的な雰囲気からして、やはり主要目的は前者ということになろうか。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au006/article=18830/?genre=2

「歌い手として最低でした」(浜崎あゆみ)

B000m9cd40_09_lzzzzzzz

 歌手の浜崎あゆみさん(31)に何が起きているのだろうか。出演した歌番組で、声が出なくなるようなシーンが相次ぎ、ネットで騒動になっている。そして、自身のブログで上手く歌えなかった事を振り返り、「歌い手として、自分的に最低でした。とにかく、悔しいです」などと告白したのだ。

 パワフルな歌声と高い歌唱力でファンを魅了してきた浜崎あゆみさん。しかし、2009年12月15日に日本テレビ系で放送された特別番組「音楽の祭典 ベストアーティスト2009」では少し勝手が違った。声を出すのが苦しそうに見え、音程が安定せず、ノリも今ひとつだった。大ヒット曲「evolution」(エヴォリューション)の場面では、声が出なくなり、カメラに背を向けた。そして、苦笑いの表情を浮かべ「ゴメン!!」と叫んだ。

■「何も言い訳はしません。とにかく、悔しいです」

 浜崎さんは「ベストアーティスト2009」のステージについて、翌日の2009年12月16日付けのファンクラブ専用ブログで、

「歌い手として、自分的に最低でした。。。。何も言い訳はしません。とにかく、悔しいです。ごめんなさい。まだまだ勉強が足りないようです。ホント、私、しっかりしなきゃ!!!!!!!」
と書き、ファンに謝った。

 そして、「自分は歌を歌わなければならないし、歌を伝えなければならない。それが自分の存在意義であり、安心して楽しめるステージを創っていけるようにこれからも頑張りたい」としている。

 もっとも、「あゆの声が出なくなっている」とネットで言われ始めたのは1年以上も前からだ。

 ネットでは今回の浜崎さんの件で衝撃が広がっている。Q&Aサイト「ヤフー!知恵袋」には09年12月15日に「最近の浜崎あゆみさんは見ていて痛々しいです。みなさんはどう思いますか?」という質問が出た。

■「聞いていてこっちが苦しくなってきました」

 そこには、

「聞いていてこっちが苦しくなってきましたよ 胸がしめつけられそうでした」「歌にしても体型にしても、努力して改善しようとしてないんじゃないかな?」「しばらく休んでまた海外で一から徹底的にボイトレするなり何かしら対処しないと」
といった心配する声、厳しい意見が寄せられた。

 「ベストアーティスト2009」をきっかけに、浜崎さんの最近のステージと過去のステージの検証もネットで行われている。例えば、99年に発売された大ヒット曲「Boys & Girls」。09年8月のフジテレビ系「ミュージックフェア」での歌唱と、発売当時の映像を比較。動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされた動画が使われた。「ミュージックフェア」では、声を出すのが苦しそうに見え、しかもあまり出ていない。歌の半分をバックコーラスが歌うという不思議な展開だ。これを見た人達は、「声死んでるな」「昔は歌えてたのに声が出なくなったんだろ」「コーラスがメインを歌ってるワロタ」などと感想を述べている。

 浜崎さんはいったいどうしてしまったのか。耳の難病の影響があるのだろうか。浜崎さんが所属するエイベックスマネジメントに問い合わせているが、返事はまだ来ていない。

(MSNエンタメ、http://tv.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=198059
(画像は本文と関係ありません)

成海璃子が高校生の書道ガールに!

Thumbcnmtodayn0021493entame

 日本テレビ系列で放映されている番組「ズームイン!!SUPER」主催の書道パフォーマンス「書道ガールズ甲子園」と題した大会が映画化され、成海璃子が主演を務めることがわかった。

 「書道ガールズ甲子園」とは、2008年7月28日、愛媛県四国中央市にて開催された「書道パフォーマンス甲子園」の様子を「ズームイン!!SUPER」にて全国放送し、たった9分間のオンエアであるにもかかわらず平均視聴率10パーセントを記録した。

 「ズームイン!!SUPER」では、番組タイトルが「ズームイン!!朝!」の時代から10年近く書道パフォーマンスを追いかけてきたが2009年元旦、「書道ガールズ甲子園」と題した大会を開催。全国の書道部の高校生たちが、音楽に乗せて縦横10メートル以上もある紙の上で書道を行い、視聴者からの大反響を受けたことから映画化の話が持ち上がった。

 監督は、映画『マリと子犬の物語』で日本中に感動を与えた、猪股隆一。主役の書道部部長を演じるのは、17歳、現役女子高生でありながら、すでに芸歴12年、演技力にも定評のある成海璃子が務める。舞台となる愛媛県四国中央市の全面協力のもと、1月中旬よりロケを敢行する予定だ。成海は「高校生の話ということで、今しかできない作品だと思いました。部長として、部員のみんなと一緒に、皆さんに元気を与えられるような作品を作り上げたいと思います」と意気込みを語った。

 公開は5月を予定。タイトルは未定だが、元旦に放送される「新春!ズームイン!!SP」(5:30~10:00)の第4回「書道ガールズ甲子園」にて発表予定。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/cnmtoday-N0021493/1.htm

叶姉妹 二人で撮り合ったオールヌード写真集を発売

Thumbameba2009122353369technology

 2010年1月に叶姉妹の二人のオールヌードを納めた写真集『月刊叶姉妹』を発売することを妹の美香がブログで明らかにした。

 同写真集は、二人にとって初企画となる二人のオールヌードを一冊にまとめた初の写真集。妹・美香のヌードを姉の恭子が撮影し、恭子のヌードを美香が撮影する。

 美香は「知り尽くしたお互いを撮り合うのは刺激的で、物凄く体力も使いましたがとても楽しい作業でしたし、皆さんにお見せしたことのない私たちの姿が撮れたとおもいますよ」と撮影を振り返りコメント。

 また、同写真集の撮影の様子や、撮影した写真を収録した新作DVDも3月に一般発売する予定。またDVDの一般発売に先駆けて、限定1000セットで新作DVDと叶姉妹の2010年撮りおろしカレンダーのセットを発売する。

 二人のブログには「来年がとても楽しみです」「写真集、絶対買います」「恭子さんを知り尽くした美香さんが初カメラマンをされたヌードの恭子さん…どのような感じになってるのかドキドキします」「自分へのプレゼントとしてカレンダーとDVDのセットさっそく予約しました」など新作に期待するコメントが寄せられている。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/ameba-20091223-53369/1.htm

ウッズやりすぎ!

