無料ブログはココログ

美容・コスメ

みがいているのに虫歯になっちゃうのはナゼ!?

虫歯をつくる4つの要素
日本人の98%が毎日歯をみがいている。しかし虫歯はなくならない。むしろ世界的に見ても日本人の虫歯本数は多い。もっとしっかり原因を見つめてみると、良くなるためのヒントが必ず見つかる!
虫歯は下にあげた4つの要素が複雑にからみあってできる。

歯 酸に対する抵抗力が一人ひとり違っているため、虫歯になりやすい人となりにくい人がいる。生まれつきの性質は変えられないが、改善できる事もある。表面のエナメル質は、唾液にふくまれるカルシウムやリン酸などを使って、ほんの少しずつ修復されているのだ。
・唾液がいつも循環するように、口を開けっぱなしにして乾かさない!
・カルシウムやリン酸不足にならないよう、食事・運動に気をつける。

糖質
(特に砂糖) 細菌は砂糖を原料として、ネバネバする歯垢(プラーク)を作りだす。歯垢の中に住む虫歯菌は砂糖を分解して、酸を作る。その酸で歯の表面が溶けたのが虫歯だ。
・なるべく砂糖をとらない。とる場合は賢くとる!
・食べたらすぐ歯をみがく。細菌は約5~10分で砂糖を分解しだす。

細菌 主な原因はストレプト・コッカス・ミュータンスという細菌。人間のお口には、必ずと言ってよいほど住んでいる。しかし数を減らす事はできるのだ。
・歯ブラシをしっかり上手にかける。歯みがきとは、食べカスをとるというより細菌をとるためのものと認識する。
・細菌が集まりすぎると石のように硬い「歯石」となる。そうなってしまったら歯みがきではとれないので、必ず歯医者さんでとってもらうこと!

時間 砂糖が、いつまでも口の中にあると、細菌は酸を作り続け、歯は溶け続ける。また細菌は夜、人間が寝ている時に一番元気。
・だらだら食べたり・飲み続けない!
・寝る前の歯みがきは、特にていねいにする。

よくなる
ポイント 結局、やはり一番大切なのは歯みがき。しかしみんなせっかく、みがいているのに、ちゃんと歯垢(プラーク)が落とせていないのがモンダイ。もっと「科学の眼」を心にもって上手にみがけば、必ず虫歯になりにくくなる!

歯ブラシ・歯みがき粉の通になる!
歯ブラシ・歯みがき粉、どれが良い?
毎年どころか、毎月新製品が出る歯ブラシや歯みがき粉。選ぶためのポイントを考えてみよう!

よくなるポイント
「安いから」「よく宣伝しているから」ではなく、「自分の歯に良いから」という視点で、しっかり選べてこそ「通」!

歯ブラシ選びポイント
その1
目的をハッキリさせて買う 買おうとしている歯ブラシで、アナタは何をしようとしているのか?歯垢をしっかり落としたい、歯と歯のすき間もしっかりみがきたい。みがきにくい奥歯用、歯周ポケット用、それぞれで選ぶべき歯ブラシは違うはず。まずは何をしたいのかをハッキリさせたい。そして必要なら、用途別に何本かそろえるのも楽しい。

その2
ブラシは普通~硬め 目的に応じて柔らかめもそろえる かたい・ふつう・やわらかいと分かれている事が多いが、歯垢(プラーク)を落としやすい事からはふつう~硬めのものを選びたい。あまり柔らかいものでは、毛先がネバネバ歯垢に対抗しにくい。ただ硬いというだけではなく、弾力性のあるものを見つけたい!すでに歯周病などで歯ぐきにトラブルが発生している場合は柔らかめのものを。

その3
ロン毛よりショートカット! ブラシの毛の長さはブラッシング方法にもよるが、最近すすめられている、毛先を軽くあて小刻みに動かす方法では短め(10mm以下)の方が効果的!

