無料ブログはココログ

« 動物園のトラが食用に | トップページ | 感動の実話!試験に6回落第したずっこけ警察見習い犬と訓練士の物語 »

“似て非なるモノ”

 世の中には“似て非なるもの”がたくさんありますよね。そうしたものを私たちは無意識に、でも極めて戦略的に使い分けていると思います。そんな事例を集めてみました。

<論理と屁理屈> 自分の主張が「論理」。他人の主張が「屁理屈」。

<理由と言いわけ> 聞かれなければ言わないことが「理由」。聞かれていないのに言わないと気が済まないのが「言いわけ」。

<自信と虚勢> 何も考えていない人が持つのが「自信」。考えすぎちゃう人がとる態度が「虚勢」。

<差別と区別> 悲しいのが「差別」。悔しいのが「区別」。

<事実と真実> どーでもいいことが「事実」。結構大事なことが「真実」。もしくは、証明できる正しいことが「事実」。証明できない正しいことが「真実」。

<欲望と欲> 欲しいモノを手に入れたいと思うのが「欲望」。要らないモノも手に入れたいと思うのが「欲」。

<孤独と孤高> みんなに同情されたい人が訴えるのが「孤独」。みんなに賞賛されたい人が訴えるのが「孤高」。

<誠実さ> 誠実に見える人は「誠実な人」。誠実だと言い張る人は「不誠実な人」。

<時代と世代> いつのまにか過ぎ去るのが「時代」。いつまでも付きまとうのが「世代」。

<才能と適性> 本当の理由なのが「才能」。理由として使いたくなるのが「適性」。

<努力と才能> 才能のない人が信じるのが「努力」。努力できない人が信じるのが「才能」。

<人と神> 神を信じるのは人が信じられない人。人を信じるのは神が信じられない人。

<お金持ち> お金を貯めているのはお金持ちでない人。お金を貯める必要がないのがお金持ち。

<家族と家庭> 大事だと思うのが「家族」。めんどくせーなと思うのが「家庭」。

<人生と生活> 余裕のある時に考えるのが「人生」。余裕のない時に考えるのが「生活」。

●セクハラとレンアイのあいだ

<セクハラとレンアイ> 嫌いな人に好かれるのが「セクハラ」。好きな人に好かれるのが「レンアイ」。

<結婚指輪> 一刻も早く付けたがっているのが「モテ“ない”人」。隙あらば外したがっているのが「モテ“たい”人」。

<愛とお金> 「愛さえあれば!」と言うのは貧乏人。「愛だけでは生きていけない」とか言うのも貧乏人。お金持ちは愛とお金に関係性があるような語り方はしない。

<思い込み> 「オレにはこの女しかいない!」と思うのは錯覚。「これくらいの女はいくらでもいる」と思うのは幻想。

<思い込み(女性)> 「私はこの人がいないと生きていけない」と思うのは錯覚。「この人には私が必要なんだ!」と思うのは幻想。

<いい人といい男> 部屋に来てもらった時、PCのセットアップをしてくれる人が「いい人」。部屋に来てもらった時、「PCのセットアップをしてあげるよ」と言われても、「そんなことしなくていいのに〜」と思えるのが「いい男」。

<いい人といい女> どうでもいい場合が「いい人」、どうにかしたい場合が「いい女」。

<忙しさ> 「忙しくて忙しくて……」と言うのはAさんに誘われた時。「全然、忙しくないよ!」と言うのはBさんに誘われた時。

<パパ> 生活費を出してくれるのが「血のつながるパパ」。生活費以外を出してくれるのが「血のつながらないパパ」。

<言える言葉、言えない言葉> 自分でも言えるのが「負け組」。自分では決して言いたくないのが「行き遅れ」。

<結婚前後> 結婚前が「ディナー」。結婚後が「メシ」。

<結婚前後パート2> 「男なんてちょろい」と思うのが結婚前。「ちょろい男にはそれなりの価値しかない」と分かるのが結婚後。

<浮気> 知りたくないかもしれないが、知っておいた方がいいのが「夫の浮気」。知りたいかもしれないが、知らない方がいいのが「妻の浮気」。

<親バカ> 「俺の子どもはすごい!」と思うのは親バカ。「俺がすごいからだな」とまで思うのは単なるバカ。

<太る理由> 妻が太るのはぐうたらしているせい。オレが太るのは仕事のストレスのせい。

●「僕、辞めます」と言う人は?

<資格> “ちょっとだけ”自分に自信のない人が取りたがるのが「資格」。“ホントに、心から、全然”自分に自信のない人が、取ろうと思わないのも「資格」。

<夢> やたらと自分の夢を語る人は「挫折前」。やたらと他人に夢を語れと言う人は「挫折後」。

<入社前後> 何とか入りたいと思うのが「入社前」。何とか辞めたいと思うのが「入社後」。

<仕事量> 仕事量の3倍の人数がいるのが「お役所」。人数の3倍の仕事量があるのが「零細企業」。

<企業> もうかっていることを隠したいのが「中小企業」。もうかっていないことを隠したいのが「大企業」。

<根気と根性> 結果を出せる人が持っているのが「根気」。結果を出せない人が持っているのが「根性」。

<権力と権限> つかみ取るのが「権力」。与えられるのが「権限」。

<無知と無能> 自分で認められるのが「無知」。自分では決して認めたくないのが「無能」。

<余暇と休暇> 疲れるのが「余暇」。疲れをとるのが「休暇」。

<ターゲットと目標> 黙って狙うのが「ターゲット」。紙に書いて壁に貼るのが「目標」。

<理由> 「オレは努力でここまで来たのだ!」と言っているのは「運のいい人」。「オレは運が悪かっただけだ」と言っているのは「努力していない人」。

<若者の主張> 「僕、辞めます」と言うのは「辞めてほしくない人」。「僕、絶対辞めません!」と言うのは「辞めてほしい人」。

 「よくこんな長い文章を毎回書いているよな〜」と思っているのがみなさん。「よくこんな長い文章を毎回読んでいるよな〜」と思っているのがちきりん。

 「ちきりんって、いったいどんな奴なんだ?」と思っているのがみなさん。「読んでいる人って、いったいどんな人なんだ?」と思っているのがちきりん。

 今年もよろしくお願いします!

 そんじゃーね。

※本記事は、「Chikirinの日記」において、2005年12月21日に掲載されたエントリーを再構成したコラムです。

(MSN産経ニュース、http://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=IT20100104001&cc=07&nt=25

« 動物園のトラが食用に | トップページ | 感動の実話!試験に6回落第したずっこけ警察見習い犬と訓練士の物語 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/32880860

この記事へのトラックバック一覧です: “似て非なるモノ”:

« 動物園のトラが食用に | トップページ | 感動の実話!試験に6回落第したずっこけ警察見習い犬と訓練士の物語 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30