無料ブログはココログ

« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »

2010年3月21日 - 2010年3月27日

年金改革

 自営業者らが受け取る国民年金(老齢基礎年金)は満額で年間約79万円。保険料を40年納めて受け取れるのがこの額だ。しかし、年金暮らしのお年寄りからは、しばしば「保険料を納めて受け取る国民年金が、生活保護より低いのはおかしい」との声が聞かれる。民主党は、すべての人が月に最低でも7万円の年金を受け取る「最低保障年金の創設」を掲げるが、新制度ができればこうした不満は解消されるのか。(佐藤好美)

                   ◇

 神戸市に住む自営業、早川俊彦さん(69)=仮名=は国民年金を受けて4年が過ぎた。受給額は満額に近く、月額6万数千円。50年近く自営業で働き、「事業はいつも厳しかった」(早川さん)が、若かったころは保険料も安く、一貫して国民年金保険料を納めてきた。妻は58歳だから、まだ保険料を納める側。年金を受け取るまでには7年ある。

 釈然としないのは、生活保護を受けている友人(72)の生活保護の額が早川さんの年金額よりも高いこと。単身で月14万円を受けているのだ。

 友人が生活保護を受け始めたのは約20年前。離婚し、病気で仕事ができなくなり、生活保護が認められた。友人の病気が極めて深刻だったこともあり、早川さんが代わりに銀行に行ったり、あれこれと面倒を見た。「性格的にいいやつだから、ほっとけんかった。一番の友人です」と早川さんは言う。しかし、友人の生活保護の額には納得がいかない。

 「いやあ、おかしい。聞けば聞くほどおかしい。うちは家内に国民年金が出ても、2人合わせて彼1人の生活保護費に届かない。2人で保険料を払って受け取る2人分の国民年金よりも、彼が保険料を払わずに受け取る1人分の生活保護費が高いのは本当に解せない」

 大阪府貝塚市の大場きぬさん(75)=仮名=の年金は月額5万3000円。市営住宅の家賃は数千円。「食費は娘に助けてもらっています」と言う。

 商売をしていた知人夫婦はかつて羽振りが良かったが、今は生活保護。「どれだけもらっているかは知りませんが、病院もただです。私は病院に行くのも節約しているのに、年金を納めた人より生活保護の人の方が楽に暮らしているのは、おかしいと思います」と話している。

                   ◇

 

給付の“逆転”なぜ

 厚生労働省によると、平成21年度の老齢基礎年金は満額で月額6万6008円。

 これに対して、生活保護の受給者が受け取る「生活扶助額(日常生活に必要な費用)」は65歳の単身者で月額6万2640円~8万820円。地方で低く、都市部で高いが、単身世帯では多くの地域で生活扶助が満額の老齢基礎年金を上回る。

 さらに、借家住まいなら、家賃にあてる「住宅扶助」も上乗せになる。厚労省の資料では、東京都区部などで68歳の単身者に住宅扶助が加算されれば、生活扶助と計で13万4520円になるケースもある。このほか、医療や介護サービスを使えば、その費用相当分も給付される。

 単身者の生活保護費が老齢基礎年金より高くなる“逆転現象”について、厚労省は「両者は役割が違う」と説明する。

 「生活保護は生活できる最低水準を保障するもので、資産や親族の助けなど、あらゆるものを活用しても不足する分を支給する。これに対して、老齢基礎年金は納めた保険料に応じて給付しており、これだけで生活することを前提にしていない。資産や家屋、自動車、不動産なども所有できるし、自営業なら事業収入がある人もいる」

 老齢基礎年金は生活費の一部にすぎないが、生活保護は最低生活に見合う額が支給される。だから、両者は比較の対象ではないというわけだ。

 しかし、慶応大学経済学部の駒村康平教授(社会保障論)は、そもそも老齢基礎年金の水準が中途半端なことが問題だと指摘する。「生活保護の水準は厳密には改善の余地はあるが、おおむね妥当。問題は基礎年金だ。税金が半分投入されているものの、満額で6万6008円では衣食住は賄えない。ただ、基礎年金の額が低い理由は、保険料が低すぎるから。単身世帯の生活保護水準まで増やすには、保険料を倍にしなければ財政上つじつまが合わないが、それは現実的ではない」と、基礎年金の水準引き上げの難しさを指摘する。

