無料ブログはココログ

趣味

アストンマーチン One-77、354.86km/hを記録

235c0f33e9d245b1891e4fe01bbb3d0c

アストンマーチンは22日、2010年の半ばに発売予定の『One-77』が、開発テストにおいて354.86km/hという最高速をマークしたと発表した。

One-77は今年3月のジュネーブモーターショーで正式発表されたアストンマーチンのフラッグシップ。パワーユニットは同社の6.0リットルV12をベースに、英国のトップチューナー、コスワース社と共同開発された。

V12エンジンは排気量を7.3リットルに拡大。ドライサンプオイル潤滑システム、吸排気系の効率アップなどのチューニングを受けた結果、最大出力は700psオーバーを達成した。エンジンはアストンマーチンの他のV12モデルよりも100mm低い位置に搭載。エンジン自体もフロントアクスルよりも257mm後方に移動させ、理想的なフロントミッドシップを実現した。

ボディの開発には、カーボンコンボジット技術に関して豊富なノウハウを持つMTC(マルチマチック)社が参画。カーボンファイバー製のモノコックにハンドメイドのアルミ製パネルを組み合わせる手法が導入された。その結果、車重は1500kgを下回る。

トランスミッションは、新開発のパドルシフト付き6速シーケンシャル。パワフルな7.3リットルV12と軽量ボディを得たOne-77は、0-96km/h加速3.5秒、最高速322km/hという刺激的なパフォーマンスを発揮する。

足回りはカーボンセラミックブレーキ「マトリックス」を採用。タイヤはピレリ「Pゼロコルサ」で、前255/35ZR20、後ろ335/30ZR20サイズを履く。4輪ダブルウイッシュボーンのプッシュロッド式サスペンションには、「DSSV」(ダイナミックサスペンションスプールバルブ)を導入。顧客好みのダンパー減衰力にセッティングにした状態で納車される。

現在、アストンマーチンは2010年の半ばのOne-77の正式発売に向けて、最終仕上げテストを実施中。欧州南部のテストコースで行った最高速計測おいて、354.86km/hというトップスピードを記録した。これは公称の最高速を30km/h以上も上回るものだ。

One-77はその名の通り、限定77台のみを生産。価格は100万ポンド(約1億4600万円)だが、77台はすでに完売したとも伝えられる。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au006/article=18877/?genre=1&page=1

アストンマーチン ラピード

B1b8d81be0264da8a43cb36396abe30b

アストンマーチンは4日、新型車『ラピード』(RAPIDE)の価格を発表した。英国では13万9950ポンド(約2100万円)からの設定で、デリバリーは2010年4月ごろ開始される。

新型ラピードは、9月のフランクフルトモーターショーでデビュー。アストンマーチンにとって久々の4ドアモデルで、世界で最もエレガントで機能的、ラグジュアリーな4ドアスポーツカーをテーマに開発された。

外観は、『DBS』や『V8ヴァンテージ』などと同様に、ひと目でアストンマーチンとわかるアイデンティティを保ちつつ、クーペのように流麗なフォルムを持つ4ドアボディを構築。ボディサイズは全長5019×全幅2140×全高1360mmで、ポルシェ『パナメーラ』(全長4970×全幅1930×全高1417mm)と比較すると、ラピードは49mm長く、210mmワイド、57mm背が低い。

エンジンは『DB9』と基本的に共通の5935ccのV12で、フロントミッドシップにレイアウト。最大出力477ps/6000rpm、最大トルク61.2kgm/5000rpmを引き出す。トランスミッションは「タッチトロニック2」と呼ばれるパドルシフト付きの6速AT。0‐100km/h加速は5.3秒、最高速は303km/hと、4ドア屈指のパフォーマンスを発揮する。

独立4シーターのキャビンは、レザーやウッドなど最上の素材を厳選し、非常にラグジュアリーな世界を表現。バング&オルフセン製オーディオや後席用のツインDVDスクリーンなどを装備し、快適な移動空間を演出する。

