無料ブログはココログ

スポーツ

浅田真央が姉に語った惨敗の「真相」

 「過去最低」の8位で今季グランプリ(GP)シリーズ開幕戦を終えたフィギュアスケートの浅田真央選手(20)が、テレビ番組で姉の舞選手(22)に敗戦から一夜明けた思いを語った。

 「真央ボロボロ8位」(読売新聞)、「真央ミス連発8位」(毎日新聞)、「真央涙目」(サンケイスポーツ)――。GP第1戦NHK杯の女子フリー・総合の結果を報じた2010年10月24日付の朝刊各紙には、こうした厳しい見出しが並んだ。

■「気持ちと滑りが全然合ってなくて」

 浅田選手は、ショートプログラムでもフリーでもジャンプでミスを連発した。フリーの7つのジャンプ要素で跳べたのは2回のみだ。「完璧な成功は1回だけ」とするマスコミもある。転倒シーンも目についた。

 「気持ちはいってたけど、気持ちと滑りが全然合ってなくて……」。真央選手は、インタビュアー役の姉・舞さんにこう打ち明けた。2010年10月25日朝放送の情報番組「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)で、試合翌日の24日に行ったインタビュー映像が放送された。

 相手が姉ということもあり安心しているのか、真央選手の表情は、演技直後のうつろで涙目に見えたときよりはリラックスしているようだ。

 「いつもとは違う何かがあったっていうこと?」と、真央選手らしからぬ「惨敗」を心配する舞さんの質問に、真央選手は「(練習段階で)完成まではほど遠い」状態だったと説明した。

 ジャンプを「1からやり直して」いる途上だという。その新ジャンプが単独では安定してきており、「次は(流れの中で)通しでしっかりできる」のが課題だ。そのためには「もうちょっと時間が必要」だそうだ。練習の段階で完成度が低かったせいか、今回の8位という結果には、「やっぱりこんな感じか」と驚きはないようだ。

 「理想はいつのジャンプ?」との質問には、「2005年の(GP)ファイナルあたりかな」と答えた。「昔のジャンプをもう1回蘇らせる」つもりのようだ。

 すでに気持ちは切り替わり、「次の試合に向けた練習のことを考えている」と前向きなところを見せた。

■ルール変更やコーチ交代の影響は?

 フィギュアスケートは今季からルールが大きく変わった。真央選手が得意の「トリプルアクセル」など難易度の高いジャンプの基礎点が高くなり、回転不足によるミスの減点幅は軽減された。事前の報道では、今回のルール変更は真央選手に「追い風」と報じるところもあった。

 一方で真央選手は1年間で3人もコーチが替わり、佐藤信夫・現コーチが決まったのは、わずか1か月強前の9月上旬だ。これまでの練習体制は安定していたとは言い難いようだ。

 順位だけでなく得点でも真央選手にとって「シニア国際大会で自己最低」となった今回のGP初戦。今季GPは、ライバルのキム・ヨナ選手(韓国)が出場しないこともあってか、真央選手を巡る話題の盛り上がりはさほどでもないようだ。ネット上では「まだ初戦なのでわからない」という擁護論や「引退した方がいい」との厳しい意見が入り交じっている。

 スパモニのスタジオ陣は楽観的だった。コメンテーターの田中喜代重弁護士は、初戦の結果だけで「言い過ぎだ」と、懸念の声が相次いでいることを批判し、「もう少し長期的な目で(みるべきだ)」と訴えていた。司会の赤江珠緒さんも「(真央選手の)目標は(2014年のソチ)オリンピックなんですよね」と、あせる必要はないとの見方を示した。

 真央選手のGP次戦はフランス杯(11月末)の予定。それまでに真央選手はどんな変化を見せるのだろうか。

(MSNトピックス、J-CASTニュース、http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=433820)

蜜月終わっていた

 【ニューヨーク24日(日本時間25日)】エンゼルスのマイク・ソーシア監督(52)が、松井秀喜外野手(36)の獲得失敗を認めていることが分かった。昨オフは獲得交渉に出馬するほど最も積極的だったが、今季の不振で“不要派”に一変。ゴジラの今オフ移籍が、改めて決定的になった。(サンケイスポーツ)

 優勝争いから脱落後に打ちまくったが、信頼は回復できていなかった。ソーシア監督がゴジラ獲得の失敗を認めていることが、球団幹部への取材で分かった。

 松井秀がヤンキースからフリーエージェント(FA)になった昨オフ、エンゼルスで最も契約に熱心だったのはソーシア監督だった。交渉に出馬し、ゴジラの代理人を務めるアーン・テレム氏(55)の自宅で食事をしながら「4番で全試合に出てほしい」と口説き落とした。