歯みがき粉選びポイント 選ぶ際の成分のポイントは以下の通り。
歯みがき粉 効用のポイント

フッ素入り フッ素は歯を強くし虫歯の予防に効果がある。
アパタイト入り C1程度の初期の虫歯に、歯の成分であるアパタイトが沈着して、虫歯が修復されると言われている。しかし唾液にも同様の効果がある。

液体歯みがき 主な目的は、口の中をスッキリさせるため。細菌の増殖をおさえる薬用の成分が入ったものは、ドラッグストア・スーパーなどで買えます。

酵素入り 酵素が歯垢(プラーク)を分解するといわれている。
血行促進剤入り 歯ぐきの血行を良くすることで歯周病の予防効果がある。

今日からハミガキの仕方を変える!
ブラッシングは高等テクニック!

今日からハミガキの仕方を変える!
日本人の98%が毎日みがいている歯。でも悪くなる歯。もちろん、私たちは頑張ってブラッシングしている!しかし実際に、多くの人のブラッシング方法が少し間違っている、雑である、正しく理解していない。歯はもともと一人一人違うため、実は「これが最良の方法!」というのも人によって違っている。つまりアナタの歯をキレイにできるプロは、アナタしかいないのだ!これ以上歯を無くしたくない方は、以下のポイントをしっかりおさえ、今日から自分自身のための最高の歯ブラシ方法を開発し、健康な歯と歯ぐきを作っていこう!

よくなるポイント 次の5つが実行できれば、間違いなく歯と歯ぐきは良くなる!1つ1つは極めて簡単なコト。しかしコレを実行するのが、なかなかムズカシイ。つい無意識で、いつも行っている方法に戻ってしまうからだ。歯は十分意識してみがこう!

その1
鏡で確認しながらみがく 食器を洗う時、見ないで洗う人はいない。お化粧をする時、ヒゲをそる時、大抵の人は鏡をよく見る。しかし歯をみがく時には、鏡で口の中を見ないのは何故だろう?ぜひ大きな口を開けて自分の歯の状態を見ながら、みがいてみて欲しい。歯は平べったい板ではない。丸くなって歯ブラシのあたりにくい所や、くちびるにおおわれてブラシが届かない所などを、すぐにでも発見できるハズ。そこに歯垢(プラーク)がたまるのだ。

その2
みがきにくいな~と思う所からみがく 無意識にみがき出すと、どうしても自分がみがきやすい所から始め、みがきにくい所は後回しにされ、そのうち歯みがきにも飽きて結局、後回しにされた所はロクにみがかれないままという事もしばしばある。しかしそこにこそ細菌は大集団をなしている!このままでは細菌の思うツボ!まずはそこから攻めていこう。

その3
毛先をきちんとあてる 特に、歯と歯ぐきの間や歯と歯の間は、ボーゼンとみがいていては、そこに毛先はあたらない。それではネバネバとくっついている歯垢は落とせない。歯ブラシの角度を色々と変え、みがきにくい所に毛先をうまくあて、歯垢をかきだすつもりで。

その4
軽い力でみがく 強い力でゴシゴシすれば、毛先は倒れてしまい、歯垢がとれない。更に、歯ぐきや歯の根を傷つけてしまい、そこから歯周病にもなりかねない。かなり軽くあてる程度で丁度良い。

その5
小刻みにみがく 多くの人が、ブラシを動かす距離が長すぎている。距離は5mm程度(歯1本分くらいの幅)の細かい往復運動が一番歯垢がとれやすいのだ。まさに1本1本みがくという感じだ。歯1本につき10回は動かしてみがきたい!いっぺんにみがこうとして、大きく動かしても、結局はダメ。かえって手間もかかり、効果も上がらず、時間もムダになってしまう。

みがきにくい所のみがき方
歯と歯の間をみがく ブラシの横はじの毛を使い、少しだけ押し込むようにしてみがく。みがきにくく虫歯になりやすいので、1本ずつ、ていねいに!隣接した部分を一気にみがこうとして、ブラシの真中を直角にあてたのでは効果が薄い。歯のカーブに沿って、隣接部の右・左とみがく。

歯のつけ根をみがく 毛先の横はじを45度の角度であててみがく。歯周ポケットに効き、歯周病予防には欠かせない。決して力を入れすぎない事!優しく軽く動かせば、歯肉マッサージにもなる。

