無料ブログはココログ

« 2009年2月15日 - 2009年2月21日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »

2009年2月22日 - 2009年2月28日

宇宙ゴミ

Thumbcocolognewswo200902251935world

ヨーロッパ宇宙飛行局は、地球の周囲に漂っている人工衛星やロケットの残骸の数が一目でわかる図を発表しました。およそ12,000のゴミが地球の衛星軌道上に漂っており、いつ人工衛星や有人ロケットに衝突してもおかしくないことがわかります。

宇宙ゴミに関して専門家のジョン・ヤンブリック氏はこう語っています。「宇宙飛行士たちは宇宙ゴミによって宇宙ステーションが危険な状態なのはすでに知っています。宇宙ゴミが衝突する可能性も視野に入れて作業に取り組んでいるんです」。宇宙飛行士はただでさえ危険な職業であるにもかかわらず、宇宙ゴミによってさらなる危険が増えてしまったようです。

しかし最近の個人向け宇宙旅行ロケットは、宇宙空間に廃棄物としてゴミを残さないものが多くなっているようです。ヴーアジンアトランティック社(ヴァージンギャラクシー)の宇宙旅行ロケットもタンクやゴミなどを出さないものになるとのこと。

わたしたちやその子孫が、安全に宇宙旅行をできる日はくるのでしょうか? タバコのポイ捨ても問題になってから取り組みを始めましたが、人間は一度困ってみないと対策はとらないようです。

(Rocketnews24スタッフ)

(nifty)

見えざる呪(のろ)い

 日本時間あす25日未明にバラク・オバマ米大統領(47)と日米首脳会談に臨む麻生太郎首相(68)が、見えざる呪(のろ)いに怯(おび)えている。オバマ大統領が就任後初めてホワイトハウスに招く外国首脳ということで、政権支持率上昇を期待してもいいところ。しかし、新たに選出された米大統領が就任後最初に会談した日本の首相は、なぜかどうしてか3代続けて政権の座からそのあとすぐ滑り落ちている。“日米首脳会談の呪い”は麻生首相にも降りかかるか。

 永田町関係者は「政界七不思議とまではいかないけれど、偶然では片付けられない。パパ・ブッシュ、クリントン、ブッシュの各大統領と就任後最初に会談した首相は、ほどなくしてその座を追われている。森喜朗元首相(71)もそう。今度のオバマ大統領の相手は支持率ひとけた台目前の麻生首相だから、やっぱり“呪い伝説”は続くんじゃないか、とウワサされている」と話す。

 なんと不吉な…。しかし調べてみると、確かに奇妙な事実があった。

 レーガン政権のあとを受けた米41代大統領のジョージ・H・W・ブッシュ氏(84=共和党)は1989年1月に就任。同年7月にパリで初会談した故宇野宗佑元首相は、そのあと1カ月も持たず辞任に追い込まれている。女性スキャンダルによって在任わずか69日という超短命政権で終わったのはご存じの通りだ。

 93年に第42代大統領に就任したビル・クリントン氏(62=民主党)はその年の4月、故宮澤喜一元首相とホワイトハウスで首脳会談に臨んだ。しかし宮澤氏はその約2カ月後に内閣不信任案を出され、同年8月初旬に辞任。自民党分裂による解散・総選挙の結果、野党連立政権が誕生し、自民党は下野した。

 43代大統領のジョージ・ブッシュ氏(62=共和党)の会談相手は森元首相だ。2001年1月に就任すると、3月には早々とワシントンに迎えたが、このとき森氏はすでに「日本側に政権担当能力なし」などと激しいバッシングのさなかにあった。森氏はブッシュ政権が推進していたミサイル防衛計画を支持するなど言いなりで、約1カ月後に辞任している。

 そして今度の第44代オバマ大統領の相手が麻生首相、というわけだ。

 全国紙政治部記者は「本来ならば麻生首相には支持率回復のチャンスとなるはずだった。しかし、中川“へべれけ”前財務相のせいですべてパー。就任後初の外国訪問先に日本を選んだヒラリー・クリントン米国務長官来日の話題もすべてかき消されたし、今回の首脳会談も、その任命権者がのこのこやってきた…という程度にしか映らないだろう。オバマ政権は対日重視の姿勢をみせてくれているのに、全く生かせない。あまりの“不遇”に麻生首相の不眠症に拍車がかかったとも聞いている」と話す。

