無料ブログはココログ

心と体

夫の浮気を見破る賢い妻の4つのテクニック

 「旦那様の帰りが最近やけに遅い」「携帯電話を妙に気にして、頻繁にいじっている」「今まで服の見立ては妻任せだったのに、『自分で買った』という服が増えてきた」……。こんな「何かがいつもと違う」雰囲気を察知した時、もしかすると、旦那様の浮気が密かに進行しているのかもしれません。そんなとき、あなたはどうしますか?

 自分の勘だけで実家を巻き込んで大騒ぎしたり、旦那様を詰問したりするのは得策ではありません。「妻にばれたかも……!」という思いが反省につながり、「やっぱり浮気は止めよう」と不倫の収束に向かうならいいのですが、多くの場合はそうなりません。よくあるのは、完全否定+ますます慎重に浮気を進める潜航パターンに進化。あるいは「俺が信用できないのか」と逆切れし、「そもそもお前の家事が下手で……」と妻を責める居直りパターンに変化。あるいは追い込まれた勢いで一気に夫婦関係の解消にまで飛躍し、「お前への気持ちはなくなったからもう離婚したい」と具体的な離婚話に発展しまうなど、妻にとって望ましくない方向に進んでしまいます。

 そこで、おすすめしたいのは、「もしや?」と思った時の冷静な対応。まずは妻の勘が当たっているのかどうかを検証するために、冷静に情報収集することが大切です。では、どんなポイントを見れば、夫が浮気をしているかどうかがわかるのでしょうか? 今回は、その見破りテクニックを具体的にご紹介しましょう。

■【観察ポイント1】帰宅時間&泊りがけの出張や休日出勤

 浮気相手と過ごす時間が増えるほど、家庭で過ごす時間が減ります。そうなると、まずは毎日の帰宅時間が遅くなりがちに。また、泊りがけの出張や休日出勤の回数が急に増えるような時も要チェックです。休日出勤や泊りがけの出張は、会社にとっては「経費増」になることですから、この不況のご時世ではどんな会社も、基本的には避けたいはず。確たる理由もなしに、ずるずると休日出勤や時間外労働時間数が増えているとしたら、ちょっと注意してみましょう。休日出勤や残業時間数などは給与明細に明示してあるところも多いでしょうから、旦那様の申告回数と給与があっているかどうかチェックしてみるのもいいかもしれません。

■【観察ポイント2】服装、持ち物

 恋人ができれば、自然と身だしなみを整えオシャレに気をつけるようになるのは、老若男女を問わず見られる傾向です。また、頻度としては多くないかもしれませんが、相手からもらった服や装飾品、雑貨などを身につけている場合もありますので、自分が買った覚えのないものがあったら、さりげなくチェック。また、「汚れるから」などの必然性のない理由で、結婚指輪をはずしているシーンが増えるのも、危険信号と判断できるでしょう。

■【観察ポイント3】携帯電話

 限られた人しかそれを持てなかった20世紀と、所持が当たり前になった21世紀では、浮気のスタイルが大きく変わるほどの影響力がある携帯電話。今では、夫の不審な行動を携帯電話チェックで確認するスタイルが、大変多くなりました。しかし、安易な携帯チェックは、妻自身が夫からの信頼を失うきっかけにもなりますし、自分の浮気を棚に上げ、妻の盗み見を糾弾するという反撃機会を夫に与えてしまうことにも。また、一度チェックし始めると、常に見ずにはいられないような一種の「依存症」的な心理になってしまうことも注意しなくてはなりません。

 携帯電話会社から来る請求の明細書を確認すれば、通話時間やパケット使用量の変化を確認できる場合もありますので、まずは、その辺りから確認してみるのがおすすめです。

■【観察ポイント4】出費・クレジットカード

 浮気をすれば、どこかへ出かける、食事をする、お酒を飲む、ホテルを利用するなど、おカネがかかることがいっぱいです。金遣いが荒くなったり、お小遣いが足りないと訴えてくるようなときは、何に出費をしているのかをまず確かめてみましょう。また、もしクレジットカードの明細書を見るチャンスがあるならば、どこで利用したかをチェック。店舗名や日付に見覚えがないようなら、それが浮気と結びついたものかもしれません。