新型ラピードは、エンジンをアストンマーチンの英国工場で、1基1基ハンドメイド生産し、車両の最終組み立ては、オーストリア・マグナシュタイア社のグラーツ工場に委託。年間生産台数は、約2000台を計画している。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au002/article=18529/

新型HV専用モデル「SAI」発売

Biz0912071053004p2

 トヨタ自動車は7日、セダン型の高級新型ハイブリッド車(HV)「SAI」(サイ)を発売した。同社としては、トヨタブランドの「プリウス」、レクサスブランドの「HS250h」に続く3車目のハイブリッド専用車。すでに10月20日から予約受注を始めており、受注件数は1カ月で、月間販売目標(3000台)の4倍以上となる1万4000件を突破した。

 低燃費、低価格であることや、政府のエコカー減税対象として約24万~28万円の“値引き”が受けられることが主な理由。このほか、政府の新車買い替え補助制度がもともと来年3月に廃止される予定だったため、12月の正式発売後の購入では適用を受けるのに間に合わないとみて、駆け込みで予約受注が殺到したことも大きそうだ。

 SAIの名前は、上質な仕上がりを示す「彩」と、性能の優秀さを示す「才」からとっている。おもな客層のターゲットとして中高年を設定。プリウスやホンダの「インサイト」などのHVように、若者受けするハッチバック式ではなく、「中高年層に好む人が多い」(関係者)という、後部にトランクルームが突き出した伝統的なセダンの形をとった。

 総排気量は2400cc。燃費は1リットル=23キロで、同クラスのセダンのガソリン車と比べると、2倍の数値。コンパクトカー並みの燃費を実現した。

 素材面でも環境への配慮を重視しており、石油由来ではなく、一部または全部にケナフやひまし油などの植物素材を使った「エコプラスチック」を室内面積の60%に使用。車のライフサイクル全体で見た場合の二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた。このほか、居住空間をできるだけ広げたほか、静粛性も増し、高いレベルでの乗り心地を実現している。

 生産はトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)が担当。モデルは全部で4通りあり、価格は338万~426万円とした。200万円台が中心となっているプリウスと、400万円台が中心となっているHS250hの中間価格帯を抑える形となり、トヨタは、多様なニーズにこたえるHV戦略を進める考えだ。

(産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091207/biz0912071053004-n1.htm

プジョー RCZ の受注開始

D11a0afa74e8440b83f76e07714ccd2f F64617c43b4b4355952d4fe1ecc9efc1 01e6d62cc80648649f8b031f1bcfade4

プジョーは18日、フランス本国において新型『RCZ』の受注をスタートした。ガソリンとディーゼルの1グレードずつのシンプルな構成で、価格は2万7400ユーロ(約363万円)からとなる。

RCZは9月のフランクフルトモーターショーで初公開。小型のプレミアム2+2スポーツクーペで、外観は「ダブルバブル」と呼ばれる、なだらかな弧を描くルーフが特徴だ。両側のルーフアーチはアルミ製で、ブラックルーフと相まって、高いアイキャッチ効果をもたらしている。

ボディサイズは全長4287×全幅1845×全高1360mm、ホイールベース2612mm。『308』の5ドアハッチバックと比較すると、11mm長く、30mmワイドで、138mm低い。ホイールベースは4mm長い。

シャシーは、308などと共通の「プラットフォーム2」をベースに、ロールセンターを40mm引き下げ、トレッドは前54mm、後ろ72mm拡大。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビーム。ブレーキローター径は前302mm、後ろ290mmの大径タイプだ。タイヤサイズは18インチと19インチ。ESP、DSC、ヒルアシストなどが標準装備される。

内装は308シリーズをベースとしながら、各部の素材を変更し、クオリティをアップ。ヘッドレスト一体の専用レザースポーツシート、メタルリング加工を施したダイヤルなどが、上質な空間を演出する。トランク容量は384リットル(VDA計測法)を確保。フロア下にはサブトランクが設けられる。