Glf0912231254000p1

 男子テニス界の元スター、ボリス・ベッカーさん(42)=ドイツ=が21日(日本時間22日)、テレビ出演で不倫騒動の渦中にある米ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(33)を語った。

 米紙「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)などによると、ベッカーさんは、独テレビのインタビューで「ボクも同じような経験をした。同情するよ」と話した。

 ベッカーさんは1999年、女優でもあった前妻、バーバラさんの妊娠中、英ロンドンでロシア人モデルと関係をもって1児をもうけた。これが原因で、バーバラさんと2001年に離婚している。ほかにも数々のスキャンダルを経験したとされているが、苦い経験を味わったからこそ、ウッズの現在の苦境が理解できるのだろう。

 もっとも、ウッズの愛人数は“14ホール”を超すともいわれており、伝えられる精力、精神力には驚きを隠さない。ベッカーさんは「その規模、その頻度に衝撃を受けたよ」と舌を巻いた。

 さらに「彼はどうやって、やりくりしてきたのだろうか。その証拠を隠すために、絶えず電話(番号を)を変えなければならない」。ともに世界を制した超一流プレーヤーではあるが、自身ご自慢の“ラケット”も、ウッズの“ドライバー”には到底かなわないといった様子だ。

 そのウッズは“傷心旅行”に出掛けた可能性が出てきた。米誌「ピープル」などによると、ウッズの豪華ヨット「プライバシー号」が現地時間19日朝に米フロリダ州ノース・パームビーチの港を出港。友人らとバハマ諸島方面に向かったとみられている。

 本来、家族で過ごすクリスマスだが、ウッズの妻、エリンさん(29)は子供たちと母国スウェーデンで過ごすもよう。離ればなれの状況は、やはりベッカーさんと同じ道を歩む!?

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/golf/091223/glf0912231254000-n1.htm

上村愛子、勝負パンツは侍

2009122300000017sanspospoview000

 フリースタイルスキー・モーグルの上村愛子(30=北野建設)が「和装」で10年バンクーバー五輪に臨む。スポーツ用品メーカーのアルペンは22日、上村が五輪で着用する予定のウエアを発表。上下合わせた色は紅白で、「和」をイメージしたパンツには、3人の侍が戦っている浮世絵風の模様がプリントされた。

 上村は「心から日本の代表として、一生懸命頑張りたい。日本の国旗も真っ白と真っ赤、観光地の鳥居もきれいな赤だったりして、そういうイメージで作ってもらった」と説明。上半身がきれいに見えるように、シルエットを細身にし、綿の量を減らすなど、得意のターンがよく見えるように意識した作りになった。

 五輪ジャッジが勢ぞろいする来年1月8日のW杯カルガリー大会から着用する予定。伊藤みき(22=中京大)のウエアは青が基調で、本人のイメージはディズニーアニメ「リトル・マーメイド」の主人公「アリエル」。「色がきれい。言うことないです」と喜んでいた。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/nikkansp-p-sp-tp0-091223-0005/1.htm

(画像はYAHOO!JAPANから、http://sports.yahoo.co.jp/news/photo?a=20091223-00000017-sanspo-spo.view-000

胸のせい!?

「女性は男性よりも駐車が下手」というのはよく言われることだが、ドイツのフェミニストの科学者がこれを証明した。男性の方が空間的な認識に優れており、また女性は胸があるために周囲を見回すのが難しいからだという。

イギリスのテレグラフ紙などによると、この研究を行ったのはルーア大学のクラウディア・ウォルフ博士。ボランティア65人が「アウディA6ファミリーサルーン」の標準サイズで前進やバックでの駐車を試した結果、駐車場の白線内にきっちりと駐車するために要した時間は、女性の方が男性より平均20秒長かった。なかでも最も差が出たのは並列駐車で、女性らの操作は駐車線からほど遠く、正確ではなかったそうだ。これは、男性の方が空間的な認識に優れており、脳のなかでハンドルや自動車のポジションを的確に切り替えることができるためだと考えられている。

ウォルフ博士は「この研究により、女性が男性よりも運転が下手ということが本当か、作り話なのか科学者として解明したかった」と話す。また、研究結果について「ボランティアの女性らはゆっくりとしたスピードで駐車しようとしているのにも関わらず、まっすぐ駐車できないことに驚いた。男性は女性より、共通の規定や空間的な認識への感覚がより優れていることが分かった」。

さらに、「これにより男性が女性に勝利したというわけではない」と付け加え、「女性は胸があるために振り向いて周囲を見回すのが難しい」と身体的な特徴が問題であるとした。

確かに年配の女性が運転する自動車は、先入観なしに見ても危ないと感じることがある。それが胸のためなのだとすれば、胸が大きい人でも駐車がスムーズにできる車が登場してもいいのかもしれない。

(MSN産経ニュース、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=197782

「こども紅白歌合戦」

Med0912221939002p1

 大みそか恒例の「NHK紅白歌合戦」の中の企画コーナーとして「こども紅白歌合戦」が開催されることが22日、発表された。出場者は、紅組が昨年、アニメ映画「崖の上のポニョ」の主題歌で紅白に初出場した大橋のぞみさん(10)と演歌歌手のさくらまやさん(11)、白組が大河ドラマ「天地人」に出演した加藤清史郎君(8)とジャニーズJr.11人で構成されるスノープリンス合唱団の計4組。大橋さんと加藤君は司会も務める。

 “司会業”を初めて務める2人はこの日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた記者会見に出席したが、いずれも緊張した面持ち。身長が昨年から約10cm伸び、ちょっとお姉さんになった大橋さんは「今年も紅白に出れるとは思っていなかった、緊張するけど清史郎君と一緒に頑張りたいです」と満面の笑みで話した。紅白出場について、加藤君へ「緊張しなければ大丈夫です」とアドバイスする余裕も見せた。

 一方、加藤君は「毎年家族でご飯を食べながら紅白を見ていて、出てみたいとずっと思っていたので、うれしいです」と意気込みを語った。司会を務めることについては「緊張すると思うけど、楽しくできればいいと思います」と大人顔負けのコメントだった。

 曲目は、紅組が大橋さんの「ノンちゃん雲に乗る~崖の上のポニョ」メドレーと、さくらさんの「大漁まつり」、白組が、加藤君の「かつおぶしだよ人生は」と、スノープリンス合唱団の「スノープリンス」。審査員は、ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(TBS系)で主役の両津勘吉を演じた「SMAP」の香取慎吾さんが務める。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/091222/med0912221939002-n1.htm

自殺まで誘発?!