 同監督は松井秀をスタメンで起用し続けたが、5月は月間打率・184という大不振。左投手に苦戦したのも計算外だった。今オフの補強を話し合う編成会議で、同監督は「自分の判断が誤っていた」と語ったという。理由としては、好不調の波が大きかったことや21本にとどまった本塁打、勝負強さの不足などが挙げられたようだ。

 松井秀自身も期待を裏切ったことを認めている。「相手先発が左投手のときにスタメンから外すような選手をDHで残すことはないと思います」とエ軍との独占残留交渉(ワールドシリーズ終了翌日から5日間)にも否定的な見解を明かしていた。

 ゴジラの安定感や長打力への期待が大きかっただけに、同監督の失望も大きい。再び機動力のあるチームに戻す方針を固め、今オフは盗塁王4度を誇るレイズのカール・クロフォード外野手(29)の獲得を希望しているという。

 最終決定を下すのはトニー・リーギンスGM(43)だが、2018年まで契約している同監督の意見は絶大。赤ゴジラは、やはり今季限りだ。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/mlb/101026/mlb1010260931000-n1.htm

“ロシアの妖精”シャラポワが婚約

Oth0906230922010p3 Oth1010221247013p2

 AP通信などによると、北米プロバスケットボールリーグ、NBAのロサンゼルス・レーカーズに所属する26歳のサーシャ・ブヤチッチ(スロベニア)が21日、女子テニスのスタープレーヤー、マリア・シャラポワ(23)との婚約を発表した。

 ブヤチッチは21日のウォリアーズとのエキシビションゲーム前に「婚約して2人ともとてもハッピー」などと語り、シャラポワの代理人もAP通信のEメールによる問い合わせに対して、婚約が事実であることを認めた。

 ブヤチッチによると、シャラポワとは友人を交えてのバーベキューパーティーで知り合い、出会いから1年後の記念日にブヤチッチがプロポーズ。挙式の日取りなどは決まっていないという。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/other/101022/oth1010221247013-n1.htm

 3D映像の迫力と臨場感を伝えるには、まさに打って付け!

「まっすぐ走る方向を見て」

 いよいよ運動会のシーズン。「今年こそ、かけっこで1等賞、とまでは言わないけれど、少しでも順位を上げたい」と願う子供も多いはず。今からでも間に合う速く走れる方法はないか。切羽詰まったお願いを、北京オリンピック銅メダリストで陸上教室「NOBY T&F CLUB」を主宰する朝原宣治(のぶはる)さん(38)=大阪ガス=にぶつけてみた。(岸本佳子)

 ◆スタートは冷静に

 兵庫県西宮市の大阪ガス今津総合グラウンド。「すぐに速くなるコツを」と教えを請うと、朝原さんは「うーん」と苦笑い。そして、最初に飛び出したアドバイスは「スタートでパニックにならないこと」と意外な内容だった。

 「横一列に並んでしまうと、つい焦ってしまう。いきなり、がむしゃらに走り始めるのではなく、地面を踏みしめるようにスタートしてみましょう」。確かに号砲が鳴ると、頭に血が上る。でもそこは冷静に。そして、だんだんとスピードアップだ。

 速く走るには「腕を速く大きく振る」「足を高く上げる」のが一番、と考える人もいる。しかし、朝原さんは「手足はあんまり意識しないほうがいいんです」。ただ、走る姿勢には気をつける。「よそ見をしたり、ぐにゃぐにゃと走ってしまう人もいますが、真っすぐ前を、進む方向を見て走ってください」。お母さんの声援が聞こえても、ぐっと我慢だ。

 リラックスも大切。肩に力が入ったり、手をグーに握りしめたまま走ったりすると、スピードが出ないからだ。コーナーが苦手な人はこの際、ちょっとスピードを落としてみよう。「重心も少し落とし、ちっちゃくなってみると走りやすいですよ」

 ◆走る姿をチェック

 ところで、自分の走る姿は意外と知らないもの。そこで、携帯電話のビデオ機能などを使って、一度、走る姿をチェックするのもいい。矯正はできないかもしれないが、「自分はこういう姿で走っている、と気がつくだけでもいいと思います」。イメージトレーニングも有効だ。「走りたくないなあ」と頭を抱えるより、1着でゴールするイメージを持ってみよう。

 実は、「速く走る一番のポイントは外で楽しく遊ぶことにある」と朝原さんは言う。かけっこでも、自転車でも、ボール遊びでも、さまざまな外遊びの中にバランスの取り方や身のこなし方など、速く走るための要素が詰まっている。「クーラーの効いた部屋で遊ぶより、運動会までの2、3週間でも外で元気に遊ぶのもいいかもしれませんね」