 

最低保障7万円でも…

 では、民主党の掲げる「最低保障年金」が実現されれば、生活保護と基礎年金の“逆転”は解消されるのか-。民主党は今月、「新年金制度に関する検討会」の初会合を開き、年金制度改正に乗り出した。新制度の柱は「月額7万円の最低保障」だ。

 しかし、仮に実現できたとしても、7万円は依然、生活保護の水準よりも少ない。このため、生活保護制度にある住宅扶助や医療扶助は形を変えても残るだろうというのが大方の見方だ。年金しか収入がない世帯にすれば生活保護との逆転は納得しがたいが、新制度でも逆転現象の解消は難しそうだ。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/body/100325/bdy1003250836000-n1.htm

目指せ、弁当男子!

去年の流行語にもなった“弁当男子”。会社のランチタイムに自作のお弁当を持っていくなんて、社会人として余裕がある感じがして憧れちゃいます。外食よりも体によさそうだし。でも、早起きが苦手なボクのような人間には、お弁当ってかなりハードルが高い存在。夜の家事でなんとかできないものでしょうか…。

「すでに夕食を自炊している人なら、お弁当を作るのは簡単。夕食と一緒に仕込みを済ませてしまえば、お弁当のために使う朝時間は数分で済みます。前日の残り物をアレンジしたり、作り置き&冷凍したものを使い回すのも時短のポイントです」

こう教えてくれたのは、テレビや雑誌で「食」「健康」についてのコラム執筆やレシピ提供をしている、管理栄養士の柴田真希さん。確かに、学生時代に母親が作ってくれていたお弁当にも、前の晩の残り物が結構入っていたような…。あれはサボっていたんじゃなく、時短だったんですね。母さん、ありがとう!

そんな柴田さんに、前日の残り物をアレンジしたおすすめのお弁当を聞いたところ、以下のような1週間のメニューを提案してくれました。

【月曜日】「塩カルビ丼と切り干し大根」
豚バラ肉とネギのざく切りを市販の塩ダレで絡め、クッキングシートの上に広げます。その後、オーブンレンジのグリル機能で10分程度焼けばできあがり。事前に冷凍保存しておいた雑穀ごはんをレンジで解凍して、焼いた豚バラ肉を上にのせれば、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なお弁当に。作り置きした切り干し大根を加え、お漬物やミニトマトを添えると彩りがよくなります。

【火曜日】「鮭ののり弁」
夜のうちに鮭を焼いておき、朝は解凍したごはんの上に、のりと作り置きのきんぴらごぼう、鮭をのせるだけ。きんぴらの味付けは市販のめんつゆを使えばさらに簡単!

【水曜日】「ハンバーグとひじきの煮物」
作り置きのハンバーグとひじきを解凍して、ごはんと一緒に詰めましょう。作り置きのハンバーグは、小さめの40~60g程度で、夕食がハンバーグのときに一緒に作ります。ハンバーグは焼いてから冷凍すれば、1カ月程度はおいしく食べられます。

【木曜日】「鶏とほうれんそうのパスタとじゃがいもサラダ」
夕食でから揚げを作った翌日にオススメ。100円ショップなどで購入できるレンジのパスタ調理器を使い、パスタと一口大のじゃがいもを同時に加熱。ゆで上がったら、じゃがいもを取りだし、ドレッシングやマヨネーズで絡めてサラダのできあがり。パスタは鶏のから揚げとほうれんそうなどの具を絡めて味付けし、30秒くらい再度レンジで加熱すればOK。

【金曜日】「卵のココットとピラフの焼き野菜添え」
夜のうちにツナや野菜などの具を塩、こしょう、コンソメ、バターひとかけと一緒に炊飯器に入れて通常の炊飯モードで炊けば、ピラフは完成。朝は卵を耐熱カップに入れてチーズをのせ、野菜と一緒にオーブンレンジで焼き上げればOK。

メニューだけ見ると、「ボクにできるの?」と思ったけど、実際に作り方を聞いてみるとハードルが下がりました。包丁やガスコンロをあまり使わないでできるメニューばかりだし、作り置きおかずも効いています。栄養バランス的にはどうなんでしょう?