 でっぷり出た腹が何の役にも立たないことを身にしみて感じているはずのメタボおよび予備軍。抱える危険リスクは関連疾患だけとはかぎらない。もし、誤って駅のホームから転落して、頭上を電車が通過するような事故に遭遇したら…。

 【頭上を100メートル通過も】 ここ10年、JR東日本は毎年12月-1月にかけて『プラットホーム安全キャンペーン』を展開している。「忘年会、新年会シーズンは夜10時以降になると酔って線路に転落したり、電車に接触する人が多くなる」(広報部)からだ。

 線路に転落した場合、そこに運悪く電車が進入してきたら普通なら大惨事。だが、“奇跡”が起こることもある。

 実際、今月1日に京王線・分倍河原駅(東京)で40代の男性会社員が靴ひもを踏み、誤ってホームから転落。進入してきた電車と接触したが、とっさに体を丸めたため軽傷で済んでいる。

 また、7月には長野県で線路に倒れ込んだ2歳7カ月の幼児の上を電車が約1.3メートル通過、4年前にも大阪市の地下鉄で当時72歳女性の頭上を約100メートルも通過、いずれも軽傷だった。

 【奇跡を起こす20センチ強のスキマ】

 これらのケースは、たまたまいくつもの偶然が重なって起きた奇跡であることは間違いない。が、その偶然の1つに『メタボ腹でない』ことが含まれるのも明らか。電車と線路のスキマは誰もが助かるようなスペースではないからだ。

 「車両の種類やレールの取り付け方で若干違うが、目安になるのは車両限界という基準。車両の下限はレール面から高さ75ミリ、レールの高さは140-150ミリ。だから、だいたい20センチ強のスペースしかない」(鉄道ジャーナリスト)

 メタボはそれだけ奇跡が起こる可能性を減らすことになるのだ。

 【メタボが“うつ”誘う】

 加えて意外なのはメタボと“うつ病”の関係。先ごろ、11年連続の自殺者3万人超が発表されたが、原因・動機で最も多いのがうつ病(次に「身体の病気」)だ。

 新宿溝口クリニック(東京)の溝口徹院長は、糖尿病専門医向けの海外の権威ある雑誌に発表されたある大規模調査の結果をこう説明する。

 「調査結果は、平均年齢50歳の集団では、メタボを発症した群は発症しなかった群と比較してうつ病の発症率が高かったというもの。そのうつ病発症に共通するリスク因子が『中心性肥満』になり、中性脂肪が高く、善玉(HDL)コレステロールが低いことだった」

 中心性肥満とはウエスト増大型の肥満。何につけてもメタボ腹には危険がいっぱいなのだ。

 ★もし線路に落ちたら…

 ◎電車が来る気配がなければ、ホーム上の人に非常ボタンを押してもらい、助けを求める。

 ◎ホームに上がる際にはホーム下に設置されているステップを使う。

 ◎電車が進入してきているならホーム下の避難スペースに逃げ込む。
(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-320091222206/1.htm

失意の帰国

Erp0912221331003p1

 14歳のオランダ人ヨット少女、ラウラ・デッカーさんが21日、家出先のカリブ海のオランダ領アンティル、サンマルタン島の空港からオランダへ向け、帰国の途に着いた。ラウラさんは、Tシャツにジーンズ姿で空港に姿を現し、家出の際、持っていたとみられるギターケースのほか、いくつかのバッグをもっていた。

 警察の調べでは、デッカーさんは17日にパリから同島に到着したことが確認されているものの、オランダの自宅からどのようにして約8000キロ離れた同島までたどり着いたのかは依然として不明。

 報道によると、ラウラさんは、ヨットでの単独世界一周を同国裁判所に禁じられたことを苦にして家出をしたとみられており、警察がラウラさんの足取りをたどり、同島にいることを突き止め、20日に身柄を保護していた。

 ラウラさんは今年9月から2年間のヨットでの単独世界一周を計画し、史上最年少の記録更新を目指していた。しかし、裁判所が8月末、「航海は危険」などとして計画の一時中止を命じたほか、10月末に正式に航海の禁止を命令。このため、ラウラさんの単独世界一周の夢は、当分かなわぬものとなっていた。
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091222/erp0912221331003-n1.htm

黒川智花、脱清純派へ“裸”披露

Tnr0912220953007p1

 テレビ朝日系「雨と夢のあとに」「てるてるあした」に主演した清純派女優、黒川智花(20)が“ヌード”に初挑戦したことが21日、分かった。

 来年1月15日発売の写真集「風花」(集英社、2940円)で一糸まとわぬ姿を披露。「20歳の記念に作るなら、今しかできないことをしたいと思って…。中途は嫌だったので、心も体もありのままの自分を写していただきたい、と提案しました」と黒川。ふくよかなバストや美しいヒップをさらけだし、女優である自分を全身で表現した。

 撮影は都内のスタジオと秋田の乳頭温泉で。スタジオでは、一糸まとわぬ裸身でカメラと対峙。温泉ロケでは浴衣をはだけさせ、湯船の中で上気した白い肢体を横たえるショットも。「ドギマギしたけど、徐々に体の力も抜けて自然にすべてを受け入れられるようになっていました。温泉では盗撮されていると思うくらい、カメラを意識しなかった」と振り返る。

 “清純派”を脱ぎ捨て「最初で最後」と言い切る裸身に、生涯女優の決意を込めた。「今までのイメージにとらわれず、今後はもっと幅広く、いろんな役をやりたい。それに今回の写真集をやって『役のためなら、どんなことでもできる』と思いました」。

 が、ひとつだけ気になることが…。「父にはまだ、言ってないんです。職場でこの新聞を開いたら、“えっー”とびっくりするでしょうね」。肝がすわっている女優、黒川の未来に夢は広がる。
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/091222/tnr0912220953007-n1.htm

体内から大量の針

Amr0912221040010p1

 ブラジルで2歳の男児の体内から縫い針42本が見付かった事件で、男児は18日にまず31本を取り除く1回目の手術を受け、その後順調に回復している。病院が19日明かした。

 約5時間に及んだ手術では、心臓付近からさびついた針2本を取り出したほか、肺からも2本を摘出したという。

 逮捕された男児の継父、ロベルト・カルロス・マガリャインシュ容疑者(30)は、愛人の要請で男児の体内に針を刺したことを認めている。

 男児は先週痛みを訴え、東部バイア州イボラティマの病院で受診。医師が深刻な事態に気付き、同州バレイラスの病院に移された後、17日に州都サルバドルの医療センターに搬送されていた。

 病院のスポークスマンによると、男児の体内からはさまざまな長さの針が見つかり、心臓付近のものは4.5センチだった。

 来週実施される次回手術では、腸やぼうこうなどに刺さった針が摘出される予定だが、医師が体に害を及ぼさないと判断すれば、一部については摘出せず体内に残される可能性もある。
(ロイター)
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/america/091222/amr0912221040010-n1.htm

「しまむら」狙い撃ち 「刑事告発」条例は異例

  「ファッションセンターしまむら」の店舗拡大に対し、新潟県加茂市が狙い撃ちで条例を作って刑事告発したことに、賛否両論が出ている。国交省では、建築基準法上は問題がないとするものの、異例な条例の意図に当惑している様子だ。

「建築基準法に基づく条例ですが、結果として、しまむら阻止のためということになりますね」
   新潟県加茂市の総務課では、2009年7月に施行した建築物の制限に関する条例の意図をこう明かす。しまむら「加茂店」の店舗拡大計画について、「狙い撃ち」であったのを認めた形だ。

