無料ブログはココログ

ファッション・アクセサリ

「ココナッチ」

Scn1007080753000p1

 ツイッターなどと連動する小型ロボット「ココナッチ」の開発が進んでいる。手のひらサイズでパソコンにつないで使用、音や光でメッセージが送られてきたことを伝えてくれる。開発は学生も参加する若手ベンチャーが手がけ、次世代のIT人材に注目が集まっている。

 ココナッチは、日常生活の中でコミュニケーションを助けるためのロボット。パソコンにつないだ状態でメールを受信したり、ツイッターで話しかけられたりすると、光や揺れで教えてくれる。相手もココナッチを使用している場合、「おはよう」や「おなかすいた」など、約20の単純なメッセージを音声で送ることも可能。さわってゲームを楽しむこともできる。

 開発したのは、東京大学大学院や早稲田大学大学院の学生と、ロボット制作ベンチャー「ユカイ工学」(東京都新宿区)。「ロボット普及の最初の壁は女性。リビングに置いてもらうためには、女性に受け入れられなければならないと思い、ココナッチを開発しました」とユカイ工学代表、青木俊介さんは話す。今秋には一般での発売を目指すという。

 ココナッチ開発を指導したロボット工学者の石黒浩・大阪大学大学院教授は「若いベンチャーが色々な挑戦をすれば世の中が変わっていくと思う。『たまごっち』も『ツイッター』も最初は一世を風靡(ふうび)するとは思われなかった。ココナッチも世の中を変える可能性は十分にある」と語った。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/science/science/100708/scn1007080753000-n1.htm

「ななふん」(女性用ふんどし)

Fsh0901140037001p1

ワコールの子会社である同社が、女性下着の「自由と開放」をコンセプトに開発した女性用ふんどしとブラジャー。

ふんどし「ななふん下」(1260円)は、長さ80×幅36センチの長方形の布と、長さ130センチのひもで構成。

ひもをウエストで結んで着る。

ブラジャー「ななふん上」(1890円)は、ふんどしと同じ素材を使っており、ホルターネックのように首の後ろで結んで着用。

いずれも素材は綿100%で、これまでの下着のようにゴムやワイヤの締め付けがないため、楽な着け心地という。

お風呂あがりのリラックスタイムや、パジャマのインナーとしての着用がおすすめ。

カラーはピンク、ネービー、イエロー、サックスの4色を用意。洗濯機で洗える。

販売中。フリーダイヤル0120・307056
(MSN)

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30