「男性が食べたいものを詰めると、肉やしょうゆ味のおかずばかりで、つい茶色いお弁当になりがち。まずは難しいことを考えず、見た目のよいお弁当を目指しましょう。彩りのよいお弁当の方が、栄養バランスもとれているものなんです。詰めながら赤・緑・黄色がそろっているか確認して、適宜ミニトマトやレタスなどをプラスしましょう」
それくらいならボクにもできそうです! よーし、明日からは夜の家事にお弁当作りをプラスして、立派な「弁当男子」になるぞ!

(R25編集部)

(MSN産経ニュース、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=248884

“キムタク月9”に豪華キャスト 

Tnr1003240601000p2

 SMAPの木村拓哉(37)主演の4月期フジテレビ系月9ドラマのタイトルが「月の恋人~Moon Lovers~」に決まり、女優、篠原涼子(36)が出演することが23日、分かった。篠原の連ドラ出演は3年ぶりで08年の出産後初。映画「レッドクリフ」のヒロインを務めた台湾の女優、リン・チーリン(35)が日本ドラマ初出演を果たすほか、松田翔太(24)、北川景子(23)と主演級俳優が揃った。

“キムタク月9”の豪華共演者が決まった。木村演じるインテリア業界で急成長を遂げるクールな敏腕社長をめぐり篠原、チーリン、北川の3人の女性、さらに松田もからんで恋の五角関係の火花を散らせる。

 「月の恋人」(放送開始日は未定)で、00年のTBS系「Beautiful Life」以来10年ぶりに本格ラブストーリーに挑む木村は、「スタッフ、共演者の皆さんとできる限り充実した現場を楽しみたい」と気合が入る。

 篠原は木村社長のもとで現場を取り仕切る有能なインテリアデザイナーの役。社長とは学生時代から交流があるが、内に秘めた思いを抱き続けている切ない大人の恋心を表現する難役だ。

 05年に俳優の市村正親(61)と結婚し08年5月に長男を出産。出産後のドラマ出演は昨年9月放送の日本テレビ系単発「働くゴン!」だけで、連ドラ出演は07年の日テレ系「ハケンの品格」以来となる。

 木村との顔合わせは97年のフジ系「ギフト」以来、実に13年ぶり。「理想の女性上司」アンケートで1位に輝くなど女性から圧倒的人気を誇る篠原の満を持しての連ドラ復帰が、視聴率男との共演。「大変楽しみ。ご覧いただく皆様にも楽しんでもらえるよう頑張りたい」と張り切っている。

 チーリンは日本ドラマ初進出。モデルとして台湾では大スターだが、日本では08年公開の中国映画「レッドクリフ」(ジョン・ウー監督)で知名度がアップ。昨年SMAPが発売した曲「そっと きゅっと」のPVに出演しており、木村とは既に接点がある。

 社長が心を開いていく中国人役で「本当に夢のようです。まさか自分が日本のドラマに出演する立場になるなんて今だに信じられません」と感激している。

 共演陣の豪華さに国際色と新鮮味が加わり、スケールの大きいラブストーリーが展開しそうだ。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100324/tnr1003240601000-n1.htm

ウッズ、妻に135億円の謝罪金

 不倫騒動を経て、マスターズ(4月8日開幕)で復帰することを発表したタイガー・ウッズ(34=米国)が、エリン夫人に対し、3億ドル(約270億円)で謝っていたと、21日の英サンデー・エクスプレスが報じた。夫妻に近い関係者の話という。それによると、ウッズはまず謝罪金として1億5000万ドルをエリン夫人に支払い、さらに今後2年間、結婚を維持できた場合に、さらに1億5000万ドルの「ボーナス」も約束しているという。
 また、ウッズは米スポーツ専門チャンネルESPNのインタビューに応じ、「偽りの人生を生きていた」と自己批判。復帰戦となるマスターズについては「正直に言うと、少し緊張している。試合では、パラパラッと少しばかりの拍手が聞けたらいいなと思う」と話した。加えて、「治療をやめるということではない」と、プレーしながらセックス依存症の治療を続ける考えを示した。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/nikkansp-p-sp-tp2-100323-0003/1.htm