「売り場が増えると商店街が壊滅する」
   しまむらは、大規模小売店舗立地法に基づき、県に対し1月に売り場面積の拡大を届け出て、計画の存在が分かった。倉庫を店舗に転用し、約980平方メートルの売り場を約1130平方メートルにするというものだった。

   これに対し、市や地元商店街などでは、「市内に7つも大型店があるのに、これ以上売り場が増えると商店街が壊滅する」と反発。しまむらに計画の撤回を求めてきた。しかし、応じなかったとして、前出の条例を作って、計画を阻止しようとした。

   一方、県では、大店立地法上は問題ないとして、しまむらに「意見なし」との審査結果を9月に回答した。ただ、「地域に溶け込んでもらわないと困る」(商業振興課長)として、「地元と協議して下さい」という付帯意見を付けた。

   ところが、しまむらは、10月に店舗拡大に踏み切ったため、市では、500平方メートル以上の店舗の売り場面積拡大を禁じた条例違反と判断。12月8日になって、さいたま市のしまむら本社を加茂署に刑事告発した。

   加茂市では、条例に罰則があるので行政訴訟ではなかったとしている。条例では、最高50万円の罰金を定めている。ただ、売り場を元に戻す規定はなく、市では、「罰金を支払っても元に戻さなければ、民事訴訟も検討したい」とあくまで強気の構えだ。

しまむら企画室長「なぜなんだろう」
   刑事告発してから、加茂市には、市民らから賛否両論の様々な意見が寄せられている。中には、「話し合いで解決を」との声もあるという。

   告発されたしまむらは、困惑しているようだ。

   企画室長は、取材に対し、「市と警察からは、連絡がありません。新聞で知っているだけなので、何とも話しようがないです」と話す。

   地元の反対でも売り場拡大に踏み切ったことについては、「条例は、県に申請した時点ではありませんでした。法に基づいて、適正な手続きを踏んだつもりです」と釈明する。そして、こう不信感をぶつけた。

「そんなに簡単に、条例を作れるものなんでしょうか。すでに営業した店を拡大しただけで、それも2、3倍にしたわけではありません。なぜなんだろうという気持ちです」
   新潟県の商業振興課長は、加茂市の狙い撃ちについて、大店立地法の規制とは別との立場だ。「いい悪いを言う立場ではないので、何とも言えません」と言う。

   国交省の市街地建築課では、「条例自体は、建築基準法に基づくもので、自治体の権利として認められています」と説明する。規制内容についても珍しくないという。

   もっとも、狙い撃ちについては、「特殊な案件」だとみる。

「過去に、特定のところを意図的に対象にしたケースは、聞きませんね。一社が計画を出しているのに、条例を作っていいのかどうか。最後は、裁判所の判断がないと分からないと思います」
(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-56669/1.htm

鳩山首相であり続ける意味なし(櫻井よしこ)

≪首相の信念による「反米」≫

 政権発足から3カ月が過ぎた鳩山由紀夫首相が問われているのは、いまや政策ではなく、政権存在の是非である。鳩山政権の政策は、内政外交ともに矛盾と破綻(はたん)が目立ち、およそすべての案件で行き詰まっている。とりわけ日米関係の深刻さは際立っている。

 18日、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に参加した首相は、クリントン米国務長官に普天間飛行場移設問題を先送りする方針を説明し、理解を求めたという。

 首相の説明では、クリントン長官は、「よく分かった」と答えたそうだが、それは到底、了承したという意味ではないだろう。首相はこれより前の15日、基本政策閣僚委員会で、移設先については与党3党で検討する方針を決めた。

 社民党などの小政党を深く関与させるという意味であり、普天間問題が白紙化されていく可能性は大きいだろう。しかしそれは社民党の所為ではなく、鳩山首相自らの選択なのだ。民主党政権の反軍事、反米の色彩の強さは、誰の所為でもなく、首相の信念ゆえだと言うべきだ。

 ≪危険極まりない自衛隊削減≫

 首相は16日、かねての持論である、有事に限って米軍に出動を求める「常時駐留なき日米安全保障」について、「首相という立場になったなかで、その考え方は封印しなければならない」と語った。

 信念としては持ち続けるが、首相として、現在はそれを前面に掲げることはしないという意味だ。

 首相は、「長期的な発想では、他国の軍隊が(日本に)居続けることが適当かという議論は当然ある」とも述べている。この考えを突き詰めていくと、日米同盟の破棄につながりかねない。

 では、その先の安全保障政策を首相はどう考えているのか。日本から米軍の常駐をとり払って、それを日本の国益につなげていく道はただひとつしかない。憲法9条を改正し、自衛隊をまともな国軍とし、軍事力を現在の水準よりかなりの程度強化する。まともな国として、国家の基本である外交力と軍事力の整備に積極的に取りかかる道だ。しかし、鳩山首相はそのような努力をまったくしていない。反対に、鳩山政権の力学は、軍事に関することのすべてを否定する方向へと働いている。

 17日の閣議で、首相は、防衛省が求めていた自衛官の減少停止を受け容(い)れないと決定した。

 この件について鳩山政権は「3500人の自衛官の増員要求」を認めないのだと説明したが、それは正しくない。

 例えば陸上自衛隊の場合、18万人の定員を3万5千人減らして14万5千人体制にすると防衛大綱で決定された。加えて、公務員改革でさらなる削減が求められ、結果、最悪の場合、自衛隊員の新規採用がゼロになりかねない危機的状況に陥っているのだ。

 深刻化する中国の脅威に備えるためにも、自衛官をこれ以上減らすことは日本の安全保障の深刻な危機を招く。その危機を前に、防衛省が要請したのは自衛官の削減を打ち止めにしてほしいということだった。周辺の危機的状況を見れば至極当然の要請さえも鳩山政権は認めず、さらなる削減を決定したのが17日の閣議である。

 つまり、鳩山首相には、米軍を退けた後に生ずる空白を、自ら補う考えはないのである。中国や北朝鮮の脅威にもかかわらず、軍事力は整備しないのである。この首相の考えを進めていけば、非武装中立に行き着く。鳩山政権の真の姿は、実は旧社会党政権だったと言わざるを得ない。

 ≪定住外国人でも同じ構図≫

 首相が描く日本国の形を鋭く抉(えぐ)り出したのが11月5日の衆議院予算委員会における稲田朋美氏の追及だった。氏は「定住外国人に国政参政権を与えることを真剣に考えてもよいのではないか」という首相の発言とともに、「日本列島は日本人の所有と思うなという発想は、日本人の意識を開くことであり、死を覚悟せねば成就は不可能であろう。(中略)だから私がその先兵を務めたい」という驚くべき発言について質(ただ)した。

 首相は自身の言葉について、「現実の問題、状況の中で対処していかなければならない」としながらも、「もっと開明的な、開かれた日本を作っていかない限り、この国の大きなテーマの解決は極めて困難」だと答えている。