 ここまで代表的なものを上げてきましたが、どれを確認するにしろ、最初から「絶対に浮気に違いない」と思いこんだり、こちらが疑念を持ってチェックしていることを表情に出すのは得策ではありません。私が提唱するモンスターワイフです。「浮気の証拠が一つでも見つかれば、即離婚!」というのならばともかく、基本的にはふたたび夫婦仲良しを実現したいと思っているのなら、疑っている様子を見せるより、まずは静かにその様子を見守りましょう。

 どうして夫の浮気に腹が立つのか自己分析をするのが一番の重要点です。夫を愛しているから? さほど愛してはいないけれど相手に取られたという悔しい思い? 女性のプライドと嫉妬心? これらが融合されて怒り爆発しているのなら、まずトーンダウンして、己を見つめてみてください。

 浮気という「よそ見」をするに至った原因をしっかり見極め、まずはそこを改善することが賢い妻の対応だということを、どうぞお忘れなく!

(nifty,All About、http://news.nifty.com/cs/item/detail/allabout-20101025-20101025-2/1.htm)

「引きこもり」脱出は不可能ではない!

 一口に「引きこもり」といっても、様々なタイプがいることは、これまでも述べてきた。その中でも、年々深刻化しているといわれているのが、自宅や自分の部屋などから、まったく出られないタイプだ。

 彼らの中には、何年か経てば、自分から「引きこもり」を抜け出す人もいるし、「不安障害」系の軽い精神疾患を患っているだけの人もいる。しかし、長年にわたって引きこもり続けるなどの重度の精神疾患が疑われるようなケースになると、家族から「どこに相談したらいいのか」「どうやって診療につなげたらいいのか」というような話をよく聞く。

 一般的に、本人が自ら医療機関に出向かなければ、状態を診療してもらうことはできない。行政機関や民間の支援団体に家族が相談しても、「対応できない」「年齢が対象外」といった理由からタライ回し状態にされることもある。こうして、本人も家族も長年、社会から置き去りにされたまま、高齢化だけが進んできた。

 そんな「引きこもり」の重い症状の人たちを対象に家庭訪問を行い、その結果、彼らの大半が地域で就労など社会的に自立した生活を送れるようになるほどの高い効果を上げているのが、静岡県浜松市にある「ぴあクリニック」(精神科)の新居昭紀院長を中心とするPSW(精神保健福祉士)と近接する「訪問看護ステーション不動平」(精神科専門)サポートチームだ。

「我々が扱うのは、医療が途切れて引きこもってしまった人や、気がついたら呼吸困難な重度の精神障害になっていた人たち。我々が往診専門という形で関わりを始めなければ、彼らは社会から置き去りにされてしまう。そんな埋もれた人たちがたくさんいると実感したのです」

 こう振り返る新居医師は元々、近くにある総合病院の院長だった。そもそも、病院を退職後は、悠々自適の生活を送ろうと思っていたのに、自分がかつて受け持っていて治療が少しもうまくいかず、医療が中断し、地域に埋没していた患者に何らかの訪問支援をしようと、看護師の妻と2人でボランティアを始めたことがきっかけだったという。

「入院した精神障害者は、一旦、退院すると、本人がどんな状態になろうとも、家族に委ねられてしまう。病院からいわせれば、地域や福祉体制が面倒を見ればいいという発想だからです。しかし、彼らは自宅に帰されると、自閉、無為になり、布団を被って寝ているのが実態。重い人たちほど、退院後のサポートが大事なのに、何もされていないケースが多いのです」

 こうした彼らの存在を見過ごせなくなった新居医師らは、2004年4月に、「カンガルークラブ」という訪問型支援のボランティアグループを設立。当初は「面白くて、ハマっていた」活動が、次第に共感を呼び、対象者が40人近くまで増えてしまったという。

(続きは ダイヤモンドオンライン で)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/diamond-20101008-09/1.htm

意外と禁煙は楽!?

 トレンダーズが10月1日からのたばこ増税にあたり、30~40代の“禁煙成功体験”を持つ男女500名を対象に「禁煙に関する調査」を実施した。禁煙の秘訣とは?