トキ、別のペアも求愛行動

Trd1003222233009p1

 繁殖に向け巣作りをしているトキ2組が確認された新潟県佐渡市で22日、新たに別のペア1組が求愛行動を示す擬交尾をしている姿が撮影された。

 環境省は中国からもらい受けたトキの子孫を繁殖させて平成20年から放鳥。21日、放鳥した29羽のうち2組のペアの巣作りを確認したことを発表した。

 今回撮影されたのはこれとは別のペア。木の上で雄が雌の背中の上に乗り、くちばしを合わせ、約10秒間2度にわたって擬交尾していた。本格的な繁殖期に入りさらにペアが誕生する可能性があるという。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100322/trd1003222233009-n1.htm

男性がうんざりする女性の10の行動

男女の考え方の違いについて的確に指摘しているリストが話題になっている。女性情報サイトWoman’s Dayが『男性をうんざりさせる10のこと』として、女性がやってしまいがちなことを、女性視点で紹介している。

このリストは好ましいコミュニケーションを育む手助けとして、活用するように筆者のブレンダン・タプリーが綴っている。内容は以下の通りだ。男性は以下に挙げられている場面で、うんざりするという。

1.表面的な態度をとりながら、男性のことを後付けで判断する女性

男性の単純な行動や言動に対して、女性はより複雑な判断をするものだ。例えば、彼氏が嘘をついていると見抜いている時でも、自分は本音を明かさずに騙されているフリをして、後から友達に「彼が嘘をついた。ひどい」と判断を下す。逆の場合もある。本当は喜んでいるのに、その場では喜びを表さず、後からその喜びを他人に伝えるなど。即、感情を示さなかったり、即座に自分の意見を言わないことはかえって男性を混乱させる。

2.自分がして欲しいと思うことを、相手(男性)が分かっていると誤解する

男性は時々、女性が考えていることに対して、極端に臆病になることがある。場合によっては、気を回しすぎて女性がして欲しいことと真反対のことする時さえある。しかし、常に相手がいつでも自分のして欲しいことを理解しているとは限らない。時には正直に要求を伝えることが大切だ。

3.男性を子供扱いする女性

女性の方が男性よりも精神的に成熟している部分がある。特に若い年齢では、女性の方がはるかに大人の考えを携えているものだ。しかし、だからと言って、男性を見下してはいけない。また子供扱いしてはいけない。年齢の近いカップルなら特に、男性は子供扱いされることを好まない。

4.優越感に浸る女性

最近の男性は控えめな傾向にあるが、それに乗じて、男性を見下す女性が増えている。また、他人の夫や彼氏にまで、その視線を向ける女性までいる。仮に、自分の彼氏を誇らしく思っていても、そのことで他人より優っていると考えてはいけない。自分と付き合っている(結婚している)ことで、彼女が他人に対して優越感に浸っていると察したら、男性の気持ちは急激に冷めていく。

5.何でもかんでも共有したがる女性

とにかく何でも共有しないと気が済まない女性がいる。『いつ』『どこで』『誰と』『何を』『どうした』と、事細かな情報を共有したがったり、個人的な趣味の所持品まで一緒に使うことを要求したり。男性は共有したがることに不満を持つ人も少なくない。2人の間に隠された部分が少ないほど、より分かり合えるのも事実である。しかし、男性は『秘密』と『忠誠』を大切にする側面がある。男性が秘密を持つことに、ある程度許容することが重要だ。秘密を認めてくれる女性に、男性は安心感を感じる。そして忠誠を示すようになる。秘密と忠誠はセットで考えると良い。無理に共有を強いると男性は嫌がって遠ざかろうとする。

6.話を聞かない女性

非常に多くの女性が自分はヒロインであると考えて、男性に対して人生の物語の協力者であると感じている。しかし、誰もが自分の人生の主役であることを忘れてはいけない。女性がとめどなく話し出す時、男性は時々反論や相槌を入れるのを諦めて、ただ聞かされる姿勢をとるようになる。男性も人生の主役であることを思い出して、注意したいものだ。