 「死を覚悟」してまで、日本列島は日本人だけのものではないという価値観を徹底させたい、「その先兵」になりたいと切望した首相は、いま、それらの問題に現実的に対処しなければならないと語る。米軍の常駐なき安保論を、とりあえず封印したのと同じ構図だ。本心は変わらないのである。

 首相が米国に約束した普天間移設問題は、首相のやり方では解決しないだろう。他方、日本国の主権者は誰かという問題については、首相の考えを実現させてはならない。どの問題についても展望が開けず、また開かせてはならない首相であれば、氏が首相であり続ける意味は、もはやないのである。
(さくらい よしこ)
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091222/plc0912220227001-n1.htm

サーブ存続に希望

 スウェーデンのオロフソン産業相は21日、オランダの高級スポーツカーメーカー、スパイカー・カーズ<SPYKR.AS>がサーブ買収を再提案したことで、サーブ存続に望みが出てきたとして歓迎する意向を表明した。

 スパイカーは20日、米ゼネラル・モーターズ(GM)[GM.UL]傘下のサーブに対する新たな買収提案を発表。当初、交渉期限を21日2200GMTとしていたが、同日夜に期限延長を表明した。

 スパイカーのミュラー最高経営責任者(CEO)は「交渉期限の延長に期限は設けていない。追って発表するまで延長される」と述べた。

 同CEOは、買収が実現すれば、スパイカーとサーブは姉妹会社として運営されるとしている。スパイカーはサーブの技術と販売網による恩恵を受けられ、サーブはスパイカーから事業面でノウハウを得られるとして「シナジー効果は明らかだ」と述べた。

 創業60年のサーブが廃止された場合、スウェーデンで3400人の雇用が失われ、1100社のディーラーが影響を受ける。スウェーデン政府は、サーブが廃止された場合、5億4200万クローナ(7500万ドル)の支援を行うとしている。

 スパイカーにはロシアの銀行家、ウラジミール・アントノフ氏が約30%出資している。スパイカーの2008年の高級車の生産台数は43台。これに対し、サーブの販売台数は9万3295台。
(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/economy/stockdetail/reuters-JAPAN-130539/1.htm

ウッズ、ギャンブル漬け

 男子ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(33)のスキャンダルは不倫だけではなかった-。

 英タイムズ紙電子版によると、ウッズは頻繁にラスベガスのカジノに立ち寄り、限度額100万ドル(9000万円)でブラックジャック、ルーレットに興じていたという。

 お気に入りはMGMグランド・カジノで、プロバスケットのスーパースターだったマイケル・ジョーダンやチャールス・バークレーら“セレブ”の友人と訪れ、カクテルを飲み、葉巻をくゆらせながら数時間、ギャンブルに興じた。

 傍らにとびきりの美人をはべらせ、手元には常に25万ドルを用意。店の担保した限度は100万ドルだったという。

 実はウッズは、20歳のとき、アイオワ州にある水上カジノでニセのIDを使ってカジノをしているのがバレたことがある。

 スタンフォード大を卒業後、ネバダに姿を現すようになり、最初は100ドル(9000円)のブラックジャックの卓についたが、後にエスカレート。一晩で、100万ドルを稼いだこともあるが、ものすごい負け方をしたことも少なくないという。

 世界一のゴルファーは不倫スキャンダルからクリーンなイメージが一転、「飲む、打つ、買う」の三拍子そろった道楽者であることも明らかになってしまった。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/sports/golfdetail/fuji-320091221104/1.htm

人相も崩れ始めてきた大臣たち

●自民党のようになるなよ

 鳩山内閣の支持率が早くも急降下だ。NHKが14日発表した世論調査によると、「支持する」と答えた人は先月比9ポイント減の56%。「支持しない」は13ポイント増えて34%になった。9月18日の内閣発足直後は72%の高支持率(不支持率は16%)だったが、わずか3カ月足らずで、あれよあれよだ。

 崩れてきたのは支持率だけじゃない。永田町では「首相や大臣の顔つきがどんどん変わってきた」と、こんな声があるのだ。

「みんな大臣になってから顔つきが悪くなった。とくにヒドイのが鳩山首相です。朝、自宅から出てくると顔がパンパンにむくれ、目は充血して真っ赤っか。一日が終わるころにはゲッソリと疲れ果てている。いろんな問題を抱えすぎて頭がパンク寸前なのでしょう」(政治ジャーナリスト)

 同じく普天間問題で頭を抱えている岡田外相もシワが増え、「目元に疲れが出やすいせいか、以前にも増して怪人フランケンシュタインに似てきた」(永田町関係者)と言われている。年金問題でアップアップの長妻厚労相も、最近は「年寄りみたいに老けてきた」(同)ともっぱらだ。

 藤井財務相は焼酎をビールで割った“バクダン酒”をあおり、ベロベロに酔っぱらう機会が増え、さらに衰えてきた。

「平野官房長官も悪相になってきました。話し方は穏やかでも、会見での態度は完全に上から目線。記者の質問にも『どういう意味で批判されているのか分からない』と開き直るなど、傲岸不遜(ごうがんふそん)な態度が目立ってきた。自民党の“イヤミ長官”と言われた町村元官房長官に雰囲気が似てきた、なんて声もあります」(前出のジャーナリスト)

 3カ月でこのありさまだ。50年以上も政権に居座り続けた自民党議員が、み~んな悪人ヅラだったのもうなずける。

(日刊ゲンダイ2009年12月15日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02044007/1.htm

上野樹里の幻の映像作品を大量贈呈?

A000110900

 映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』が大ヒット中の上野樹里の素顔を映したDVD、『上野樹里の手作り「ao akua」DVD』が上野の関連DVDを購入した上で、応募券を送った希望者全員に贈られることがわかった。

 この『上野樹里の手作り「ao akua」DVD』は、発売中のDVD作品「上野樹里 ao akua」を上野が自ら編集した映像作品でナレーションも本人が務めている。2009年2月14日に開催された、「元気のミナとも」上野樹里スペシャルトークショーにて、DVD「上野樹里ao akua」とメッセージ&フォトブック「Juri-ao akua-」のW購入者特典として先着50名様にしか配布されなかった、ファンの間では幻の映像作品といわれている貴重なシロモノ。

 この幻のDVDを手にしたい人は、DVD「上野樹里と5つの鞄」に封入されている応募用紙に、DVD「キラー・ヴァージンロード」(通常版もしくはフルスロットル版)に封入されている応募券を貼り、180円分の切手を同封して応募すると、もれなくこの幻のDVDが贈られてくる。応募期間は、DVD『キラー・ヴァージンロード』発売の3月26日(金)から。

 「上野樹里と5つの鞄」は、上野樹里と「鞄」をキーワードに、5組のクリエイター・ユニットが奏でるまったく異なる5つのオムニバスドラマ。街角でギター片手に歌う女、エレベーターに閉じ込められた女、突然の幼なじみ訪問に当惑する女、逃避行の旅に出た女、毎日続く誕生日から抜け出せない女……と、それぞれ作風の異なるクリエイター・ユニットと上野樹里が作り上げるエネルギッシュな意欲作だ。

