無料ブログはココログ

ペット

「カワイイ」だけじゃダメ 

Sty1009280821002p1

 夜の繁華街にもペットショップが進出するなど、ペットはより身近なものになっている。仕事帰りに子犬を手に取り、愛くるしさに一日の疲れが癒やされる人も多い。しかし、中には不幸な最期を遂げる犬もいる。環境省によると、平成20年度に全国の自治体で11万5797匹の犬が引き取られ、8万4045匹が殺処分された。関係者は「消費者の安易な衝動買いが犬の不幸な最期を助長する」と警告する。(織田淳嗣)

  

生後35日で市場に

 「犬の生態を無視した流通が行われているんです」

 動物愛護週間の20日、麻布大学(神奈川県相模原市)で開かれた、動物愛護管理法改正に関するシンポジウム。ペットショップで約8年間勤務し、現在は犬服販売のコークア(東京都中央区)を経営する成田司さん(44)の講演に、聴衆は耳を傾けた。

 成田さんが勤務したペットショップの犬の7割は、繁殖業者が持ち込む生体市場(オークション)からの仕入れ。「売れ筋」は生後50~80日のため、犬は生後35日程度でも市場に出されるという。

 この時期は本来、犬が生きる上でのルールなどを学ぶ「社会化」が行われる。親元から離されると、無駄吠(ぼ)えが増えるなどしつけがうまくいかず、飼い主が将来、手放してしまうリスクが増えるという。

 健康面の問題もある。成田さんは約200匹の犬を殺処分した苦い経験を持つ。病気の成犬だけでなく、中には発育が十分でなく、感染症にかかった子犬もいた。成田さんは流通の問題を指摘したうえで、「かわいいというだけで子犬を欲しがる消費者の志向も改めてほしい。欲しい生き物が飼える生き物というわけではない」と訴える。

無計画から殺処分

 「動物がいるにもかかわらず、ペット飼育不可の場所に転居を決めてから相談にくるケースも非常に多い」。動物の引き取りと里親探しを行っている神奈川県動物愛護協会(横浜市港北区)の山田佐代子会長(51)は嘆く。

 協会に寄せられた21年度の犬の保護依頼は399匹。順番待ちのため、保護できたのは60匹にとどまる。保護できない犬の中には殺処分の道をたどるものもおり、飼い主の無計画の犠牲だ。持ち込まれる犬種はさまざまで、最近はダックスフンド(JKC登録名)が多いという。

 また、病気のため手放される犬も多いという。山田会長によると、避妊・去勢手術は乳腺がんや前立腺肥大などの病気のリスクを軽減する。「病気予防のため、麻酔に耐えることができる健康で若いときに手術しておくことが有効です」とアドバイスする。

                   ◇

【用語解説】動物愛護管理法

 動物の愛護及び管理に関する法律。動物の虐待などの防止についての法律で、昭和48年10月施行。5年を目安に改正が定められており、環境省は平成24年の法改正に向け、今年6、7月に開かれた中央環境審議会動物愛護部会で小委員会を設置、審議を進めている。10月19、20日予定の小委員会では「動物取扱業の適正化」について審議が行われ、深夜販売▽販売時間▽移動販売▽インターネット販売▽犬猫幼齢動物の販売日齢-など7項目に関する規制について協議される。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100928/sty1009280821002-n1.htm

生まれた時からぬいぐるみを抱いて寝るネコ

7fca61fceb84492dae9cde1d3a1ce2dd

以前、イモムシのような姿をしたイモムシネコが人気を博したが、今回ご紹介するネコも信じられないほどキュートだ。

生まれて間もない頃から愛用しているぬいぐるみを手放さないネコの画像が人気を呼んでいる。どうやらこのネコ、お気に入りのぬいぐいみがないと眠れないらしい。この画像にインターネットユーザーたちは、「かわいいすぎる!」と大絶賛している。

ネコの画像は画像共有サイト『imgur』に公開されたもの。公開からわずか数時間で20万回以上閲覧され、またたく間に人気の動画となっている。生まれたばかりの時はぬいぐるみと変わらない大きさのネコだったはずが、今ではすっかり大きくなっている。まるでぬいぐるみの方が小さくなってしまったようにも見える。それでも大事そうにぬいぐるみを抱えて寝る姿は変わらない。この画像を見たインターネットユーザーたちは、次のように感想をコメントしている。