かみ合わせの部分をみがく 本来なら、みがきやすい所なのだが、虫歯になる率がとても高い。歯のかみ合わせ部分は、思った以上に深い溝があるのだ。そこを勢いよくゴシゴシとやってしまうと、溝に届く前に、毛先は表面を通りすぎてしまう。直角にあてたブラシを、溝の奥まで届かせるつもりで、小刻みにみがく。

(MSNビューティスタイル、http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/library/article.aspx?cp-documentid=3720165

化粧美人 スッピン顔どうやって見破る!?

 メークで別人のように“変身”する様子をネット上に公開した女性が、「伝説の化粧美人」と話題になっている。ウソみたいな変わりようだが、レッキとした同一人物だ。

 この動画が注目されて以降、ネット上にはメーク自慢たちのビフォー&アフター画像が急増。どれも神業的なメーク術で変身しているから、「こりゃイチコロでダマされるぞ」と男性陣が騒然となっている。見破る方法はないのか。若い女性の生態に詳しい作家の三浦天紗子氏が言う。

「一番分かりやすいポイントは『目』です。アイラインを濃く太く描いているキャバ嬢風メークの女性は、スッピンが全然違う可能性大。下まぶたまでクッキリと縁取った女性は、目を大きく見せようと化粧でごまかしているケースが多いのです。まつげも注目です。必要以上に毛の量が多いと、つけまつげを2~3枚足している可能性がある。男性がダマされやすいのが二重まぶたで、天然モノは目頭から二重が広がっていくのに対し、整形や化粧による人工モノの場合、目頭までは線が入らないことが多い。また、二重の幅が均一なのも特徴です」

 一方、スッピン美人は年とともにOL風のナチュラルメークになっていく。アラサーになっても若作りメークをしている女ほど“怪しい”という。ただ、男が瞬時に見破るのは至難の業だ。

「男性は顔全体のイメージで女性を見ているため、気付きにくいのです。寝起きの顔を見て、初めてビックリすることも多いでしょう。おまけに、のっぺりした顔の女性に限って、化粧で別人のように変身しやすい。化粧を取ったときの落差はますます大きくなるのです」(三浦氏=前出)

 怪しいと思ったら水をぶっかけるしかない?

(日刊ゲンダイ2010年7月26日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000120559/1.htm

「水太り」の正体を解き明かす

夏本番による暑さで水分ばかりを多めに摂る日々が続きますが、そんな季節だからこそちょっと気になる言葉があります。「水太り」です。

一般的には体がむくんで体重が増加する状態を指すようですが、カロリーゼロの「水」と「太る」という概念がなぜ結びつくのか不思議なものです。「All About 家庭の医学」でガイドも務める臨床検査専門医の西園寺 克先生によれば、「水には熱量がないので飲水しても太ることはありませんし、医学的にも『水太り』という用語はありません」とのこと。では世間的に「水太り」とされている現象は一体…?

「多くの場合、起床時における体全体の“むくみ”を指します。体内では老廃物排出を目的に1時間に約60ミリリットルの尿が作られますが、膀胱に溜められる量は200ミリリットル程度。そうなると、睡眠中も排尿が必要になりますよね? それを防ぐため、睡眠中は腎臓が老廃物の排出を調整しています。それにより、一時的に尿として出るべき水分が体内に溜まり、寝起きはむくむのです」

では、起床時に排尿すれば解消されると?

「起床後一度目の排尿で余分な水分をすべて排出できるわけではありませんが、排尿を重ねるごとにむくみは解消されていきます」

ちなみに体のむくみって女性が気にする印象がありますが、男女差はあるのですか?

