無料ブログはココログ

« 真冬に刺す蚊がいるのはなぜ? | トップページ | ハイブリッドカーに“騒音発生装置”は必要ですか? »

伏見のボール拾い犬「ポン太」

 散歩中にさまざまなボールを拾い集める特技を持った飼い犬が、京都市伏見区横大路の無職、水谷勉さん(79)宅にいる。その数、約10年間で約4千個。同じ特技を持っていた先代の犬が寿命を迎えたのとほぼ同時に誕生し、血はつながらないながらも同じ道を歩んできた。現在17歳と、人間で言えば80歳を超える長寿の秘訣(ひけつ)はこの趣味と運動のようだ。

 「ポン太」(雑種、雌)が生まれたのは1992年11月15日。その3日前に、水谷さん宅で飼われていた「五郎」が息を引き取っていた。五郎は散歩の度に、自宅近くの桂川河川敷にある府羽束師運動公園周辺で持ち主のないボールを集めるのが日課になっており、9年間の生涯に約5千個を収集。たまったボールは、希望する学校や少年野球チームなどにプレゼントした。

 水谷さんが知人から引き取ったポン太は、同じように散歩中の球拾いに目覚め、川沿いの草の生い茂る所など、人の手の届かない場所にある軟式野球やゴルフのボールを集めるようになった。水谷さんは「五郎は水が苦手だったが、ポン太は呼べば川を泳いで横断して来るほど水が好き。サッカーボールも首で支えながら集めるほど勢いもよかった」と振り返る。

 公園では行き交う人や子どもたちの人気者だったが、5年ほど前にボール拾いは引退。階段を踏み外して後ろ足を傷めたこともあって、今は自宅で静かにしている時間が多い。しかし、水谷さん宅にはポン太の「戦利品」が、野菜を入れるプラスチックケースに整理されずらりと並んでいる。

 水谷さんは「もし(ボールを)必要な人があれば、引き取って役立ててほしい」と話している。連絡先は水谷さんTEL075(611)3345。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyoto-20100223-P20100223000043/1.htm

« 真冬に刺す蚊がいるのはなぜ? | トップページ | ハイブリッドカーに“騒音発生装置”は必要ですか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/33501369

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見のボール拾い犬「ポン太」:

« 真冬に刺す蚊がいるのはなぜ? | トップページ | ハイブリッドカーに“騒音発生装置”は必要ですか? »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30