無料ブログはココログ

« まるでタイツを履いてるみたい! | トップページ | 息子にはココで働いてほしい »

千葉法相が立ち会った死刑執行の一部始終

 どういう心境の変化があったのか。死刑廃止論者の千葉景子法相が、死刑囚2人の刑を執行した。

 28日、緊急記者会見を開いた千葉は「自らが命令した執行でございますので、きちっと見届けることも責任だと考え、本日の執行に立ち会ってまいりました」と語り、報道陣を仰天させた。

 戦前から行刑密行主義を貫いている日本では、死刑執行の実態について、ほとんど情報公開されていない。関係者以外で刑場に入ったことがあるのは、国会議員の視察団くらいだ。

「絞首刑」などの著書があり、死刑執行に詳しいジャーナリストの青木理氏が言う。

「先進国で死刑制度があるのは日本とアメリカの一部の州だけですが、アメリカではジャーナリストや被害者の家族らが執行に立ち会うことができる。日本の死刑は、家族の立ち会いも認められず、徹底した秘密主義の下で行われています。法律上、死刑執行には検察官と拘置所長(または代理人)が立ち会わなければなりませんが、そのための専用スペースがある。おそらく千葉法相も、そこで一部始終を見届けたのでしょう」

 日本の死刑は絞首刑だ。執行される刑場は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の全国7カ所にある。

「東京拘置所の場合、刑場は、鬼門である丑寅の方角(北東)にあります。刑場の手前の部屋には祭壇があり、死刑囚はそこで宗教的儀式を行った後、目隠しをされて、アコーディオンカーテンで仕切られた奥の部屋へ連行される。床は平らで、いわゆる“13階段”はありません。祭壇部分を含めれば、部屋の広さは15畳以上。刑務官がボタンを押すと足元の床が開き、ロープを首にかけられたまま体が落ちる。執行ボタンは必ず複数の刑務官が同時に押し、誰が当たったか分からないようになっています。東京拘置所の場合は3人。死刑は午前中に執行するのが慣例で、1件につき1時間くらいかかるといわれています」(青木理氏)

 執行に関わる刑務官には、当日朝か前日の夜に知らされる。死刑執行が終わると、その日の勤務は終了。とても通常業務を続けられるような精神状態ではないからだ。

 死刑執行に立ち会った千葉は、法務省内に死刑制度の勉強会を設置し、東京拘置所内の刑場をマスコミに公開することを指示したという。もっとも、信念を貫けなかった死刑廃止論者が、どれだけ勉強会に影響力を発揮できるかは分からない。

(日刊ゲンダイ2010年7月29日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000120912/1.htm

« まるでタイツを履いてるみたい! | トップページ | 息子にはココで働いてほしい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

民主党を象徴する外国人参政権及び夫婦別姓を推進する極左翼・千葉景子は、幸い落選した。
これは、死刑反対の千葉景子法相が神奈川県民から受けた“死刑判決”。
菅直人は死刑囚を法相として政権内に温存する。
死刑反対の法相が2人だけ処刑したが、まだ100人以上が未処刑のまま。
変人・千葉景子の個人的な判断を裁判所の判決よりも優先させてはならない。

民主党が集票策として打ち出した高速道路無料化。
ゴルフ場や行楽地に行く人を優遇するための金持ち優遇策とも見なせる。
全国的に実施すると、毎年2.5兆円の財源が必要となる。
それらのバラマキの財源確保のために、民主党は消費税を10%に増税して富者のために貧者を苦しめる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515717/35982670

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉法相が立ち会った死刑執行の一部始終:

« まるでタイツを履いてるみたい! | トップページ | 息子にはココで働いてほしい »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30