無料ブログはココログ

« 協会セコい?!朝青龍クビなら24億円の損失 | トップページ | 一次面接で落ちる人の特徴「居つかないと思われる」 »

“トヨタ狩り”

 トヨタ自動車が大量のリコール(無料の回収・修理)に踏み切り、品質が大きく揺らいでいるのに乗じて、米国内でトヨタ顧客の争奪戦が始まっている。まず、米ゼネラル・モーターズ(GM)がトヨタ車からGM車への買い替えに優遇措置を用意。フォード・モーターや韓国・現代自動車なども追随している。

 GMは、1月27日から2月末までの間にトヨタ車オーナーがGM車に買い替えた場合、1000ドル(約9万円)を現金値引きを実施。5年間の無利子ローンなどの優遇措置も受けられる。

 フォードも、1000ドルのキャッシュバックキャンペーンをスタート。トヨタ車からの買い替えだけでなく、ホンダ車も対象にしている。ホンダは1月29日、パワーウインドーのスイッチの不具合で発火する恐れがあるとして、北米や欧州、アジアなどで約64万6000台を改修することを明らかにしている。

 現代は、トヨタ車を下取りに出し、セダン「ソナタ」などに乗り替える際に1000ドルを還元する。「昨年、過去最高益を記録した現代にとっては(シェア拡大の)大きなチャンス。さらに大規模なキャンペーンもあり得る」(国内大手メーカー幹部)という。 

 トヨタは1月26日から、リコール対象になった「カローラ」など8車種の販売を一時中止したが、現在のところ再開のめどは立っていない。

 米国では、トヨタ経営陣が公式の場で信頼回復に向けた説明を行っていない点が批判の対象になっている。米下院は今月10日に米トヨタの首脳を呼んで公聴会を開く予定で、リコール問題は広がりをみせている。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100201022/1.htm

« 協会セコい?!朝青龍クビなら24億円の損失 | トップページ | 一次面接で落ちる人の特徴「居つかないと思われる」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/33208891

この記事へのトラックバック一覧です: “トヨタ狩り”:

« 協会セコい?!朝青龍クビなら24億円の損失 | トップページ | 一次面接で落ちる人の特徴「居つかないと思われる」 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30