 一方DVD『キラー・ヴァージンロード』は俳優・岸谷五朗の監督デビュー作。上野と『ブラインドネス』の木村佳乃をダブル主演に迎え結婚したい女と死にたい女が繰り広げる逃亡劇と奇妙な友情を描く痛快コメディー。
(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/cnmtoday-N0021434/1.htm
(画像と本文は関係ありません)

「女だけど気持ちは男」 校舎の窓ガラス蹴り壊す

 校舎の窓ガラスを壊したなどとして、警視庁少年事件課は器物損壊容疑で、品川区と大田区に住む中学3年生の少年3人と少女1人を逮捕した。同課によると4人とも容疑を認め、少女は「私は女だけど気持ちは男だから強いところを見せようと思った」と話しているという。

 同課の調べによると、4人は11月1日午前1時35分ごろから2時ごろにかけ、少年の1人が通う品川区八潮の区立中学校で植木鉢をスコップで壊したほか、校舎防護用ネットやトスバッティング用ゲージネットをライターで燃やし、校舎1階の窓ガラスを少女が飛びげりして壊すなどした疑いが持たれている。

 近所の住民が「子供たちが火遊びをしているようだ」と110番し、駆けつけた警察官がグラウンド内の手洗い所にいた少女に事情を聴いたところ、「学校のガラスをけってけがをした」と話したという。

 同課によると、同校に通う少年が10月末、教諭から保健室で休むことを認められなかったことに腹を立て、「報復で学校をぶっ壊す」と仲間3人を誘ったという。
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091221/crm0912211158007-n1.htm

夢奪われたヨット少女

Erp0912210957005p1

 18日から行方不明になっていたオランダのヨット少女、ラウラ・デッカーさん(14)が20日、カリブ海のオランダ領アンティル、サンマルタン島で見つかり、無事保護された。

 オランダ・メディアによると、ラウラさんは、ヨットでの単独世界一周を同国裁判所に禁じられたことを苦にして家出をしたとみられている。警察がラウラさんの足取りをたどり、同島にいることを突き止めた。

 ラウラさんは今年9月から2年間のヨットでの単独世界一周を計画し、史上最年少の記録更新を目指していたが、航海が危険だとして裁判所が8月末に計画の一時中止を命じ、10月末に航海の禁止を命令。単独世界一周の夢を奪われた。(共同)

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091221/erp0912210957005-n1.htm

ブリタニー急死

Tnr0912211047004p10

 亡くなったハリウッド女優、ブリタニー・マーフィーさんは日本文化にも大きな関心を抱いていた。その表れが、日本でロケ撮影した「ラーメンガール」(アラン・アッカーマン監督)だった。

 ブリタニーさん演じるアビーは、恋人を追って日本に来るが、振られてしまう。落ち込む彼女を救ったのは1杯のラーメン。人を幸福にさせる不思議な力を持つラーメンに魅了されたアビーは、店主のマエズミ(西田敏行)から徹底的に作り方を教わり、ラーメンの達人に成長する。

 アッカーマン監督は日本滞在の経験を生かし、アビーとマエズミとの関係を禅の伝統的な師弟関係に例えた。アビー役には多くの女優が名乗りを上げたが、その一人がブリタニーさんだった。彼女自身も日本文化に興味を持ち、「複雑な日本文化がどうアビーに影響し、自分の人生に役立つようにしたのか」ということに関心を抱いたという。

 役作りのためにロサンゼルスのラーメン店で修業したブリタニーさん。チキンをぶつ切りにし食器を洗い、煮出しスープを準備する。この経験が演技に役立った。

 撮影は平成18年秋に東京都内とその近郊で行われ、今年1月に日本公開された。大ヒットまでとはいかなかったが、ブリタニーさん演じるアビーがマエズミの厳しいスパルタ修業に耐えながら、ラーメン作りの悟りを開く姿は、正に禅修行そのものだった。(伊藤徳裕)
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/091221/tnr0912211047004-n1.htm

「私が決めます」

 怖いセリフがある。「私が決めます」

 このセリフを口にすると、悲しい運命に見舞われることが多いからだ。

 もちろん、気にしているのは鳩山由紀夫首相の普天間問題での「最後は私が決めますから」という発言だ。

 鳩山首相にとっては、これは異例の発言ではない。

 10月24日夜、訪問先のタイで、鳩山首相は言っている。

 「みなさんのいろんな判断を伺いながら、最終的には決めるのはわたくしですから」

 もう、2カ月近く前の発言だが、既視感があるのが怖い。

 「私が決めます」で思いだすのは、麻生太郎前首相だ。

 テーマは普天間問題ではなかった。

 「解散時期は私が決めます」

 それでも麻生首相は、ほぼ任期満了になるまで、決断はできなかった。追い込まれ解散に過ぎない衆院選は、政権交代選挙として位置づけられた。

 麻生元首相の場合は悪いことに、「私は決断した」と解散の決断を、月刊誌に書いていたことも後でわかってしまった。

 それでも、「私が決めます」と言い続けて、決めなかった。

 そういえば、福田康夫首相も消費税増税について、「決断しなければならない時期」と語ったことがある。結構な騒ぎになったが、それも一過性だった。

 消費税問題は動かなかった。

 決断を簡単に口にしながら、実際には決断しない首相が続く中、福田元首相に対しては、小泉純一郎元首相がこんなことを言ったことがある。

 「私と逆の意見でも(福田元首相が)決断すれば支持します。決断するときは、毅然(きぜん)として決断してください」

 当時のテーマは内閣改造をするかどうかという、今日から見れば小さなテーマだったが、なんとか自民党を延命したかった人たちにとっては重大事だった。

 そのとき、小泉元首相は、どっちでもいいから決めろと諭している。

 ある政治記者が言った。

 「このままいくと、鳩山首相が重大な決意って言っても、政治記者が誰も反応しなくなるかもな」

 重大な決意とは、政治の世界で退陣を意味する。

 「私が決めます」という、未来の自分を語る言い方は、最近の政治の世界では「NGワード」なのだろう。(金子聡)

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091220/plc0912201801001-n1.htm

億万長者の母の生き方

 87歳の実母による62歳の息子、鳩山由紀夫首相への偽装献金問題に比べると、くしくも同年齢ながらフランスの億万長者の母親が年下の男友達にけた違いの約10億ユーロ(約1300億円)を貢いで実の娘と係争中というニュースはフランス的な大人の話といえようか。

 この母親は、仏大手化粧品メーカー、ロレアルの創始者の娘で父親から莫大(ばくだい)な遺産を相続したリリアンヌ・ベタンクール夫人(87)。フランスの長者番付では2位、世界でも21位(2009年、米誌フォーブス)で、総資産額は推定約130億ドル(約1兆1570億円)だ。