 たばこの税率引き上げに伴い、禁煙にチャレンジする喫煙者が増えそうだ。そこで、既に禁煙に成功した男女に禁煙成功の秘訣について調査した。まず、「禁煙を始めてから成功するまでに、どのくらいの期間がかかったか聞くと、「0日」と答えた人が55%で「一発で禁煙に成功した」という人が半数以上であることがわかった。一方、27%とおよそ4人に1人が「30日以上」という結果となった。

 そこで、「禁煙は辛かったか?」という質問をしたところ、「辛かった」と答えた人は36%。一方で64%の人が「辛くなかった」と回答。「辛くなかった」と答えた人の理由としては、「あまり構えずに始めて、ダメならまた吸えばいいしと思っていたので(40歳男性)」「代替の習慣を見つけることができたので辛いというほどの物でもなかった(46歳男性)」「生活環境が変わって気持ちが切り替えられたから(35歳女性)」など、「気持ちの持ち方・切り替え方」に関するものが多くあがった。

 実際に禁煙に成功して、どのようなメリットがあるのだろうか。「タバコをやめて最も『良かったと思うこと』は何か?」と聞くと、最も多かったのは、「出費が減った」(39%)。続いて「体調が良くなった」(21%)、「ご飯が美味しくなった」(10%)、「家族が喜んだ」(9%)の順となった。また女性を中心に「肌の調子が良くなった」(6%)、「歯のヤニが気にならなくなった」(4%)という回答も見受けられた。

 「禁煙中に、イライラやストレスを感じることはあったか?」という質問に対して、「あった」と答えた人は54%と半数以上に。そこで「タバコを吸えずに『口寂しい』と感じたとき、どのように対処したか?」と聞くと、「ガムを噛む」(43%)、「飲み物を飲む」(33%)、「アメをなめる」(31%)、「甘いものを食べる」(14%)といったものが多くあがり、飲み物を飲んだり、甘いものを口にしたりすることで、口寂しさを解消した人が多い、という結果となった。

 さらに「口寂しいときに飲んだ飲み物」としては、「コーヒー」(67%)、「お茶」(52%)、「ミネラルウォーター」(28%)、「ジュース(果汁入り飲料)」(21%)、「紅茶」(19%)の順となり、「コーヒー」以外にも「お茶」や「紅茶」を飲んだ人も多いことがわかった。

 タバコをやめることのメリットは大きいものの、問題はタバコを我慢することによるストレスだ。精神科医の香山リカ氏は、タバコをリラックスツールとしている人が多いため、別のリラックス方法を見つける必要があると語る。効果的なリラックス方法としては、“飲み物を飲む”等の方法がお勧めだといい、特に紅茶はテアニンというリラックス効果のある成分を含んでいるため、効果的であるとコメント。

 また紅茶の飲み方として香山氏は「濃い目にいれた甘い紅茶をゆっくりと飲むことをお勧めします。吸い終えるまで一定の区切られた時間を持てることが、タバコから得られるリラックス効果の重要な要素となっていますので、飲み物に関しても、ただ飲むだけでなく、一定の時間をかけ、ゆっくりと飲むことで、より高いリラックス効果が見込めます」と語っている。

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=415817

心を折らない老親の叱り方

 近ごろ「叱(しか)り方」で悩む中高年サラリーマンが多いらしい。といっても、それはあくまで職場での話。家に帰れば帰ったで、老いた親には手が焼ける。部下や若手社員なら、厳しく査定すれば済むが、自分の親はそうはいかない。

 親はまだピンピンしているし、ボケる気配もない。だから、まだ彼らの好きにさせて大丈夫。ましてや、自分を育ててくれた親なのだ。

 中高年サラリーマンなら、そう思うだろう。でも、これがいけない。

 自分の思い通りにならないとすぐキレる、突拍子もない行動に出るなど、“暴走老人”が一時話題になったが、子供が老親を叱らないことも無関係ではない。親の暴走を子が見過ごすと、不幸になるのは親の方だ。