「かわいい!」
「かわいすぐる!」
「大きく成長したね」
「ワオー!!」
「あのときと今」
「うちのネコもこんな感じ」
「幸せそうだな、おい」
「異常なほどかわいい」
「もしもあなたが悪いときをすごしているのなら、
そのすべてはきっと良くなる。この写真が時の流れを教えてくれる」
「モフモフ」
「感無量!」
「ダメだー、今日の戦意喪失」

どうやら、あまりのかわいらしさに感激しているようだ。このネコが生まれてからどれだけの月日が流れたのかは不明だが、きっと一生ぬいぐるみを抱いて寝るのだろう。

最近は話題になっている動物ニュースが多く、『ビールを飲むクマが動物園の人気者』や『どうしてこうなった? 猫の写真を撮ったら首がなくなった』、『癒やされワンコの大冒険』、『少女によって川に投げ捨てられた子犬が75歳の女性に救出されていた』などのニュースが注目を集めている。

Screenshot from imgur.com.
This image is used in accordance with copyright law number 32.

(MSNトピックス、ロケットニュース24、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=400473

犬の熱中症、例年の2倍以上…鼻低い種は注意

 いっこうに和らぐ気配のない今夏の猛暑で、熱中症にかかる犬が急増している。

 例年の2倍以上の犬が運ばれている動物病院があるほか、路上で死ぬ例も出ており、獣医師らは注意を呼びかけている。

 兵庫県明石市の県獣医師会夜間救急動物病院では今夏、熱中症の犬を診察したケースが疑い例も含めると、8月中旬時点で約20件に上り、例年の2倍以上となっている。

 同病院によると、犬はほとんど汗をかけないため、息を吐き出して体温調節をする。炎天下で体温が急激に上がれば、意識障害を起こして死に至る可能性もある。

 中でもパグやブルドッグといった「短頭種」は鼻が低く、気道が狭いため、危険性が高い。広島県三原市では15日夕、迷い犬とみられるフレンチブルドッグが道路脇で倒れているのが見つかり、熱中症で死んだ。

 アニコム損害保険(東京)によると、今年7月、犬の熱中症で、ペット保険「どうぶつ健保」給付請求が107件(昨年83件)あった。

 同病院の浜谷泰孝獣医師は「息が落ち着かない時や、いつもより体温が高いと感じたら特に注意してほしい」と話す。予防策として〈1〉全身を水でぬらす〈2〉エアコンで室内を27~28度に保つ〈3〉ペット用の冷却グッズを活用する――などが効果的だという。

(niftyニュース、読売新聞、http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20100830-00648/1.htm

プリウス暴走はねつ造?被害男性「でっちあげ」疑惑浮上

 トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」などが急加速したという報道が米国で連日大きなニュースとなったが、ここにきて「でっちあげ」や「ねつ造」の疑いが相次いで発覚している。

 米カリフォルニア州でプリウスが急加速し減速しないとされるトラブルをめぐり、米メディアは、この車を運転していた男性の行動に疑惑が浮上していると相次いで伝えた。一部のジャーナリストは「でっち上げだ」と指摘した。

 男性は同州サンディエゴで8日、警察に通報。駆けつけたパトカーがプリウスの前方に立ちふさがる形で強制的に停車させ、全米でその映像が大きく報じられた。

 男性は通報でブレーキを踏んでも加速し続けたと訴えたが、プリウスはアクセルとブレーキを同時に踏むとエンジン出力を低減する仕組みが導入されており、男性が主張した現象は構造上起こり得ないことが判明した。

 タイヤへの動力の伝達を遮断するため、ギアの位置をニュートラルに変えるように警察が繰り返し求めたにもかかわらず、男性は無視し続けた。この点について、事故を誘発しようとしていたとの疑念も持ち上がった。男性が金銭に困っていたとの報道もある。

 事故直後にトヨタを訴える意向を示していた男性は「訴えるつもりはない」と話した。

 一方、米大手ネットワークのABCテレビは、電子制御システムの異常でトヨタ自動車の車に急加速が発生する実験を放送したニュースで、映像を不適切に編集した「誤り」があったことを認めた。

 ABCは2月22日、電子制御システムの欠陥がトヨタ車のエンジン回転の急上昇を招く恐れがあるとする、南イリノイ大の准教授による実験の様子を放映。急加速するトヨタ車の映像と同時にエンジン回転数の急上昇を示すタコメーターの映像を盛り込んだ。しかしタコメーターの映像は実際には停止状態のトヨタ車のもので、急加速するトヨタ車とは無関係だった。