 最後に、運動会で走るお父さんたちに朝原さんからアドバイス。「ぶっつけ本番はまずい。運動会までの時間、歩くことでもいい。体を動かし、準備してから出場してください」

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100908/sty1009080801001-n1.htm

興南が春夏連覇

Bbl1008211500028p1

 第92回全国高校野球選手権大会は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝を行い、興南(沖縄)が東海大相模(神奈川)を13-1の大差で破り、春夏連覇を果たした。沖縄県勢としては初の夏の甲子園大会制覇。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100821/bbl1008211500028-n1.htm

年収21億円のシャラポワ

6

 最も収入が多かった女性スポーツ選手の長者番付が発表となり、1位はプロテニスのマリア・シャラポワ選手(23)で2450万ドル(約21億円)だった。ベスト3位までをテニス選手が占め、10位までは5人を占めた。

 米誌フォーブスが発表した「The World’s Highest-Paid Female Athlete」にの結果による。テニスの世界では、セレーナ・ウィリアム選手が世界ランク1位となったが、マリア・シャラポワ選手はコート外でティファニー、ナイキ、ソニー、エリクソンなど名だたる企業をスポンサーとしており、唯一20億円を超えた。

 もはや、テニスコートのスーパーモデルの地位にある。収入でも、ジゼル・ブンチェンさんらとヒケを取らないほどだ。2004年にウィンブルドンで優勝を飾り、マネージメントが売出しに成功した。ただ、ここ2、3年はケガに苦しみ、あとは早くコートで結果を出すことだろう。

 2、3位はウィリアムス姉妹が入り、ゴルフ選手も3人入った。5位はアマチュアから唯一、キム・ヨナ選手が入った。こちらは、サムスン、ヒュンダイなど韓国の世界的企業の後押しを一身に受けている“韓国経済連合軍”のおかげで高収入となった。

 ◆女性アスリート長者番付(敬称略)
1位 マリア・シャラポワ 2450万ドル 23歳 テニス
2位 セレーナ・ウィリアムス 2020万ドル 28歳 テニス
3位 ヴィーナス・ウィリアムス 1540万ドル 30歳 テニス
4位 ダリカ・パトリック 1200万ドル 28歳 レース
5位 キム・ヨナ     970万ドル 19歳 スケート
6位 アニカ・ソレンスタム 800万ドル 39歳 ゴルフ
7位 アナ・イバノビッチ  720万ドル 22歳 テニス
8位 エレナ・ヤンコビッチ 530万ドル 25歳 テニス
9位 ポーラ・クリーマー  520万ドル 24歳 ゴルフ
10位 エレーナ・オチョア  500万ドル 28歳 ゴルフ

(niftyニュース、ゆかしメディア、http://news.nifty.com/cs/sports/golfdetail/yucasee-20100821-4467/1.htm

(画像と本文は関係ありません。)

東海大相模の40年ぶりVか

Bbl1008201633013p2

 第92回全国高校野球選手権大会第14日は準決勝を行い、第2試合は東海大相模(神奈川)が成田(千葉)を11-7で下して、40年ぶりに決勝へ進出した。

 東海大相模は19安打の猛攻。3-6で迎えた五回に染谷の2点三塁打などで4点を勝ち越し。六回には5長短打を集めて3点を追加した。一二三は14安打を許したが、7失点完投。東海大相模は1970年以来、40年ぶり2度目の夏制覇を目指す。

 今春の選抜大会を制した興南(沖縄)は報徳学園(兵庫)に6-5で逆転勝ちし、初の決勝進出。興南の島袋は二回までに5点を先行されたが、12奪三振で完投した。興南が決勝で勝てば、史上6校目の春夏制覇と沖縄県勢として初となる夏の甲子園大会制覇を達成する。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100820/bbl1008201633013-n1.htm

春夏連覇にあと1勝

Bbl1008201339008p1

 選抜王者の意地か執念か。興南が5点差を逆転して決勝に進出。史上6校目の春夏連覇にあと1勝と迫った。

 二回までに5点を先行される苦しい展開だった。だが、五回に3点を挙げて、一気に反撃ムードに。六回に1点を挙げると、七回1死二塁から我如古の三塁打で同点。さらに、そこまでの3打席で凡退していた4番の真栄平が中前に勝ち越し打を放った。主将でもある我如古は、追う展開にも「ベンチのムードは徐々に盛り上がっていた」と自慢げだった。