 シニアライフアドバイザーの松本すみ子氏がこう言う。

「元気な老人ほどプライドが高く、老いたことを認めたくない。家族とは価値観が同じに見えても、定年退職などで、社会との関係が希薄になっていることに気がつかない。だから外では、自分の思い通りにならないと、カッとなってしまうのです」

 高齢者の万引(検挙・補導)が、20年で7倍と急増した。89年には3987人だったが、09年は実に2万7019人。この間の高齢者人口の伸び(2倍)を上回った。検挙・補導者に占める割合も、4.1%→23.9%にまで増加。4人に1人が高齢者なのだ。

 もしあなたの親が、警察の世話になったらどうする? 子にとってショックは大きい。孫や親戚への影響、近所などの世間体もあるだろう。が、親に非があるなら叱って当然。肝心なのは、どう叱るかだ。

「〈なぜこんなことをしたのか?〉と、頭ごなしに叱るべきではありません。これでは、〈誰にも大切にされていない〉〈何の役にも立っていない〉と心が折れてしまい、かえって逆効果。〈自分が育てた子まで何を言うんだ?〉と、子どもにまで猜疑心(さいぎしん)を抱いてしまう親もいます。そのハードルを下げるためにも、まずこちらから、〈どうしたの? 大変だったね〉と同情することから始める。そうしないと、親でも心を開いてくれません」(松本氏=前出)

〈初めてのデートは、相手に正対するより隣に並ぶほうが緊張しない〉

 心理学ではこう言われるが、親を叱るときも同じこと。そして〈叱る〉というより〈質問〉をして、その答えを聞く。ビジネスの〈コーチング〉に似た手法だが、老いた親を「どうせ自分は」と絶望させないことが大前提。〈叱る=大事にしている〉と思わせることだ。

●「敬老の日」だから考えたい

 親が老いるほど、これまでならオッチョコチョイと笑えた些細(ささい)なことも、子にはストレスになってくる。でも、なんでもかんでも目くじらを立ててはいけない。

 腕力の衰えで、わずかな力でも閉まっていた冷蔵庫のドアが、最近、開きっぱなし。こんな光景がよくある。「また開いてるじゃないか!」と頭ごなしにとがめるのはNGだ。プライドが高い親は、「私は絶対閉めた!」と怒る。こんな日常のギクシャクが、妻や孫まで巻き込み、家族仲を壊すのだ。

 今月20日は「敬老の日」。長年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日だ。両親にごちそうしたり、プレゼントを渡したり、祝い方はさまざまだろう。

 これを機に「叱り方」も考えてみては?

●「今すぐ飛び降りろ!」って…

 ワタミ会長の渡辺美樹氏は、ビルの8、9階での会議中、〈いますぐ、ここから飛び降りろ!〉と、部下に平気で怒鳴るという。ネット上では、〈パワハラだ〉などと話題になった。

 渡辺氏は、〈叱るときにも、根底にあるのは「好き」という感情で、好きでなければ叱る資格はない。「辞めろ」と言ったことは1回もありません。社員が好きだから、絶対に辞めてほしくないんです〉とも述べている(「プレジデント」9月13日号)。

〈心のままに叱る〉からこんな言い方になるらしいが、親には使えない。

(日刊ゲンダイ2010年9月15日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000125657/1.htm

健康に関する12の通説を検証

一日リンゴ一個で医者いらずとか、ガムを飲み込んだら体内から出るまで7年かかるとか、よく耳にしますが、本当なのでしょうか? 「Real Simple」では、このような健康に関する12の通説を検証しています。

1:パンの耳にはビタミンがたくさん含まれているので、食べた方がいい

2002年にドイツで行われた研究によってわかったことがあります。それは、パンを焼き上げるプロセスで、がん細胞と戦う抗酸化物質が生まれるということです。そして、それがパンの耳の部分には、その他の部分の8倍含まれています。しかし、耳を残すかどうかより大事なことは、普通の食パンより栄養価の高い、全粒粉のパンを選ぶことだそうです。

2:髪が濡れたまま外気に触れると風邪をひく

確かに濡れ髪で外に出ると、頭がスースーしますよね。でも、それだけが原因で風邪をひくことはないのだそうです。イギリスで、髪の毛を濡らさないグループと濡らしたグループで、風邪を引きやすいかどうかの実験をしたところ、差は出ませんでした。ということで、頭が濡れているというだけでは、風邪はひかないようです。