「女性は性周期により一時的に水分が体内に留まりやすい期間がありますが、基本的には大きな男女差はありません。また、起床時に顔が特にむくむイメージが強いようですが、それは変化に気づきやすい部位だから。日常的に足がむくむという人についていえば、それは血流の悪化によるもので、ここでいうむくみとは別物。いわゆる『水太り』的なむくみは自然現象なので、体に悪影響はありません」

なるほど。それなら水太りって気にすることはなさそうです。ちなみに顔のむくみを早く取る方法はなく、利尿を待つだけだそうです。デートの日などは、朝のおしっこを忘れずに!
(下元 陽/BLOCKBUSTER)
(R25編集部)

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=340626

20分以上の有酸素運動でなければ脂肪は燃えない?

■有酸素運動と無酸素運動

 運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。この表現では有酸素運動は酸素をたくさん必要とし、無酸素運動は酸素をあまり必要としない運動と思われるかもしれませんね。

 運動時に使われるエネルギー源の種類(糖質や脂肪など)や強度によって、酸素が使われる比率は変わりますが、同じ運動である以上、どちらの運動も一定量以上の酸素を使い、体内の脂肪もエネルギー源として使われています。

・代表的な有酸素運動……ウオーキング、ランニング、サイクリング、水泳など
・代表的な無酸素運動……短距離走、重量挙げ、ウエイトトレーニングなど

■続けて20分以上という時間にこだわらない

 誤解されやすいのは、「有酸素運動を20分以上行わなければ、体内の脂肪は使われない」ということ。やせたい場合は一定時間以上の運動を奨められることが多いと思いますが、実はこれには誤りがあるのです。

 エネルギー源として使われやすい糖質とは違い、脂肪は体内での保存され方が複雑でエネルギー源として使われるまでに時間がかかるため、このような誤解を生まれてしまったのかもしれません。

 確かに運動のはじめは食品から摂った糖質がエネルギーとして使われやすく、運動を続けていくことで徐々に脂肪がエネルギー源として利用されていきます。とはいえ、運動開始から20分までのエネルギー源が糖質のみ、それ以降は脂肪のみというように、はっきり分けられているわけではないのです。運動開始直後でも脂肪は使われますし、20分以上の運動でも糖質は使われます。

 どのエネルギー源が利用されるかは、時間だけではなく「運動強度」の影響も大。強度が強い運動はより多く糖質を使い、長く続けられるような強度の弱い運動は脂肪を多く使う傾向があります。

 このように糖質と脂肪の利用量から考えてみると、20分という数字にこだわる必要はあまりないのです。10分の運動でも脂肪をエネルギー源として消費することは可能です。脂肪の分解が高まって活発に利用されるまでにはある程度の時間がかかるので、「20分」という数字ばかりが強調されるようになったのかもしれませんが、少しずつ細切れに運動を続けることも決して無駄ではありません。

■細切れ運動で効果的に脂肪を燃やす方法

 溜まった脂肪を減らしたいなら、細切れでもよいのでより多く運動をすることが大切。また、改まった運動という形にこだわらず、日常の活動量を増やしていくことも効果的です。日常生活のほんのちょっとした行動の差が、活動量を増やすことにつながります。

<買い物編>
・車で買い物に行くところを自転車にする、自転車に乗っていたものを徒歩にする
・車の駐車場を建物から少し遠いところにとめて歩く距離を増やす
・階段とエスカレーターがあれば、階段を選ぶ
・重い荷物を手持ちではなく、リュックサックなどに入れて歩く
・効率よく買い物するのではなく、時にはいろんなフロアを見て歩く(ウインドーショッピング)

<通勤編>
・上り階段は一段飛ばして大またで歩く
・通勤帰りは一つ手前の駅で下車して歩く
・乗換駅をうまく利用して、歩く距離を増やす
・電車内の席には座らずに立つ
・つり革を持って軽く爪先立ち運動を行う

<家事編>
・身近なお惣菜で食事をすまさず、日々料理を楽しんで行う
・掃除をこまめに、定期的に行う(まとめてしない)
・フロアの雑巾がけやお風呂掃除などは「運動」だと思って念入りに
・布団干し、窓拭きなどもこまめに行う

 このような細切れ運動、活動量を増やしていくことでも、身体の脂肪はエネルギー源として利用されますし、シェイプアップのみならず健康的な生活を送るという点においても優れた習慣といえるでしょう。

