無料ブログはココログ

« 笑うクジラあらわる | トップページ | 台湾でライオンとトラの子「ライガー」誕生 »

震災は言い訳

 神戸市で100歳以上の高齢者105人が所在不明になっていた問題で、市は16日、調査結果を発表した。16人の死亡を確認した一方で、健在と判明した人はいなかった。調査内容をもとに市は同日から今週中にかけ、国内最高齢を超える「125歳」の東灘区の女性や居住実態のない人ら計73人の住民登録を抹消(職権消除)。105人とは別に、介護保険の未利用者など「要調査」とした22人についても、死者や居住実態のない高齢者を確認、さらに7人を抹消する。

 調査結果によると、105人の内訳は、健在0人▽死亡を確認16人▽登録地に住居がない20人▽住居はあるが、居住していない37人▽戸籍が古く確認できない32人。

 生きていれば、国内最高齢(114歳)以上になる18人のうち、灘区の「118歳」の男性の死亡を確認した。そのほかは、住居がない4人▽住居があるが住んでいない5人▽確認作業がさらに必要8人-という。

 死亡が判明した16人のうち、死亡時期が最も古いのは兵庫区の女性で、昭和30年に死亡。ほかに昭和40年代の死亡者が8人もおり、市は「届けを受けた担当から戸籍の担当に書類を渡す際、抜け落ちたことなどが考えられる」としている。

 発覚当初、神戸市は所在不明の人数が突出して多い理由として、阪神大震災の影響にも言及したが、死者に限ると、コンピューター化以前のずさんな戸籍処理が原因だった形になる。

 最近介護保険を利用していないなど「要調査」とした別の22人については、半数の11人が健在で、1人が死亡したと確認したという。

 市は「組織の連携を強めて情報共有し、台帳に適切な実態を反映していく」としている。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100817/crm1008170901005-n1.htm

« 笑うクジラあらわる | トップページ | 台湾でライオンとトラの子「ライガー」誕生 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/36203880

この記事へのトラックバック一覧です: 震災は言い訳:

« 笑うクジラあらわる | トップページ | 台湾でライオンとトラの子「ライガー」誕生 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30