3:寄り目をしていると、そういう目になってしまう

眼科医によると、ふざけて寄り目ばかりしていて、完全に寄り目になってしまうことはないとのことです。ただ、子供がよく寄り目をしているのであれば、ふざけているだけではなく、その他に目の問題がないか、チェックする必要があるそうですよ。

4:風邪をひいたら食べた方がよくて、熱があるときには食べない方がいい

風邪でも発熱でも、食べて水分をとることが大切で、特に水分は重要です。ちなみに、よく、熱があったら、ポカリなどの電解質の飲み物を飲んだ方がいいといいますが、嘔吐や下痢などで体内の水分がたくさん出てしまったとき以外は、普通の水でも十分だそうです。

5:ガムを飲み込んだら体内に7年とどまる

実際のところ、そんなに長くはかからないようです。小児科医によると、子供が誤飲してしまうような異物は、たいてい数日で体外に出るそうです。

6:一日一個のリンゴで医者いらず

確かにリンゴは栄養価が高く、いろいろな病気を防ぐ働きがありますが、リンゴよりもっといいものがありました。それは、ブルーベリーです。ブルーベリーには、抗酸化物質、食物繊維がたくさん含まれています。毎日手の平いっぱいぐらいのブルーベリーを、シリアルやヨーグルトに混ぜて食べれば、心臓病、高血圧、糖尿病の予防になりますよ。

7:人間は身体の熱の75%を頭から逃がしている

この数値がどこから出てきたか想像すると、おそらく赤ちゃんの頭と身体の割合からでしょう。大人の場合では、75%ではなく10%程度だそうです。ちなみに、身体の熱は、頭だけでなく皮膚がむき出しになっている、手足や襟元からも逃げていくので、寒い季節には頭だけでなく、マフラーや手袋で皮膚を覆いましょう。

8:しゃっくりが止まらないときには、びっくりさせてもらうといい

しゃっくりに関してはこの他、息を止める、上を向いて水を飲む、などといった方法についても、医学的な効果は証明されていません。ひとつ、20人中19人のしゃっくりが止まったという方法を紹介すると、それはグラニュー糖を小さじ一杯飲み込むというものです。今度しゃっくりが止まらなかったら、試してみてくださいね。

9:魚を食べると頭が良くなる

DHAは脳の発達にいい働きをするので、これは3、4歳までの子供には当てはまるようです。毎日DHAのサプリを与えられた、4歳児の語彙力と理解力は向上したというデータもあります。大人ではむしろ、心血管疾患の予防として魚を食べた方がよさそうですね。

10:食後1時間は泳がない方がいい

食後は血流が筋肉から消化器系に移動するので、食後すぐに運動するとおなかが痛くなる、という説が生まれたのかもしれませんが、医学的な裏付けはないそうです。食後は泳ぐエネルギーが低いと感じるかもしれませんが、避けなければいけないほどではない、とのことです。

11:すべての子供はマルチビタミンを摂取しなければならない

最初の一年を母乳で育てられた子供は、十分にビタミンDを摂取できているので、その後マルチビタミンを飲まなければいけない、ということはないそうです。でも、好き嫌いのある子供には、ビタミン剤を飲ませて安心したいのが親心ですよね。それはもちろんいいのですが、飲ませなければいけない、というわけではないそうです。

12:温かい牛乳を飲むと眠りにつきやすい

牛乳には少量のトリプトファンという、アミノ酸の一種が含まれています。これは、七面鳥にも入っているもので、眠気を誘うものではあるのですが、眠くなるために牛乳を飲むとしたら、バケツいっぱいぐらいの量が必要になってきます。温かい牛乳を飲んで眠くなるのだとしたら、それはプラシーボ効果だと、アリゾナの心理学者は言っているので、気持ちの問題のようです。

The truth about 12 health myths [cnn.com via RealSimple.com]

(山内純子)

(MSNトピックス、ライフハッカー日本版、http://topics.jp.msn.com/digital/lifehacker/column.aspx?articleid=411290