 麻生首相は23日夜、羽田発の政府専用機で米ワシントンに出発。24日午前(日本時間25日未明)にホワイトハウスで行われる会談では、さらに強固な日米同盟を確認するとともに、世界的な経済危機や北朝鮮問題への取り組みなどで認識を一致させる狙いという。

 外務省幹部は「いち早く会うことに意義がある」と会談実現に胸を張るが、訪米の手土産にするはずだった2009年度予算案の衆院通過は先送りされ、余計な「財政出動」を約束してこないかだけが心配だ。

 複数大手紙の世論調査で支持率11%台と“シングルプレーヤー”目前。野党からは「解散しようにもできない」なんていわれている。人気のオバマ大統領と最初に会ったぐらいじゃどうにもならない気もするが、“呪い”の行方もまた気になるところではある。
(nifty)

メスだったことが判明

Thumbyomiuri2009022400590domestic

 高知県香南市の県立のいち動物公園の人気者で、オスと思われていたマレーグマ・ハッピイ(2歳4か月)が、メスだったことが判明した。

 来月下旬に、札幌市の円山動物園へ「婿入り」することが決まっていたが、一転、「嫁入り」となった。

 マレーグマは東南アジアの熱帯雨林に住み、長く鋭いつめで木登りをし、胸の部分の黄色い毛が特徴だ。

 ハッピイは2006年10月、ワンピイ(オス、14歳)とタオチイ(メス、同)の「四男」として誕生した。無邪気に遊んだり、木の上に登ってジュースを飲んだりする姿が人気を集めた。昨年11月には、メスしかいない円山動物園への「婿入り」が決まっていた。

 ところが、あおむけになって寝ころんでいたハッピイを、笠木靖(きよし)飼育員が写真撮影していたところ、「何かおかしい」と気づき、写真を拡大してメスであることを確認した。ハッピイが幼い頃の担当者がオスと勘違いし、以来、ほかの飼育員もオスだと思い込んでいたという。

 円山動物園もメスとの連絡に驚いていたが、現在いるメスが高齢で、「若返りのため」として“破談”にはならなかった。
(nifty)

空港三つもいらない

 大阪、兵庫の2府県に伊丹、関西国際(関空)、神戸の3空港が集中していることについて、近畿圏の76%の人が「3つも要らない」と考えていることが、時事通信社が実施した意識調査で明らかになった。このうち、6割超が「最も必要なのは関空」と回答。不況や減便による利用落ち込みで「関空の危機」が叫ばれる中、多くの人が関空の重要性を認めている実態が浮き彫りになった。


 調査は昨年10-11月、近畿2府4県の成人男女3000人に実施。1031人から回答を得た。

(YAHOO!JAPAN)

Adobe ReaderとAcrobatに深刻な脆弱性

 Adobe ReaderとAcrobatに深刻な脆弱性が見つかり、これを突いたゼロデイ攻撃が発生しているとして、Adobeやセキュリティ各社が注意を呼び掛けた。

 Adobeが公開した情報によると、脆弱性はAdobe Reader 9とAcrobat 9、およびAdobe ReaderとAcrobat 8.1.3までのバージョンに存在する。悪用されると、アプリケーションがクラッシュしたり、攻撃者にシステムを制御されたりする恐れがある。

 この脆弱性を解決するため、Adobe Reader 9とAcrobat 9のアップデートが3月11日までに公開される予定。その後、Adobe Reader 8/Acrobat 8、Adobe Reader 7/Acrobat 7のアップデートが順次公開される予定となっている。

 US-CERTによると、この脆弱性は細工を施したPDFファイルを使って悪用でき、場合によってはユーザーがWebサイトを閲覧しただけで、不正なPDFファイルがロードされる恐れがある。

 セキュリティソフトメーカーのSymantecやMcAfeeは、実際にこの問題を突いた悪質なPDFファイルが出回っていると報告。問題のPDFファイルを開くとバックドアをインストールするトロイの木馬に感染し、攻撃者がシステムをリモートで制御、監視できる状態になってしまう。

 現時点では、特定の企業経営者などを狙った攻撃が起きているとみられる。今のところ、標的を絞ったターゲット型攻撃にとどまっているが、今後もっと情報が広まれば、新たな亜種の出現が予想されると両社は警告している。

 当面の防止策としてUS-CERTなどは、Adobe ReaderとAcrobatのJavascriptを無効にする、Internet Explorer(IE)で自動的にPDFを開かない設定にする、ブラウザでのPDF表示を無効にする、といった対策を紹介。ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新し、身に覚えのない相手から届いたファイルは開かないなどの注意を促している。
(nifty)

« 2009年2月15日 - 2009年2月21日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30