 序盤につかまったエース島袋は140キロ台の真っすぐを武器に、三回以降は得点を許さなかった。12奪三振。九回2死三塁のピンチも自慢の直球で三振を奪った。

 あまりにも鮮やかな逆転劇。我喜屋監督は「がけっぷちから落とされたと思ったが、選手が見事にはね返してくれた」とナインをたたえ、決勝へ向け「あした(決勝)も、こういう厳しい展開になると思う」と気を引き締めた。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100820/bbl1008201339008-n1.htm

5点取られた時には負けたと思いましたが、その後の鮮やかな逆転劇、春夏制覇も夢ではないかも。

携帯いじるKYな場内警備

 「角界の常識は世間の非常識」。大相撲の世界で不祥事が発覚するたびに、こんな声がわき上がっていた。今回もまったく同じだ。

 「見に来たい人が(場所に)来てくれれば」。NHKが大相撲中継の中止を決めた際、名古屋場所担当部長の二所ノ関親方(元関脇金剛)はこう述べた。さらに翌日には、千秋楽での賜杯の表彰自粛などを決めたことについて「初めて優勝する力士になったらかわいそう」と発言。スポーツ紙などで「連日のKY発言」と報じられた。

 筆者は今回、名古屋場所の初日に愛知県体育館を訪れた。初めての大相撲取材だったが、「KY」を感じることが少なくなかった。

 例えば広報対応。事務所を訪れると「訪問者は会社名と氏名を名乗るように」と書かれていたため、その通りにしたが、多くの職員がいるのに室内の反応はなし。たまたま事務所に戻ってきた男性職員に要件を告げると、「はあ」と生返事だったり、「細かいことはわからない」などと面倒くさそうな態度がありありと見えた。

 会場内では、緊張感のかけらも感じられなかった。

 関係者入り口付近で、元力士と思われる関係者が談笑していた。観客から見えないとはいえ、すぐそばには出番を待つ力士がいるにもかかわらずだ。常に携帯電話をいじってばかりの場内警備の元力士もいた。

 大相撲を取材した経験がある同僚記者は「角界はプロ野球など他のスポーツに比べて、ものすごく閉鎖的な世界。結局、力士だけで構成され、長年の人気の上にあぐらをかいて殿様商売を続けてきた結果だろう」と話す。

 46歳の女性は「見られていることの自覚」と題したメールを送ってくれた。

 《スイミングスクールのコーチをしていたとき、『プールに入ってなくても、プライベートで何かしていたときに、親や子供さんが見ているんだよ』と厳しく指導されました。角界でもこういうことは自覚していると思ってましたが、実際は『わからなければいいだろう』だったのかもしれませんね。自分たちの社会的影響力をわかってなかったような気がします》

(祥)

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/100715/mrt1007151131000-n1.htm

“軽率”貴乃花に批判集中「やっぱりやめない」退職願撤回

 野球賭博問題で大揺れの日本相撲協会に退職願を提出し、混乱にさらに拍車を掛けることになった貴乃花親方(37)=元横綱=に対し、親方衆から批判が集中している。貴乃花親方は4日の理事会で、解雇になった元大関琴光喜(34)の処分軽減を訴えて退職願を提出。受理されなかったが、この行動に「無責任」との声が上がっているのだ。

 貴乃花親方は5日の朝げいこに姿を見せ、「まずは弟子の育成が頭の中にいつもありますから」と前日とは一転、退職するつもりはないことを明かした。これを聞いた二所ノ関親方(61)=元関脇金剛=は、「とんでもない。無責任すぎますよ。あれだけ立派なことを言って理事になったんだから。何のために理事になったのか。このタイミングで(退職願を)出したのは、いろいろ理由はあるだろうけど、誰が見たっておかしい。この大事なときに」と憤る。

 一連の騒動を受け、一時は理事長代行に名前が挙がった放駒親方(62)=元大関魁傑=も「正直驚いたし、理解できない。問題はすべて決着していないのだから」と苦言。理事会では武蔵川理事長(62)=元横綱三重ノ海=をはじめ、他の理事からも批判の声が上がったという。

 貴乃花親方としては元琴光喜を救いたい一心だったのだろうが、万が一にも退職願が受理されれば、貴乃花部屋は場所直前に師匠不在となる。さらに理事が1人欠けることとなり、協会にも迷惑がかかる。

 二所ノ関親方が指摘するように、貴乃花親方は協会の通例を破って理事選に出馬して当選したが、5カ月が経過しても、これといった功績は残していない。親方衆が不満を漏らすのも当然だろう。

 角界の改革を旗印に理事となった貴乃花には相撲ファンからの期待も高い。批判をはねのけるには口だけではなく、しっかり結果を残すしかない。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/sports/baseballdetail/fuji-zak20100706011/1.htm

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30