たばこ吸わない人も肺がんリスク 

Bdy1009091001000p1

 先月21日、芸能リポーターの梨元勝さんが肺がんのため、65歳で亡くなった。ノンスモーカーだったにもかかわらず、6月5日に診断を受けてから、わずか2カ月半で死去。日本人のがん死亡の1位となっている肺がんのリスクについて、専門家は「“たばこを吸わないから大丈夫”と思うのは誤解」と警鐘を鳴らす。しかも、症状の出にくいタイプの肺がんが増えているという。(草下健夫)

  

「腺がん」増加

 「真っ先に言いたいのは、たばこを吸わなくても肺がんになり得ること」と強調するのは、癌(がん)研有明病院(東京都江東区)の奥村栄・呼吸器外科部長。喫煙が肺がんのリスクになるのは間違いないが、逆に吸わない人が肺がんにならないわけではないという。

 肺がんは発生する場所によって、肺の入り口の気管支に近い「肺門(はいもん)部」のものと、それより奥の「肺野(はいや)部」のものとに分類される。肺門部のがんは喫煙者に多く、血痰(けったん)やせきが出たり、肺炎になるといった症状が出やすい。一方、肺野部のがんの多くは、たばこを吸わない人もかかる「腺がん」で、自覚症状がないまま進んでしまう。近年は腺がんの診断が増えている。

 梨元さんは生前、「4月の連休前から空せきが止まらなかった」と語っていた。奥村部長は「直接診察しておらず、あくまで推測だが」としたうえで、「もし腺がんなら、症状がない間に進行し、せきなどがみられたときには残念ながら肺門部の気管支にまで病変が進んでいたのでは」との見方を示す。また、「(分煙の進んでいなかった)過去の職場環境による受動喫煙の影響は否定できない」とも説明する。

検診の精度向上

 喫煙者が肺がんを予防するには、言うまでもなく禁煙。では、喫煙しない人はどうすればよいか。奥村部長は「肺がんの予防法は特になく、生活習慣病にならないような(食事や運動などの)一般的な健康上の注意を」とアドバイス。「ただ、肺がん検診の精度が上がっており、早期発見のおかげで治る人が増えている」とも指摘する。

 レントゲン撮影では近年、見落としを防ぐため、2人の医師が画像をチェックする「二重読影」や過去の画像と比べる「比較読影」が標準的に。さらに、検出器をらせん状に回転させて体を一気に撮影する「ヘリカルCT」で、レントゲンでは検出できない小さながんも見つかっているという。

 しかし、ヘリカルCTではレントゲンより強い放射線を浴びることや、高精度のためにがんではない影が見つかり、精密検査の結果が出るまで不安を抱える精神的なデメリットもある。また、ヘリカルCTによる検診で死亡率が低下するという確かな調査は、まだ出ていないという。

 奥村部長は「たばこを吸わない人のがんの多くは症状がないだけに早期発見が大切。ヘリカルCTで早期のがんが見つかっているのは確かで、デメリットも理解したうえで、CT検診を受けるか判断してほしい」と説明している。

                   ◇

 ■近年、肺がんで死去した有名人

 池宮彰一郎(作家)       平成19年5月 83歳

 加藤博一(元野球選手)       20年1月 56歳

 氷室冴子(作家)          20年6月 51歳

 峰岸徹(俳優)          20年10月 65歳

 筑紫哲也(ジャーナリスト)    20年11月 73歳

 勝野七奈美(ジュエリーデザイナー) 21年7月 29歳

 五代目三遊亭円楽(落語家)    21年10月 76歳

 大浦みずき(元宝塚)       21年11月 53歳

 井上ひさし(作家)          今年4月 75歳

 つかこうへい(劇作家)        今年7月 62歳

 (敬称略)

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/body/100909/bdy1009091001000-n1.htm

