無料ブログはココログ

旅行・地域

「0泊2食」という旅館プラン 

  不景気のせいで「0泊2食」という旅館プランの人気が高まっている。豪華な食事が2食付き、客室も使えて、日帰りでもゆっくり過ごすことができる。1泊したかのような気分を味いながら、料金は1泊料金のほぼ半額というお得感が人気の理由だ。仕事が忙しくて連休が取れないという人や、子どもや夫がいて家を空けられないという主婦にうけているようだ。

温泉、会席料理、部屋代込みで1万円
   大阪から車で90分のところにある対泉閣(三重県名張市)は0泊2食プランを9800円で提供している。昼食と豪華な会席料理がついて、客室は午前11時30分から午後8時まで利用できる。時間内なら露天風呂や大浴場に何度でも入れる。

   「泊まれないけれどゆっくりしたい」というお客の要望があり、1年ほど前からこのプランを始めたところ盛況だ。フロント担当者は、

「20歳代くらいの若いお客さまが多くいらっしゃいます。お得感のある料金で、宿泊より気軽に利用できるというのが魅力のようです」
という。

   琵琶湖畔の湯元館(滋賀県大津市)でも、0泊2食プランを設けている。夕食の内容によって3つの料金があり、旬の松茸と近江牛会席プランが1万200円、近江牛会席プランが1万1700円、スタンダードプランが9300円だ。いずれも2009年10月31日までで、季節ごとに食事は変わる。客室には午前11時~午後9時30分と10時間以上も滞在でき、その間は好きなだけ入浴できる。おいしいものを食べられて、ゆっくりできるというので、女性同士のお客に人気がある。

日帰りのバリエーションが広がっている
   ちょっと贅沢な0泊2食プランを提案しているのは、鬼怒川温泉パークホテルズ(栃木県日光市)だ。和室15畳と10畳の広々とした部屋に、露天風呂がついた個室を8時間利用できて、豪華な昼食と夕食付き。料金は1万5000円と高額だが、同タイプの部屋に1泊した場合には3万3600円かかることから、「1泊するのと同じくらいの満足感が得られて料金が半額になる」と好評だ。

   利用者は女性同士やカップルが多く、30~40歳代が中心だ。「女性だけでゆっくり泊まりたいけど、子どもと旦那が心配」「翌日は通常通り会社に出勤したい」というお客向けで、始めて1年も経たないが、担当者は「順調にお客が増えている」といっている。

   リクルートの旅行情報誌「じゃらん」の広報担当者は、

「温泉に入った後にテラスでスイーツが食べられる日帰りプランや、温泉と宿のサロンでネイルができるものもあり、0泊2食のバリエーションが広がっています。まとまった休みが取れないという人でも1日で十分楽しめると人気のようです」
といっている。

   宿泊者が少ない平日限定にすることで、旅館にとって空き室を有効活用できるというメリットがある。不景気で客離れが深刻な旅館を救う新たな一手となりそうだ。
(J-CASTニュース、nifty)

カッパの魅力

7年ほど前、東スポが一面で「カッパ発見」とすっぱ抜いた“事件”を覚えているだろうか? 古くからカッパの伝承が残る岩手県遠野市の渓流で、誰もが知っている通りの姿をしたカッパが写真に撮られ、ちょっとした騒動になったものだ。

結局、それがテレビ番組撮影のために人が扮装した偽者と判明し、「そりゃそうだ」と嘲笑ムードのまま騒動は収束したのだが、この一件で遠野の地名は若い世代にも広く知れ渡ることとなった。

そんな東スポ騒動で妙な色がついたようにも思えるが、「カッパといえば遠野」というイメージは間違いではない。この地に昔からカッパ伝説が残るのは事実であり、かの柳田國男が著した説話集『遠野物語』にも、カッパ伝承とともに歩んできた地域の姿が、民俗学的視点で浮き彫りにされている。遠野は由緒正しいカッパの伝承地なのだ。

その『遠野物語』の発表から、来年(2010年)で100周年を迎える。これはぜひ祝福せねば! …と、さっそく遠野市内の有名な観光スポット、「カッパ淵」へ足を運んでみた。ここはその昔、多くのカッパが住み、近隣住民に盛んにイタズラをしていたと伝えられる川淵である。平日だというのに、観光客がひっきりなしにやってきて記念撮影をしている。

カッパによる集客効果はなかなか高いと見える! 地元の観光協会に聞いてみた。

「昨年は地震の影響などでやや客足が遠のいたものの、例年、年間200万人ほどの方が観光に訪れます。カッパの伝承自体は全国各地に残されていると思いますが、東スポの記事もさることながら、やはり『遠野物語』の影響は大きいですね」(遠野市観光協会事務局長・立花信一さん)

ちなみにカッパ淵のほとりに建てられた小さな祠には、カッパ神が祀られている。カッパ神は“乳房の神様”とされ、育児中の女性の母乳の出を良くするご利益があるのだとか。祠の中を覗いてみると、たくさんのお供え物にまじって、乳房のぬいぐるみが奉納されているのが面白い。

ところで、あえて聞いてみよう。…カッパって、本当にいるんですか?