 また、11日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、トヨタ車の急加速の原因を「ブレーキとアクセルの踏み間違えだ」とする心理学者、リチャード・シュミットカリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉教授の寄稿を掲載した。

 同教授は、今回の急加速の背景について「ブレーキを踏むつもりでアクセルを踏む運転者によって頻繁に起きることにある」と説明。原因に疑われる電子系統の欠陥ではなく、「人的要素」を指摘した。

 そのうえで、アクセルをブレーキと踏み間違えた結果、加速に驚いてさらにアクセルを踏み、車がますます急加速して事故に至る-という仮説を紹介。「(ノイズの多さなどから)人は意図するのと違う行動を起こす場合もある」としている。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100313005/1.htm

イヌ・ネコ肉の食用禁止

 中国政府は4月、中国で初めて動物保護を明記した「反動物虐待法案」を全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に提出する見通しとなった。法案には中国内で広く流通しているイヌとネコの肉の食用禁止の文言が入っており、「犬肉料理」で有名な江蘇省徐州市などでは衝撃が走っているという。

 中国の地方紙「重慶晩報」などによると、法案には、イヌやネコの肉を食べたり、販売した個人には5000元(1元=約13円)以下の罰金と15日以下の禁固に処せられるほか、企業や団体の場合は1万元以上50万元以下の罰金に処せられるという。

 イヌやネコの肉を食べるのは中国だけでなく、イヌ肉は韓国、ネコ肉はベトナムなどで食されているが、中国政府は昨年夏、北京五輪を開催するに当たり、世界中の人々が中国を訪問することから、市場での取引を中止する通達を出していた。また、中国では急激な経済発展から、生活水準も向上し、イヌやネコをペットとして飼う人々も増えていることから、「イヌやネコを食べるなんて、野蛮な風習だ」との声も高まっている。

 法案の起草責任者である中国社会科学院法律研究所の常紀文教授が起草前にインターネットや電話を通じて広く意見を求めたところ、イヌ・ネコ肉の食用反対の意見が大多数だった一方、「人間の権利と福祉も保障されていないのに、動物の権利を擁護するなんてばかげている」との意見も寄せられたという。

 とりわけ、「犬肉料理」が有名で、関連産業に10万人以上が従事し、年間の売上額が10万元以上に上っている江蘇省徐州市沛県では「人間の生活が侵害される」などと反対の声が高まっている。

 同県の「犬肉料理」は2000年以上の歴史を誇っており、漢の高祖・劉邦も宴会で、客に饗応するなど毎日食べたと伝えられており、昨年、江蘇省の無形文化遺産に登録。地元で養殖された犬肉は日本やロシア、韓国、シンガポールなど海外にも輸出されているという。

 常教授は「イヌやネコは人間の友であり、食用を禁止することで、中国が新たな文化レベルに達したことを内外に知らせることに通じる」などと指摘している。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/world/china/100311/chn1003110908003-n1.htm

肥満の人が飼うと犬も肥満?

英国出身のドッグトレーナー、ビクトリア・スティルウェル氏が「肥満の人が飼う犬は、肥満になりやすい」と語ったというニュースが紹介され、ネットの愛犬家の間で話題になっている。「それってうちのこと?」「最近は気をつけてあまり甘やかさないようにしている」「愛犬を見られて飼い主の肥満を見抜かれないよう気をつけましょう」など、痛いところをつかれてドキっとした人も多いようだ。

「最近は室内犬と称して、家の中にずっと生活する犬が増えていますが、これは犬にとっては、不自然なこと。外での遊びや散歩、トレーニングをやらせることが必要」(BIKEあれこれ)と、犬にも適度な運動が必要という意見は多い。そして犬の肥満は、「骨や心臓などの臓器が圧迫されるため、人間以上に問題が大きい」というから深刻だ。

「犬の肥満は飼い主の怠慢」という指摘は、手厳しいがその通りという『ワンコのしつけ方』のブロガーは「犬を飼う事は、ある意味人間のエゴでもあります。せめて犬にとって自然に近い形で活動させるようにするという配慮こそが、犬への愛情であり、飼い主の義務だと思います」と語る。

ニュースでも「運動不足により、噛み癖や無駄吠えなどの問題が引き起こされる」と紹介されている。慢性的な運動不足でストレスをためると、肥満はもちろん生活習慣病の原因になるのは、人間だけでなく犬もまた然り。人間もペットも健康で長生きするために、毎日の生活を少し見直してみてはどうだろうか。

(めがねこ)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/cocolog-20100301-bl-1002251335/1.htm

猫が寒がりなワケ

冬本番も間近となり、日に日に朝晩の寒さが厳しくなる今日このごろ。そろそろ暖房やストーブを入れ始めた方も多いのではないでしょうか?