眠りはじめの3時間を大切に

睡眠時間は遺伝子で決まっている?
現在日本人で一番多いのは7時間睡眠。しかし4時間ほどの睡眠で大丈夫な人もいれば、8時間寝てもまだ眠い人もいる。人間にとって最適な睡眠時間というのはどのくらいなのだろうか?
ある実験で、毎日8時間睡眠の人が半年をかけて、医師の指導で無理せず少しずつ睡眠時間を減らし、6時間睡眠になった。しかしその実験をやめると、たった1か月で元の8時間に戻ってしまった。この事から、その人に必要な睡眠時間は素質的に決まっていて、人為的に変えられないのではないか?と考えられている。

アナタはナポレオン派?
ナポレオン・エジソンなどは6時間以下の睡眠で十分だった短時間睡眠者

アナタはアインシュタイン派?
9時間以上の睡眠でないと昼間、普通に生活できない長時間睡眠者

では、何時間眠る?
1人1人で必要な睡眠時間が違うなら、自分は一体、何時間眠れば良いのだろう?
肝心な事は以下の通りだ。

本人の満足できる睡眠時間が肝心!
仕事の都合や遊びのため、ムリヤリ自分にとって短い睡眠時間にし、寝る間を惜しんでも疲れるだけ。また他人と比較しても仕方のない事である。「アイツは6時間も寝ないで頑張っているのに、寝てられない!」などと思っても、アナタが長時間睡眠者ならできない相談である。

睡眠にふさわしい環境を整えてから
人間は本来、自分に必要な睡眠時間の後、自然に目覚める事ができる。しかし寝ている間に邪魔が入っては、最適の睡眠時間を見つけられなくなってしまう。環境を整える事から始めたい。

眠り始めを大切に
大脳が最も休まる1回目と、2回目のノンレム睡眠時に、いかにぐっすり眠れるかどうかで疲労の回復が違う。極端に言えば、後の睡眠は「おまけ」みたいなもので、その「おまけ」が多い人と少ない人がいるだけである。しかし眠る寸前に神経が興奮していると、始めの深い眠りの時に十分休めず、その後がズルズルと長くなってしまう。その人にとっての自然な睡眠時間を見つけるためには、眠り始めの約3時間を大切にしたい。

(MSNビューティスタイル、http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/library/article.aspx?cp-documentid=3739670

寒すぎるクーラーは体を壊す

「冷やしすぎない」のはどのくらい?

冷えすぎは冷え症にとっては体調が悪くなるので困りもの。でも、熱帯夜で寝苦しいときなどは、涼しくして睡眠をとることが大切だ。
クーラーをつけるなら、外気との温度差は 5℃~6℃に設定するのがよい。日によって、または人によってはそれでは暑いと感じ、もっと温度を下げる人もいるだろう。
かといって、温度ばかりを下げていても涼しく感じないこともある。ここで関係するのが、「室温」と「湿度」と「輻射熱」だ。

「暑い」と感じるのは室温だけじゃない!

人が暑いと感じるのは、単に温度だけではなく、湿度や輻射熱(ふくしゃねつ)が関係している。 下のグラフのとおり、体感温度に影響を与えているのは、湿度が約20%、室温が約30%、そして輻射熱が40%以上なのだ。

「輻射熱(ふくしゃねつ)って何?」

「物から物へ空気を介さずに直接届く熱のこと。例えば、熱いやかんに手を近づけるだけで熱いと感じたり、氷に直接触らなくても冷たいと感じたりするものだ。この輻射熱のおかげで家の床や壁が暖かければ室温より暖かく感じ、冷たければ涼しいと感じる。そのため、室温と体感温度にずれが生じる。

湿気がなくなればサラサラ快適!

輻射熱と同様に体感温度に影響を与えている湿度。湿度が高いといくら室温を25℃に下げても暑いと感じる人もいるが、湿度を40%~60%にするとサラサラ快適になる。夜寝る時などは温度よりも湿度を調節した方が、変に冷えすぎず、かえっていいかもしれない。

とくに、暑がりの人と寒がりの人が一緒の部屋にいる場合には、湿度を下げれば室温が27℃~28℃でも両者が涼しいと感じるので、効果的。

(MSNビューティスタイル、http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/library/article.aspx?cp-documentid=3766384&page=2

20~30代の女性に急増中!子宮頸がんとは

1d27ae3cca1c45f365702561bc32

若い世代に急増しているのにはワケがある。発症原因であるウイルスに5人中4人が生涯に一度は感染するというのだ。なぜそんなに多くの女性が感染しているのだろう…?