 写真家兼作家の男友達のフランソワマリ・バニエ氏(62)とは約40年前からの親しい間柄とか。夫人から彼への贈り物は、マチスなどの名画から不動産、彼を受取人名義にした生命保険まで、1996年から総額で9億9300万ユーロ(当局)相当に上る。

 夫人の夫が2007年に死去してからは、バニエ氏が、パリ郊外の高級住宅地ヌーイにある夫人宅の使用人や侍医などを解雇。自分の息のかかった人間で周囲を固め、難聴の夫人を支配下に置いているそうだ。

 見かねた夫人の一人娘フランソワーズさんが同年暮れに、「(高齢の母親の)弱みにつけ込んでいる」として刑事告訴に踏み切ったものの、母親側が公式の健康診断を拒否し、「植物状態扱いするのはやめて」と反論していた。

 そこで、娘側は被害者の母親に代わって、バニエ氏を刑事告訴するため、「後見人」の資格を要請。ナンテール裁判所は今月上旬、母親が正常な判断ができていたかどうか、来春、裁判を行うことを決めた。母親にも正式に複数の健康診断書を提出するよう要請した。

 それにしても、あるところにはあるんだな、というのが、彼我を問わず、庶民の一般的な反応だろう。

 ただ、贈った相手が政治家の息子ではなく“芸術家”の男友達だったところに、ここのお国柄がうかがえる。

 夫人の弁護士が、「億万長者とジゴロの激情話に早く決着を付けたい」と漏らしたように、バニエ氏はパリの社交界に昔からいる典型的なジゴロ。今は髪の薄い初老の男性だが、ルモンド紙が載せた画家のサルバドール・ダリと並んだ24歳の時の写真は文字通り、目の覚めるような美青年だ。

 実父は仏自動車大手シトロエンの労働者。詩人のルイ・アラゴンや作家のサミュエル・ベケット、フランソワーズ・サガン、モナコのステファニー王女らとの交友でも知られる。年上の金持ちを利用してきた人生という非難には、「エスタブリッシュメントはウソの固まり。カネと策略の併合物だ」と反論している。

 鳩山首相は、実母からの「贈与」を認める方向だというが、バニエ氏が有罪になる可能性もある。

 ただ、娘に対しても、「母親のおカネなのだから好きに使わせるべきだ」との批判の声があるところもお国柄か。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091216/erp0912160802000-n1.htm

エゴの激突!地球救えず!

COP15は混迷の末に、「コペンハーゲン協定」に「留意する」とし、ようやく決着した。決裂という最悪の事態は回避されはしたが、COP15に本来、求められていた姿とは、程遠い結果だといえる。

 ◆“エゴ”激突

 ポスト京都議定書の交渉期限であるCOP15に期待されていたのは、法的拘束力がある新たな議定書の採択だった。だが、早々と不可能になり、次に目指したのが、政治的な拘束力がある「政治合意」だ。それも新興国と途上国の猛烈な抵抗に遭い頓挫した。

 そして、政治合意よりも緩やかな「協定」に格下げされ、会期を1日延長して「留意する」という形で成果をみた。

 土壇場で、米中首脳が中心になってまとめたコペンハーゲン協定をめぐっても混乱が続いた。米国と、中国など新興国4カ国、エチオピアの6カ国が協定に合意し、日本や欧州連合(EU)などの支持を取り付けた後、全体会合での採択を目指した。しかし、スーダンやキューバ、ベネズエラなど反米諸国が「手続きが透明性を欠いている」と騒ぎ出した。

 国連の採択は全会一致が原則だ。反対する一部の国が固いため、議長国デンマークのラスムセン首相は弁護士と相談し、苦肉の策として、協定に「留意する」という形を取った。

 その首相も議事進行のまずさから議長を途中で交代した。190カ国以上が参加する国際的な枠組みづくりの難しさを、改めて浮き彫りにした格好で、異様ともいえる混乱ぶりだった。

 協定は事実上、京都議定書を離脱した米国と、同議定書では温室効果ガスの削減義務を負わない中国の首脳会談で決まった。いずれも地球温暖化対策には極めて消極的だった温室効果ガス排出大国である。

 協定の内容をみても、具体的な課題を軒並み先送りしている。先進国の2020年までの削減目標の義務付けや、昨年の北海道・洞爺湖サミットで合意した、50年までに世界全体の排出量を半減させるといった長期目標の記載は、見送られた。合意を優先させるためだった。

 協定は、途上国に対して削減行動を求めてはいる。しかし、米国が提案した「測定・報告・検証可能な仕組み」としての国際機関による検証を、中国は主権の侵害だとして最後まで突っぱねた。国内機関の測定だけでは透明性はとても保てない。

 ◆回避5割切る

 19日未明の全体会合で、太平洋に浮かぶツバルの政府代表団は「われわれは金銭的支援を求めているのではない。未来の生命を危険にさらしたくないだけだ」と訴えた。190カ国以上から約120人の首脳がコペンハーゲンに結集したのは、地球温暖化が安全保障と同等に位置づけられ、危機意識を共有していたからではなかったのか。

 元世界銀行チーフエコノミストのニコラス・スターン氏は本紙に「コペンハーゲンで意味のある政治合意が成立したとしても、不可逆的な温暖化が回避できる可能性は50%」と語っていた。それが協定に「留意する」にとどまったことで、地球が救われる確率は50%を切ったのは間違いない。
【コペンハーゲン=杉浦美香】
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/environment/091220/env0912201407001-n1.htm

スズキ「アルト」

Biz0912201201004p7

 スズキの軽自動車の主力車種「アルト」が燃費を向上させて、5年ぶりにフルモデルチェンジした。使い勝手の良さと経済性が“売り”としたアルトの7代目。全世界で1000万台を販売し、スズキのシンボルともいえるクルマだ。開発を担当した第一カーラインチーフエンジニアの荒川甚憲(やすのり)氏(42)に、“小さな軽”に込めたたっぷりの思いを聞いた。

 --スズキにとってアルトの位置づけは

 「スズキの軽自動車のベースとなったクルマだ。低価格帯を支え、スズキを背負っているクルマといえる」

 --燃費向上をどう図った

 「二輪駆動の場合、先代アルトはガソリン1リットル当たり21・0キロだったが、新型は24・5キロに向上した。大きな要因の1つが、ボディーの軽量化だ。高張力鋼板の使用部分を増やし、約10キロ軽くした。また全車にVVT(可変バルブタイミング機構)エンジンを搭載したことで、トルクの向上とともに燃費改善にも貢献できた。副変速機付きCVT(無段変速機)も採用し、全グレードでエコカー減税対象になった」

 --軽自動車はハイブリッド車(HV)などに顧客がシフトし、厳しい市場環境にある

 「軽自動車は、身近なクルマとして位置づけなければいけない。燃費も向上させないといけないが、同時に低価格でなければ軽自動車とはいえない。たとえばアイドリングストップ機能を採用すると、燃費は向上するが、価格も高くなってしまう。目標としてはリッター30キロを実現したいと考えているが、軽自動車のユーザーが、HVと同等の30キロを超える燃費を必要とするのか、今後の検討課題だ」