 20分という時間にこだわらず、今日からさっそく楽しみながら、細切れ運動をスタートしてみてはいかがでしょうか。

【運動と健康:西村典子】

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/item/detail/allabout-20100719-20100719-1/1.htm

日本人女性の肌「色白」に

  資生堂によると、日本人女性の肌色が10年前に比べて白くなったそうだ。「日焼けしない」「美白化粧品を使う」といった「美白志向」が強まり、年代別では30歳代が10年で顕著に白くなった。1980年代に小麦肌がはやり、90年代には顔を黒く焼いた「ガングロ」が女子高校生の間でブームになったが、2000年以降、一変して美白意識が高まっている。

もっとも白くなったのは「頬」
   資生堂ビューティーソリューション開発センターの吉川拓伸さんらが20~59歳の女性の肌色データを、1991年(794人)と2001年(771人)で比較したところ、10年間で肌色の明るさが増し、色相は赤みから黄みよりになったことがわかった。

   年代別では30歳代の変化がもっとも大きい。一般的に20歳代よりも30歳代の方が肌が黒くなる。にもかかわらず、1991年の20歳代よりも2001年の30歳代の方が白かった。20歳代の時には紫外線ケアを十分にしていなかったが、その後、美白化粧品などを使うようになったため、と同社は推測する。

   部位別でもっとも白くなったのは「頬」、次いで「目の下」だった。それに比べて「首」の色の変化は小さい。顔に比べて、首のケアはおろそかになりがちのようだ。

   調査結果は09年5月17日に行われた日本色彩学会第40回全国大会で発表された。

   紫外線から肌を守る日焼け止めや、シミを薄くする美白化粧品は百貨店やドラッグストアなどで年中売られている。これまでは年配の女性が使用することの多かった日傘、手袋などの日よけアイテムも、若い女性に広まっている。日焼けしない女性が増えて、日本人女性の肌色が全体的に白くなったと言えそうだ。

   また、同調査で20~59歳の86人に好きなファンデーション(メイクアップのベースとなる化粧料)の色を選ばせると、専門家が「顔と首の色になじむ」と選んだ色よりも、明るい色を好む傾向があった。実際の肌色よりも白く見せたい、ということらしい。

   一方、1980年代は健康的な印象の小麦肌がはやり、1990年代には女子高校生の間で日焼けサロンで顔を黒く焼いた「ガングロ」がブームになったのは記憶に新しい。ところが2000年代から一変して美白を目指すようになったきっかけは、何なのか。

背景には化粧品の進化?
   美白ブームの背景には、「化粧品の進化が大きく影響している」とコーセー広報担当者は指摘する。

   1990年代から化粧品メーカーはこぞって美白成分を開発するようになり、2000年代にかけて美白市場が急成長した。化粧品全体の中で美白商品が占める割合はここ数年、1位の保湿に続き、2~3位で推移している。

   2000年代になると、美白は紫外線が強くなる春夏だけのものではなく、年間を通して使う傾向が強まった。ベーシックなスキンケアラインに美白成分を配合したシリーズが登場し、これまで積極的に美白に取り組んでいなかった女性にも広まった。

   コーセーが04~06年に16~64歳の女性に実施した肌悩みに関する調査によると、悩みの1位は「シミ」で、6割の女性がシミを薄くしたいと答えていることからも、美白志向の高まりがうかがえる。

   また花王調べ(08年)では、百貨店で化粧品を購入する女性は美白スキンケアへの関心が高く、4割以上が何らかの美白ケアを行っている。「シミ・ソバカスを予防したい」という部分的な美白に加え、「透明感のある明るい肌に見せたい」という顔全体を白くする願望が強まっているようだ。

   一方、資生堂の広報担当者によると、美白志向が最近になって出てきたものではなく、江戸時代から日本人の文化に根付いている。

「ガングロや小麦肌がはやった時期はありますが、浮き沈みしながらも美白志向は続いているんです。最近はアジアの国々や長年、日焼け肌の方が良いとされてきた欧米にも(美白が)広まりつつあります」
と話している。

(nifty)

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30