セックス経験が一度でもあれば、感染の可能性が!

子宮頸がんはHPV(ヒト・パピローマウイルス)※1というウイルスの感染が原因。感染経路はセックスで、セックス経験のある女性の5人のうち4人は生涯に一度はハイリスクなHPVに感染するといわれているほど、ごくありふれたウイルスだ。

感染しても、多くの場合は免疫力で排除できるが、ウイルスが排除されないまま感染した状態が続くと、「異形成」や「CIN」※2と呼ばれる状態となり、さらに一部が子宮頸がんに進行することがある。その確率はおよそ1/1000。

※1:HPVは120種類以上あるが、子宮頸がんの原因となるのは15種類ほど。それらを「発がん性HPV」と呼ぶ。
※2:「異形成」、「CIN」とは、将来発がん細胞になる可能性がある病変(前がん病変)のこと。

10代でセックスの経験があれば、20代での発症リスクあり

HPVウイルスに感染してから子宮頸がんに進行するまでには数年~10年かかる。20~30代での発症が増加している背景には、セックスの低年齢化が一因に挙げられている。また、日本では特に若い世代ががんなどの病気への関心が低く、検診を受ける機会が少ないことも増加の原因とされている。

実際に、欧米の子宮頸がん検診の受診率が約70%前後であるのに対し、日本は23.7%と低く、先進国の中では最下位。20代では5%以下とのデータがある。

(MSNビューティスタイル、http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/1008sikyukeigan_article2.aspx?cp-documentid=4213780

銭湯に集う癒し系女子

Sty1008112046003p1

 経営難が続く銭湯を盛り上げようと、女性限定の入浴イベント「乙女湯のたしなみ」が開かれている。レトロな雰囲気、湯船でのおしゃべり…。銭湯での普通の光景が若い女性に「温かい」と受けている。主宰の宇佐川雅美さん(34)は「銭湯は国籍、性別、年齢問わず、癒やされる場所」と魅力を語る。銭湯側も「当たり前だと思っていたことなのに」と戸惑いながらも歓迎ムードだ。     (油原聡子)

 宇佐川さんは銭湯歴10年以上、訪れた銭湯は千軒を超えた。大学生の寮で共同風呂で入浴する楽しみを知った。韓国留学を機に銭湯にはまり、帰国後、煙突を目印に銭湯に行くようになった。

 しかし、銭湯は老舗も廃業する時代。東京都内では昭和43年の最盛期には約2700軒あったが、現在は3分の1の約820軒。年間50軒近くが廃業している。

 窮状を知った宇佐川さんが若い女性客で銭湯を盛り上げようと「たしなみ」を考案。平成19年1月に初イベントを実施、口コミで広がり昨年は京都でも開催した。

 東京都北区の松の湯。約30人の女性は口々に「すりガラスの絵がかわいい」「小物がブルーで統一されてますね」。20~30代が中心で、ゆるやかなシルエットの服装が多く、まったりした雰囲気だ。“女子目線”で銭湯をみると、壁や浴槽を彩るタイルや古めかしいロッカーは「レトロでかわいい」、広いお風呂は「癒やされる」と感じる。

 ヨガやフラダンスなどの後、そろって入浴。若い女性同士でも裸のつきあいに抵抗はない。入浴を楽しみにする人も多く、みんなで背中を流したりするという。銭湯通いを始めたばかりの東京都東久留米市の飲食店員、鈴木愛美さん(20)は「初対面でも自然と話せるし、お茶をするより無理なく仲良くなれる」と話す。

 参加者を女性に絞った理由について、宇佐川さんは「銭湯では女性が身につけた方がよいマナーが学べるのが理由」という。かけ湯の仕方や混雑時の振る舞いなど、服を着ていないからこそ所作がはっきりわかる。「乙女湯のたしなみ」という名前には「マナーも守る」という意味も込めた。イベントでは近くの飲食店も紹介。街全体を楽しめるように工夫、一緒に銭湯に行く「銭友」を作ってほしいと呼びかけている。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100811/sty1008112046003-n1.htm

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30