7.断りもなく予定を決定する女性

自分の中には明確な計画が立てられているが、相手(男性)にはその承諾をとらない場合がある。そして、その予定が思い通りに行かないとヘソを曲げてしまう女性がいる。計画が苦手という男性は、女性が細かく予定を組んでくれることを受け入れるが、先を急ぐあまりに、相手(男性)に何も告げないまま、計画が進行することに対して男性は嫌がるものだ。急ぐ時でも、一言は断るべきである。

8.ずっと先の将来まで思い描いている女性

女性のロマンチックな側面が、男性を疲れさせる。それは、今、目の前の現実からはるかに遠ざかり、手の届かないようなずっと先の将来にまで、夢を描いてしまうことだ。結婚もしないうちから、結婚後の生活のことを聞かされたり、老後の話を聞かされると、男性は現実とのギャップにうんざりする。ロマンチックに浸り過ぎて、目の前のことを置き去りにしないように。

9.男性の気遣いを当たり前のように思う

なかなか気の利かない男性に対して、女性は軽視する傾向がある。しかしそういう男性ほど、自ら進んで気を遣った時には、女性のことを良く見ているものだ。普段は自分から何もしようとしない男性が、思い出したようにプレゼントをくれた時には、決して見逃してはいけない。そういう時に『やれば出来るんだ』といった気持ちで接していると、男性は『いつもそう自分を見ている』という風に判断を下してしまう。そして、男性にとっては、見下されていることを確認したに過ぎなくなってしまう。ささやかな気遣いを当たり前だと思ってはいけないのだ。

10.友達との時間を、2人の関係より優先する

友情は男性女性を問わず重要である。しかし、それがあまりにも過ぎると、関係は冷たいものへと変化して行ってしまう。特に男性は尊厳を重んじるので、自分との約束を後回しにされたり、軽率に扱われるとうんざりする。男性にも同じことが言えるのだが、関係はどんな人との間でも、常に平等であることに努めるのが、その人の信頼に繋がる。

男性にも当てはまるものも少なくない。快いコミュニケーションを持つために、お互いに気をつけたいものだ。

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=248622

踏み台にされる、孤独なパリス

D7243e8fef439d76167ecc5f11411

セレブだからこそ背負わねばならぬ運命がある。常にセレブをウォッチし続ける、辛酸なめ子さんがセレブ界の動向を一刀両断。今回、辛酸さんが注目したのはパリス・ヒルトン。ヒルトンホテルの創業者一族の令嬢としてセレブ街道を歩み続ける彼女は、その豪奢な生活の代わりに「孤独」という業を背負わされていたのかもしれません。

友人探しの番組すらも存続の危機

親友を探すリアリティ番組「My New BFF~パリス・ヒルトンのベストフレンドを探せ!」を3シーズンも続けていながら、親友ができる気配がないパリス・ヒルトン。2008年に放送スタート時に集まった候補者たちもパリスに負けない自己顕示欲の持ち主で、彼女を利用して有名になろうという野望オーラをみなぎらせていました。その「シーズン1」ではパリスを心底リスペクトしていた従順なブリタニー・フリッキンガーが優勝。親友の座を射止めたものの、パリスにとっては物足りなかったのか数カ月で関係が消滅してしまいました。しかも最近では、番組自体も大ピンチなのだとか。番組をプロデュースするライオンズゲート・テレビジョンが「シーズン3」に関わった制作会社に対し、800万ドルの損害賠償を求めて訴訟を起こすという騒動になり、放送が暗礁に乗り上げているそうです。

踏み台として利用されまくる悲哀

もともと家柄が良すぎるからか、友だち運に恵まれない孤独なパリス。周囲には彼女を「踏み台にのし上がろう」とする女子ばかり集まってきます。振り返ってみればあのニコール・リッチーすらその一人。2003年にリアリティ番組「シンプルライフ」でパリスと一緒に出演して有名になり、今では家族に恵まれた上、人気でもパリスを追い抜いてしまっています。そんなニコールへの複雑な思いをパリスは「JEALOUSY」という曲にこめて、あなたは有名になって変わってしまった......と恨みがましく歌っていました。他にも、仲良くなりかけたコートニー・ラブに、「パリスの家のトイレで『白い粉』を発見した」と暴露されたり、お嬢様学校出身同士と親近感を抱いていたレディ・ガガに「The Fame」というセレブの虚しさを歌った曲で揶揄されるなど、友情をつかみかけては裏切られてばかりです。

