無料ブログはココログ

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

2010年5月30日 - 2010年6月5日

後藤真希、涙の活動再開

後藤後藤真希の活動再開イベントライヴが6月3日、Shibuya DUO -Music Exchangeにて開催された。後藤のライヴは2009年12月23日にゲスト出演した<NEXT MOVEMENTGRAND FINAL>以来、約半年ぶり。

今回のイベントには、オフィシャルサイトで募集したファン100組200名を招待。なおこれも当初70組140名のシーティングを予定していたが、5000名を超える応募があったため急遽招待枠を増員させたという。

ライヴでは、SWEET BLACKプロジェクトで2009年2月に発表した「Lady-Rise」と、7月28日にリリースされるミニアルバム『ONE』収録曲から「宝石」「EYES」を披露。後藤は、「後藤真希です。お久しぶりです。みなさんの声援で、やっとこの場に立つことができました。ありがとうございます。」と挨拶し、活動再開を待っていたファンに元気な姿を見せた。また、途中、涙で歌えなくなる一幕もあったが「すみません。何か変なものが出てきました。珍しいことが起きました」と、泣き笑い。

なお、この日のライヴはファンに対して2つのサプライズ企画も。ひとつはライヴ中のオーディエンスによる携帯電話での撮影を許可。さらにライヴ終了後には後藤真希がひとりひとりと握手して送り出すという握手会の開催。発表があるごとに、ファンからは大きな驚きの声が上がっていた。

また、イベントを前に報道陣からの質問に応えた後藤真希。途中、2010年1月に亡くなった母親に関連し、「今日のイベントについて、お母さんはどう言っていると思いますか?」と取材陣から訊かれると、「たぶん、ママだったら“まぁ見てるから。頑張れよ”って言ってくれていると思う」と、涙ながらに話した。

後藤真希の新曲「宝石」着うた(R)は、6月15日までmu-moにて期間限定無料配信。さらに後藤真希は今後、7月28日に、後藤自身作詞のバラード「華詩 -hanauta-」を含む5曲入りのミニアルバム『ONE』(全曲ミックスは大沢伸一)をリリースする。

(MSNエンタメ、http://music.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=298876

エマ・ワトソンの裸写真を流出させた犯人を逮捕!!

E71fa4216d3747ea9a192cc2ba72f43d

 イギリスが誇る美少女エマ・ワトソンの裸の写真を捏造(ねつぞう)し、メディアにばらまいた罪で犯人の男が逮捕されたことがわかった。

 この事件は裸の少女の写真にエマの顔を緻密(ちみつ)に合成させ、メディアに流出させたという悪質なもの。流出が発覚した際には、イギリス中のメディアがエマの裸写真流出と報じてしまい、事態が大きくなってしまったことを受けてエマサイドがわざわざ「エマの裸ではない」と正式にコメントを出したほどだった。

 ザ・サン紙によると、今回、逮捕された犯人はジョン・カヴァナという大の『ハリー・ポッター』ファンの男で、捜査官が突入した彼の部屋には大量のぬいぐるみ、DVD、ポルノゲーム、そして女性用の下着があふれていたとのこと。そしてその多くはどこかに送るつもりだったのか、きれいにラッピングされていたそうだ。また、押収品のパソコンの中には、2,000枚以上のエマのスナップ写真も収められており、中には映画祭などで、エマと寄り添うダニエル・ラドクリフの顔の部分を自分の顔に置き換えるなどした写真もあったそうだ。

 犯人には厳しい罰が下ることが予想されるが、最大の被害者であるエマ自身が証言台に立つかは明らかになっていない。

(MSNエンタメ、http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=298047

「好きなことを貫けば、夢もかなう」

Tnr1005311856008p1

 世界30カ国以上で上演され、米ニューヨークでもロングラン公演中の人気パフォーマンス「STOMP」。そのメーンキャスト、ビン・ビッチ役をつとめてきたのが日本人の宮本やこだ。内容を新たに練り直した来日公演「STOMP The New World」でも、エネルギッシュなパフォーマンスを披露する。

 

「毎回が一生に一度の時間」

 「STOMP」は1991年、英国のストリートで誕生した。バケツやドラム缶、デッキブラシなど身の回りの物を使い、音とリズムを刻むシンプルなショーだ。ニューヨークのオフ・ブロードウェーでは94年に開幕。宮本は2002年から今年1月まで出演を続けた。

 「8年間続けられたのは、お客さまはもちろん、私にとっても毎回が一生に一度の時間だから。細かい決まりがないので、パフォーマー同士のその時々のコミュニケーションが作品の出来に反映されるのも新鮮」と話す。