猫ちゃんと一緒に暮らしている方はよ~くおわかりかと思いますが、猫ちゃんにとってもこの時期はソワソワする季節。そう、猫のだ~い好きな「コタツ」が登場するからです!

うちの猫もそうなのですが、コタツがリビングに設置されると、もうその日からコタツの中から出てきません! そんなに気持ちがいいのかと、試しに私もコタツの中にもぐってみたのですが、これが暑くて息苦しい!

昔から猫はコタツで丸くなっているものと相場は決まっていますが、こんな環境に一日中いるなんて、猫ってどんだけ寒がりなの!?

…ということで、どうして猫はこんなに寒がりなのか 当コラムのご意見番、伊豆高原ねこの博物館館長で、ネコ科動物研究の権威である今泉忠明さんに伺いました。

「一般的に猫の寒さが苦手という性質は、猫の先祖でアフリカ北部に生息していたと考えられているリビアオオヤマネコにまでさかのぼるといわれています。もともと暑い地域で生まれた動物なので、長い年月をかけて複雑に交配が進んだ今でも、猫には寒さに弱いという性質が残っているのだと考えられているんです」

では、猫はすべて寒さに弱いということなんですか?

「いいえ、一概にそうとは言えません。1万年近い年月を経て、アフリカから世界中に広まった猫のなかには、その土地の風土気候に合ったものが生き残ってきた結果、体格や性質が変化してきたものもいます。例えば、タイ原産のシャムやそこから人間による交配で生まれたオリエンタルなどの南方系の猫は暑さに適応して、スリムで顔が小さく、アンダーコートといわれる下毛がない体質になり、逆に寒さの厳しいノルウェー原産のノルウェージャンフォレストキャットは、毛の量が多く、空気を含みやすいアンダーコート(下毛)と、防水性の高いカバーコート(被毛)の2層構造の毛を持っています」

なるほど。猫も住む場所によって、独自の進化を遂げてきたというわけですね。ちなみに、三毛猫などの日本猫はどうなんですか?

「日本猫はもともと中国から渡ってきた猫で、日本で独自の進化を遂げた猫だといえます。四季のある日本で暮らす猫ですから、暑さ、寒さに対する適応力に優れているといわれています。そういえば私も、冬の北海道で、外を走りまわる猫を見たことがありますよ」

日本の猫はある意味、洋猫よりたくましいってことなんでしょうかね~。なんだか誇らしいです! ウチの猫も思い切って空の下に放り出してみたら、寒がりを克服できるかもしれません。

もちろん、親バカの飼い主としては、かわいそうでそんなことできないんですけどね。
(R25編集部)
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/r25-110000007914/1.htm

サモア地震

先日サモアを襲った大規模な地震。スマトラやバヌアツ地震も立て続けに起こっていることもあり、生々しい記憶です。サモアは独立王国ですが、司法はニュージーランドが取り締まっているせいか、連日のニュース報道にて被災地の様子が流されています。犠牲者の方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復旧を祈ってやみません。

ところで今回、地震直後に発生した津波の影響で、飼い主とはぐれた犬は3,000頭にものぼるといわれています。 

ニュージーランドMAF(農林水産省)と SPCA の代表が早速現地に飛び、WSPA のコーディネーターとおちあわせて動物たちの救済プランがたてられました。飼い主とはぐれてしまったペットの保護はもちろんなのですが、被災地の約80%が酪農に生計を頼っていたということもあり、経済の復旧も視野に入れての救済活動となりそうです。

津波の被害を免れたペットの犬が、あとかたも無くなった自宅跡でもう決して帰ってくることはない飼い主を待ち続けています。逆に可愛がっていたペットを亡くしてしまったある少女がインタビューで、「お友だちがいっぱいいるところにいるから、心配しなくていいと愛犬が訴えかけてきている」と答えていました。スピリチュアルな繋がりを重んじる、サモアの人々ならではのエピソードです。もちろんそんな風に、飼い主との繋がりが深いペットもたくさんいますが、ほとんどの場合お互いの生活空間に立ち入らない、いわゆる「放し飼い」がサモアの一般的なスタイル。普段は人間の残飯で生活していた犬たちでしたが、現在人間たちは救援物資のみに頼って生きており、残飯が出なくなってしまった今、お腹をすかせた犬たちが島内にあふれています。WSPA は急遽、ニュージーランドMAF や SPCA の協力のもと、それらの犬たちの食糧確保に奔走しています。