外に出れば敵だらけという孤独

最近でも、よくクラブで一緒に遊んでいたキム・カーダシアンの人気が急上昇。注目度でパリスにも引けを取らなくなったばかりか、彼女は香水プロデュースにも参入し、パリスのテリトリーを荒らしたことで、友情に暗雲が......。ほかに新人歌手ケシャも、「シンプルライフ」のホームステイ先に応募し、パリス&ニコールと知り合ったことでパリス人脈に食い込んできた野望家女子と言えるでしょう。パリスのホームパーティで、クローゼットの中に嘔吐するという"事件"で絶交されながらも、その話をネタにするほど胆が据わっています。他にも、パリスなどのベタなセレブを小馬鹿にしながらも、彼女といかにも仲が良さそうに写った写真をBlogにアップすることで有名になろうとする、プチセレブ(ヒップスターとも)もいるので油断できません。パリスほどの血統書つきセレブともなれば、家から一歩出るとそこは敵だらけなのです。

心から信頼できる友人のいない淋しさを埋めるためか、いまではペットを溺愛しているパリス。小型犬を6匹も飼っている上、ミニブタやオウム、カエルにウサギと、家には様々な動物がどんどん増殖しているそうです。もしこのまま「親友」が見つからなければ、いつかムツゴロウさん的な存在になってしまったり......。結局、信じられるのは動物だけということにもなりかねません。

辛酸なめ子 プロフィール
しんさん・なめこ●1974年東京都千代田区生まれ、埼玉育ちのメディア・アクティビスト。常にセレブやアイドル、芸能人をウォッチし続け、愛情たっぷりに毒を吐く漫画家・コラムニスト。著書に、『ヨコモレ通信』(文藝春秋)、『消費セラピー』(集英社文庫)、『女子の国はいつも内戦』(河出書房新社)、『片付けられない女は卒業します』(MF文庫)など

(MSNエンタメ、http://entertainment.jp.msn.com/features/column_shinsan/article.aspx?cp-documentid=3712892&page=2

強風で交通ダイヤが大荒れ

 低気圧が日本海上を急速に発達しながら北東に進んだ21日、東日本や北日本を中心に、早朝から非常に強い風が吹く大荒れの天気となった。都内では、シャッターの修理をしていた男女3人が軽いけが。鉄道各社の中には、早朝から運転を見合わせるところが出たほか、航空各社でも欠航便が出るなどの影響が出た。

 警視庁や東京消防庁によると、同日午前3時35分ごろ、調布市深大寺東町の自動車修理工場兼住宅で、はずれたシャッターを修理しようとしていた男女3人が、強風にあおられたシャッターに当たるなどして、腕や腰に軽傷を負った。西部の奥多摩町を走る国道411号線では沿道の木が倒れ、午前3時から同町内の18・4キロ区間で通行止めとなっており、撤去作業が進められている。

 JR東日本では、都心部を走る京浜東北線や高崎線、宇都宮線などで早朝から運休が相次ぎ、特急車両でも土浦発上野行きの「フレッシュひたち2号」などで遅れが出た。東京メトロでは、東西線で地上部分を走る東陽町-西船橋間で20メートル以上の風速を観測したため、始発から運転を見合わせた。その後、風が収まったことから午前8時25分に運転を再開したが、4万5900人の足が乱れた。

 日本航空と全日空でも、早朝から羽田空港発着の便を中心に欠航が発生。午前9時現在、日本航空が66便、全日空が31便の運行を取りやめ、計約1万5千人に影響が出た。

 気象庁によると、千葉市では午前4時54分に、最大瞬間風速38・1メートルを観測。東日本では、東京都江戸川区で35・2メートル、八王子市で33・8メートルを記録した。

 日本海の低気圧が発達しながら北東に進み、21日夜にはオホーツク海に進む見込み。また寒冷前線が本州を通過する見込みで、低気圧や前線通過後は強い寒気が流れ込み、海や山は大荒れの天気になるという。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100321/dst1003210949002-n1.htm

« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30