 STOMPには、細かいストーリーやせりふはない。鍛え抜かれた肉体と技術で表現するさまざまなリズムが躍動感を生み、客席を巻き込んでいく。

 「STOMPを観(み)るのに、ルールなんてないんです。音を出してもいい。お客さまが参加して一緒に楽しむことで、150%のパワーが生まれるショーなんです」

 抜群のリズム感と身体能力を持つ宮本が、エンターテインメントの世界に興味をもったきっかけは、小学生のときに出合った和太鼓だった。

 「ずーんと、重低音でおなかの底まで響く音を聞いたとき、『わー、この音好きだ』と思ったのです。その好きがずっと続いています」

 大学入学後は、ストリートダンスやタップダンスにのめり込む。「リズム感がいいからニューヨークで本格的にタップをやったら」とすすめられ、1999年に渡米した。

 「タップはステッキを持った優雅なダンスをイメージしていたのですが、セビアン・グローバー(世界的タップ・ダンサー)を見て、スタイルなんてないんだと知った。既製の音楽に合わせて踊ることに違和感を持ち始めていて、彼のように自分の感覚でリズムを刻むダンスがしたいと思ったんです」

人の5倍レッスン

 レッスンに通い半年後には、タップ・カンパニーの主要キャストに合格。大学も退学し、2000年には、和太鼓とタップを組み合わせたパフォーマンス・グループ「鼓舞(こぶ)」も設立した。そのころ、出合ったのが「STOMP」だった。

 「何もわからないまま、オーディションに行ったので、こうなったら楽しもうと、思いっきりやったら、『面白いから来なさい』と。合格が決まってから初めて名前を聞かれて、履歴書を持っていったら、『ジャパニーズだったのか!?』って驚かれた。誰にでも可能性はある。好きなことをとことん貫けば、夢もかなうんです」

 ただし、周囲はブロードウェーの舞台を目指し、幼いころからレッスンを続けてきた人ばかり。18歳でダンスを始めた宮本はスロー・スターターだ。

 「いえ、ビハインド・スターターです。相手が3歳から始めているなら、自分は5倍レッスンすれば何年か後に追いつける。スタートが遅かったという自覚が助けになったと思います」

 現在は自身が率いる「鼓舞」の創作活動に力を入れている。

 「メンバーの能力をどう引き出し、作品を色づけするか、出演者とは視点が変わって面白い。日本人である自分ならではの、オリジナリティーあるショーを世界中で上演してきたい」と話している。(文:田窪桜子/撮影:三尾郁恵/SANKEI EXPRESS)

       ◇

 ■みやもと・やこ 8歳で和太鼓に出合い、慶応大学理工学部在学中、タップダンスやヒップホップダンスを始める。1999年、ダンスを学ぶために渡米。2000年、和太鼓とタップを融合したリズムカンパニー「鼓舞」設立。02年、オフ・ブロードウェーミュージカル「STOMP」のオーディションに日本人として初めて合格し、今年1月まで出演した。

       ◇

 【ガイド】

 「STOMP The New World」

 6月1日~6日、東京・水道橋のJCB HALL

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100531/tnr1005311856008-n1.htm

1時間以内に敵基地撃破の新兵器

Amr1005230120001p1

 【ワシントン=佐々木類】米空軍が25日、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる超音速航空機X51Aウエーブライダーの初飛行実験を行うことが分かった。巡航ミサイルをモデルとした無人攻撃機で、洞窟(どうくつ)に潜むテロリストや敵基地を軍事衛星の誘導で“奇襲攻撃”する21世紀型の新兵器だ。2020年ごろの配備を目指す。

 X51Aは米ボーイング社などが03年から開発に本格着手した。「通常即応グローバルストライク」(PGS)と呼ばれるミサイル兵器の一種で、B52戦略爆撃機に搭載。発射後、5万フィート(約1万5千メートル)の高高度まで上昇し、マッハ5(時速約6120キロ)で滑空する無人攻撃機だ。アフガニスタンの洞窟に潜むテロリストや、発射台に設置された北朝鮮のミサイル、イランの核関連施設を1時間以内に攻撃できる。

 通常兵器による攻撃の所要時間は最大で96時間かかるとされ、大幅な時間の短縮となる。

 米空軍は25日、天候が良ければ、カリフォルニア州エドワーズ空軍基地からB52に搭載、南カリフォルニア海岸沖で5分間の飛行実験を行う。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/america/100523/amr1005230120001-n1.htm

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30