無料ブログはココログ

« たった20円で靴の臭いを取る方法 | トップページ | 「アメブロ」で芸能人パスワード大量流出 »

上野のパンダ、年内にも復活…中国から2頭

 2008年にオスの「リンリン」が死ぬまで36年間にわたって東京・上野動物園のシンボル的存在だったジャイアントパンダが、年内にも再び登場する見通しとなった。

 東京都はこれまで、研究目的でオスとメスの計2頭の貸与を受ける方向で中国側の窓口組織「中国野生動物保護協会」と協議を続けていたが、条件面の調整が最終段階に入った。今春をめどに合意にこぎつけたい考えだ。

 中国側はこれまで、貸与先に繁殖の「共同研究費」として、2頭で年100万ドル程度の負担を求めており、受け入れにあたっては高額の費用負担がネックだった。

 このため都では、パンダ関連グッズの販売でライセンス料を取るほか、飼育施設などに命名権(ネーミングライツ)を設定、費用の一部を民間企業に負担してもらう手法で公費の支出圧縮を検討している。米・ワシントンのスミソニアン国立動物園で富士フイルムが00年から社会貢献活動の一環として、パンダの受け入れ費用を一部負担しているケースなどを想定する。

 パンダ不在の上野動物園では入園者数が落ち込み、08年度は60年ぶりに300万人台を割り込んだ。野生に近い動物の姿をみせる「行動展示」で人気の旭山動物園(北海道旭川市)に入園者数で追い上げられており、パンダ復活を求める声が高まっていた。

 ◆ジャイアントパンダ=中国南西部の森林地帯に生息し、野生は約1600頭とされる。繁殖力が弱く絶滅の恐れがあるとして、希少動物の保護を目的とする「ワシントン条約」で商業目的の国際取引が禁止されている。国内では、神戸市立王子動物園で2頭、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで7頭が飼育されている。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20091231-00809/1.htm

« たった20円で靴の臭いを取る方法 | トップページ | 「アメブロ」で芸能人パスワード大量流出 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/32827004

この記事へのトラックバック一覧です: 上野のパンダ、年内にも復活…中国から2頭:

« たった20円で靴の臭いを取る方法 | トップページ | 「アメブロ」で芸能人パスワード大量流出 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30