 --デザインの特徴は

 「アルトの使命は幅広い人に支持されること。フロント周りが丸くてかわいらしさをアピールするだけではなく、適度なスタイリッシュ感も兼ね備えた。先代モデルは、女性に好まれるデザインだったが、新型では男性層を含めた全方位を取り込むことができるように、車体の左右にウェッジを効かせたプレスラインをつけた」

 --インテリアもデザイン性にこだわったようだが

 「ベージュとブラウンのツートーン内装で明るくて若々しいイメージを持たせた。インパネ中央部はサークル状のフォルムにして、それぞれの機能を色分けして使いやすくした。速度や燃費などが一目で確認できるグラフィック性の高い大型メーターを採用した」

 --新しいプラットホームを採用している

 「新型アルトで採用したプラットホームは昨年のワゴンRなどに次ぐ3車種目。先代アルトと比べてホイールベースや室内高を広げた。荷室も大型ベビーカーが収納できる大きさに設定している」

 --軽自動車のラインアップの中でどう棲み分けていくのか

 「アルトはどちらかといえば、個人ユーザーが中心。家族でどこかに行こうという際に使うクルマとは違う。日常的な通勤や送り迎え、買い物など身近で使えるクルマだ。一方、ワゴンRは子供がいるファミリー層が中心で、ラパンは若い女性向けだ」

 --今後の軽自動車の向かう先は

 「小型化、経済性の高さが求められる中、室内スペースの問題がついて回る。本当に必要なパッケージングを見定める必要があるだろう」

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091220/biz0912201201004-n1.htm

「経済乱世」の始まりか

 約540年前、室町時代に起こった「応仁の乱」。守護大名・畠山氏内部の跡継ぎ争いに対する将軍家の調停失敗に端を発したとされるこの乱は、各地の守護大名が入り乱れて11年間にわたる戦乱となり、京の都は荒廃を極めたという。その大きな原因として伝えられるのがときの将軍、足利義政の優柔不断さ。指導力を欠き、守護大名を統率できなかったことが戦乱を長期化させたといわれる。鳩山政権の政策決定過程をめぐる混乱ぶりを見るにつけ、この歴史の悲劇がオーバーラップしてくる。

 不況に苦しむ日本経済の命運を左右しかねない追加経済対策。当初は4日に7兆1千億円の対策をまとめるはずだったが、亀井静香郵政改革・金融相が「全然足りない」として9千億円の上積みを要求。すったもんだしたあげく、8日になって1千億円を上積みする形で決着した。だが、「なぜ1千億円なのか」という根拠は判然とせず、経済効果を考えて弾き出した金額でないことは明らかだ。こんな大事な政策を決めるのにも迷走する鳩山政権に「危うさ」を感じた人は少なくないだろう。

 この「危うさ」はどこからくるのか。それは経済運営全体を見渡す司令塔が不在ということにつきるのではないか。経済運営のリーダーが不在の中、閣僚が好き勝手に発言し、それを継ぎはぎして政策をまとめる-。産業界や市場関係者が「鳩山政権の経済政策は全体像が見えない」と不安を感じてしまうのは、こうした場当たり的な政策決定と無関係ではない。

 不況で国内需要が伸びない日本企業は経済成長著しい中国を中心とした海外に活路を求め始めている。鳩山政権の経済運営に失望感が広がれば、その動きはさらに加速するに違いない。その後に待ち受けているのは「産業の空洞化」だ。空洞化が進めば、国内の雇用は減少し技術力も低下、日本経済の成長を阻害する懸念がある。鳩山政権は年内にも今後10年間を対象期間にした成長戦略の骨格をまとめる方針だが、こうした事態を避けるためにも、付け焼き刃ではない、説得力のある成長戦略を示す必要がある。そして成長戦略は、強い指導力を発揮できる司令塔がいてこそ、現実味が出てくるということを肝に銘じてほしい。

 「応仁の乱」はその後約100年に及んだ戦国時代の引き金になったとされる。鳩山政権が日本経済における「乱世の始まり」とならないことを願うばかりである。

 (フジサンケイビジネスアイ編集長 吉田憲司)
(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091220/fnc0912200754001-n2.htm

出版界に「龍馬」特需

 来年1月から始まるNHK大河ドラマ「龍馬伝」の放映に合わせ、主人公の坂本龍馬に関する本の刊行ラッシュが続いている。9月以降100冊を超える「龍馬本」が出版され、龍馬をテーマにした雑誌も創刊される。出版不況のなか、龍馬は救世主となるのか。放映を前に“特需”への期待は早くも過熱気味だ。(磨井慎吾)

                   ◇

 紀伊国屋書店のインターネットショップ「BookWeb」によると、今年9月から12月に出版された「龍馬」をタイトルに含む本は100冊を超える。

 大河ドラマをノベライズ(小説化)する『龍馬伝』(NHK出版)や、アメリカ人学者による龍馬研究の古典的名著の復刊『新装版 坂本龍馬と明治維新』(時事通信社)、龍馬の誕生から暗殺までの一日一日を追った2万1千円の大冊『完本 坂本龍馬日記』(新人物往来社)など、ラインアップは幅広い。

 主婦の友社(東京都千代田区)は龍馬をテーマにした1年限定の季刊雑誌「RYOMA」を来年1月に創刊する。主なターゲットは大河ドラマをきっかけに歴史に興味を持ち始めた若い女性層だ。同姓同名の編集長、坂本龍馬さん(37)は「雑誌というスタイルなので、歴史本という枠にとらわれないさまざまな切り口での展開を目指したい」と話す。

 龍馬関連本を集めたコーナーを設ける書店も多い。渋谷区の紀伊国屋書店新宿南店では、今月初めからブックフェア「龍馬とゆく」を開催している。同店によると、観光ガイド的な要素のある歴史地図などが売れ筋で、購入客は中高年層のほか、若い女性の姿も目立つという。

 龍馬の主な活動の場で、最期を迎えた京都でも期待はふくらんでいる。9月以降、『龍馬伝 京都幕末地図本』『龍馬・新選組が駆けた幕末京都めぐり地図』など4冊の“龍馬本”を出版したユニプラン(京都市)の橋本良郎社長(60)は「書店売りだけでなく、ホテルやタクシー会社などからもガイド本として大口の注文があった。放映前から京都ではみんな盛り上がっている」と手応えを語る。

 同じく京都を舞台にした平成16年の大河ドラマ「新選組!」は、日銀京都支店の推計によると、地元に約203億円の経済効果をもたらした。

 橋本社長は「新選組のときと比べても今回は商品の動きが早い。京都の活性化はもちろん、出版不況を打破する起爆剤になってほしい」と、龍馬に期待を寄せている。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20091220019/1.htm

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30