サモア沖が震源地という地理的な理由から、今回私たち家族は一応大事をとって「避難」という経験をしました。津波警報が出されていたのです。危険度のレベルは非常に低いものではありましたが、今回そういった災害に対する準備の大切さを認識させられる機会となりました。「マイクロチップが犬たちにはいっていて本当によかった」これが最初の感想です。

地震をはじめ災害が私たちの生活を襲ったとき、報道は被災地の悲惨さを伝えてくれますがその裏側には必ずペットをはじめとした動物の犠牲もあります。今回のサモア地震、マイクロチップの普及率はほとんどゼロと言っても間違いはないと思うので、犬たちが元通りの生活に戻ることができるまで時間と支援を要しそうです。

うちは絶対大丈夫、なんて言葉ほど災害に関して頼りにならないものはありません。いざというときに供えて、ペットの防災訓練とマイクロチップ。考えなくてはいけないなと思いました。
(dog actually、nifty)

“にゃんドル”

本屋にずらりと並ぶ猫の写真集。最近なんだか多くなったと思いません?

ひと昔前までは、血統書付きのキレイな猫ちゃんを美しく撮った写真集しかなかったように思うのですが、最近では特定の猫を撮影した、いわゆる“にゃんドル”写真集が続出しています。

でも、このにゃんドルたちって、いったいどうやって世に出てきたか、知ってます? 人間界でアイドルになるには、オーディションを受けたり、雑誌の読者モデルをしたり…といろいろな方法があるけれど、猫のアイドル業界はいったいどんなふうになっているんでしょう?

というわけで、今ネットや雑誌で人気のにゃんドル、「はっちゃん」の飼い主でプロカメラマンの八二一(藤原なつみ)さんに、はっちゃんのサクセスストーリーを聞きました!

はっちゃんは小さいころからにゃんドルとして活動していたんですか?

「実ははっちゃんは、もともと神戸の公園に住んでいた猫なんです。たまたま出会ったときにかわいいな~と思って、それ以来写真を撮りに通っていたんですが、ノラ猫を保護するボランティアの人に“そんなに好きなら、一緒に暮らせば?”って言われて、思い切って飼うことにしたんです」(藤原さん)

ノラ猫からにゃんドル!? いったいどうして、そんな華麗な転身ができたんでしょう?

「まさか、はっちゃんがアイドル猫になるなんて、思ってもみませんでした。ただ、毎日はっちゃんを見ていると、びっくりするほど面白いんです。ベッドからはみ出して、落ちそうになりながら寝ていたり、体がねじれたようなポーズでくつろいでいたり…。変キャラなんですね(笑)。あんまり面白いので、1日1枚、はっちゃんのオモシロ写真をブログで公開したら、どんどん人気が広まって、テレビや雑誌で紹介されるようになったんです」

ブログに写真をアップするだけなら、ウチの猫でもにゃんドルになれるってことですか!?

「はっちゃんが人気者になった理由は、やっぱりあのなんともいえないキャラだと思います。にゃんドルを目指すなら、他の子とは違う、うちの子だけの個性や特徴を押し出
していくとよいと思います」

やっぱりアイドルになるのに欠かせないのは、凡人にはない「濃いキャラ」。まさに人間のアイドル界と同じですね!

飼い猫をにゃんドルにするには、飼い主のプロデュース能力が問われるようです。「ぜひウチの子もにゃんドルに!」とお考えの皆さん! まずは他の凡猫に負けない、卓越したキャラを見いだすところから始めてみては?
(R25編集部、nifty)

母性が目覚めちゃった

Viewrcdc20090620007world

2009年6月16日、黒龍江省牡丹江市在住のある市民が飼っているイヌには、なぜかいつも1羽のヒヨコがぴったりと寄り添っている。チャイナフォトプレスの報道。

このヒヨコは1週間前に誕生したばかりのところを、イヌの飼い主に見初められてこの家にやって来た。この愛らしい“新参者”にイヌがヤキモチを焼くことも多少心配されたが、実際はまったくその逆の結果となった。無邪気であどけないヒヨコの姿にすっかり魅了されたこのイヌ、みるみる母性が目覚めてしまったようなのである。

以来、寝ても覚めてもぴったりと寄り添っている2匹。そのほんわかした光景に周囲の人々もすっかり癒されている。
(翻訳・編集/愛玉)(nifty)

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30