「いやあ、どうなんでしょうね(笑)。カッパ淵には“まぶりっと(守り人)”という専門のガイドさんがいて、先代のまぶりっとの方は生前、実際にカッパを見たことがあるとおっしゃっていたのを覚えていますが…。カッパはあくまで、夢とユーモアの象徴として親しんでもらえれば」(立花さん)

なお、遠野市では『遠野物語』100周年に合わせて、地域の魅力やカッパにまつわる説話を伝えるテレビ特番を制作中だという。かつてはイタズラで住民を困らせたカッパだが、現在は絶大な集客効果で地域に貢献しているわけだ。
(R25編集部、nifty)

軍艦島

1

端島の名がいつごろから用いられるようになったのか正確なところは不明だが、『正保国絵図』には「はしの島」、『元禄国絵図』には「端島」と記されている。

端島での石炭の発見は一般に1810年(文化7年)のこととされ(発見者は不明)、これは日本における石炭の発見(三池では15世紀頃)や隣の高島でのそれ(1700年頃)よりもだいぶ遅い(この頃には既に高島炭鉱から相当な量の石炭が産出され、燃料として使用されていた)。しかし『佐嘉領より到来之細書答覚』によると、1760年(宝暦10年)に佐賀藩深堀領の蚊焼村(旧三和町・現長崎市)と幕府領の野母村・高浜村(旧野母崎町・現長崎市)が端島・中ノ島・下二子島(埋め立てにより現在は高島の一部となっている)・三ツ瀬の領有をめぐって争いになり、その際に両者とも「以前から自分達の村で葛根掘り、茅刈り、野焼き、採炭を行ってきた」と主張、特に後者は「四拾年余以前」に野母村の鍛冶屋勘兵衛が見つけ、高浜村とともに採掘し、長崎の稲佐で売り歩いていたと述べている。なお当時は幕府領では『初島』と、佐賀領では『端島』と書いていたようである(『佐嘉領より到来之細書答覚』『安永二年境界取掟書』『長崎代官記録集』)。

このように石炭発見の時期ははっきりしないが、いずれにせよ江戸時代の終わりまでは、漁民が漁業の傍らに「磯掘り」と称し、ごく小規模に露出炭を採炭する程度であった。1869年(明治2年)には長崎の業者が採炭に着手したものの、1年ほどで廃業し、それに続いた3社も1年から3年ほどで、大風による被害のために廃業に追い込まれた。36メートルの竪坑が無事に完成したのは1886年(明治19年)のことで、これが第一竪坑である。

1890年(明治23年)、端島炭鉱の所有者であった鍋島孫太郎(鍋島孫六郎、旧鍋島藩深堀領主)が三菱社へ10万円で譲渡。端島はその後100年以上にわたり三菱の私有地となる。譲渡後は第二竪坑と第三竪坑の開鑿もあって端島炭鉱の出炭量は高島炭鉱を抜く(1897年)までに成長した。この頃には社船「夕顔丸」の就航、蒸留水機設置にともなう飲料水供給開始(1891年)、社立の尋常小学校の設立(1893年)など基本的な居住環境が整備されるとともに、島の周囲が段階的に埋め立てられた(1897年から1931年)。

1916年(大正5年)には日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅「30号棟」が建設された。この年には大阪朝日新聞が端島の外観を「軍艦とみまがふさうである」と報道しており、5年後の1921年(大正10年)に長崎日日新聞も、当時三菱重工業長崎造船所で建造中だった日本海軍の戦艦「土佐」に似ているとして「軍艦島」と呼んでいることから、「軍艦島」の通称は大正時代ごろから用いられるようになったとみられる。ただし「軍艦島」とはあくまで外部からの呼び名であり、島民は専ら「端島」と呼んでいた。また、この頃はまだ鉄筋コンクリート造の高層アパートはまだ少なく(30号棟と日給社宅のみ)、大半は木造の平屋か2階建てであった。

戦時中に米軍潜水艦が本物の軍艦と勘違いして魚雷を撃ち込んだという逸話があるが、実際は停泊していた石炭運搬船「白寿丸」を狙って撃沈したもの(1945年6月11日)であった。

端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ、隣接する高島炭鉱とともに、日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つであった。石炭出炭量が最盛期を迎えた1941年(昭和16年)には約41万トンを出炭。人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には5,267人の人口がおり、人口密度は83,600 人/km2と世界一を誇り東京特別区の9倍以上に達した。炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗(常設の店舗のほか、島外からの行商人も多く訪れていた)・病院・寺院「泉福寺」(禅寺だがすべての宗派を扱っていた)・映画館「昭和館」・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘・社交場(スナック)「白水苑」などがあり、島内においてほぼ完結した都市機能を有していた。ただし火葬場と墓地、十分な広さと設備のある公園は島内になく、これらは端島と高島の間にある中ノ島に(端島の住民のためのものが)建設された。

1960年以降は、主要エネルギーの石炭から石油への移行(エネルギー革命)により衰退。1965年(昭和40年)に新坑が開発され一時期は持ち直したが、1970年代以降のエネルギー政策の影響を受けて1974年(昭和49年)1月15日に閉山した。閉山時に約2,000人まで減っていた住民は4月20日までに全て島を離れ、端島は無人島となった。しかしその後すぐに人がいなくなったわけではなく、高島鉱業所による残務整理もあり、炭鉱関連施設の解体作業は1974年の末まで続いた。

(画像はGoogle検索より、Wikipediaより)

軍艦島を世界遺産にしようという動きもあります。
http://www.gunkanjima-wh.com/

軍艦島観光
http://gunkan-jima.com/

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30