フランス仕様はガソリン1、ディーゼル1の2グレード構成。トランスミッションは6速MTだ。排出ガス性能は、ともにユーロ5に適合する。

ガソリンエンジンは、直噴1.6リットル直4ターボの「THP」。最大出力156ps/5800rpm、最大トルク24.5kgm/1400rpmを発生する。欧州複合モード燃費は14.5km/リットル、CO2排出量は159g/kmだ。

ディーゼルは直噴2.0リットル直4ターボの「HDi」。最大出力は163ps/3750rpm、最大トルクは34.7kgm/2000rpm。欧州複合モード燃費18.5km/リットル、CO2排出量139g/kmと、パワーと環境性能を高次元で両立している。

価格はガソリンが2万7400ユーロ(約363万円)から、ディーゼルが2万9900ユーロ(約396万円)から。ボディカラーは7色、内装はクロス、レザー、ナッパレザーの3種類が選択できる。納車開始は2010年春の予定だ。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au006/article=18220/?genre=1

読書会

とある平日の午前7時。SNSを介して集まった初対面の若い男女10人が、互いに持ち寄った「本」について語り合っている。早朝にもかかわらず参加者のボルテージは高く、真剣ながらも時に笑いを交えた活発な議論が進む。じつはこれ、都内のカフェで行われた「読書会」の風景。最近、こうした会合が20~30代の間で頻繁に催され、人気なのだという。

「読書会ブームですか。確かに来ていると思います。僕が参加した時点で400人だった読書会のコミュニティが、ここ数カ月で3倍の1200人になりましたから」

こう語るのは、読書会コミュ「リーディング・ラボ」に参加する福島宏明さん。自身でも多くの読書会を主催しているが、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気なのだとか。冒頭の読書会もそのひとつだ。いったい何が魅力なのか、参加者の女性(26歳・会社員)に聞いてみた。

「一番の魅力は人との出会い。初対面でも本好きという共通項があると親近感がわくんです。この読書会は互いに紹介したい本を持ち寄るんですが、自分が好きな本のことを話すときは本音が出ると思います。だから打ち解けやすくて場が盛り上るのでは」

職種も様々な社会人が交流する様子はちょっとした異業種交流会の趣。しかも本というフィルターを通した分、互いのパーソナリティを理解しやすく、深い人脈が築けるという。読書会を通じ、仕事に役立てる向きも強そうだ。持ち寄る本もビジネス書などスキルアップ系が多いのだろうか?

「男性はビジネス書が多いですね。でも人生に役立つ要素があれば何でもいいと思います。私はいつもサブカル系なんですが、堅めの本が多いなかでやわらかい本を紹介すると場の雰囲気が和みますよ」(同)

スタイルも「紹介したい本を持ち寄る」「一斉に読む」「課題本について語る」など様々で(下表参照)、基本的に本好きであれば誰でも参加できる。折しも読書の秋。読書会で本と人の魅力的な出会いを求めてみるのはいかが?
(R25編集部、http://news.nifty.com/cs/item/detail/r25-110000007919/1.htm

これぞスーパーカー!

C88a543ff0b64cb880875a420f572ded D78e38325fb1456e99f98f5c4c96ea72

デンマークからスーパーカー出現…最高速度375km/h
デンマークのZenvoオートモーティブ社は16日、『Zenvo ST1』の写真を公開した。7.0リットルV8はターボとスーパーチャージャーで過給。最大出力1104ps、最高速度375km/hという性能を発揮する。

まず目を引くのは、その独特のスタイル。Zenvoオートモーティブ社とDanishデザイン社が共同で手がけたエクステリアは、どんなスポーツカーにも似ていない斬新なフォルムだ。ボディはエッジを利かせたデザインが特徴で、メッシュの中にヘッドランプやテールランプを配しているのがユニークな試みとして注目できる。

ボディサイズは全長4665×全幅2041×全高1198mm。ホイールベースは3055mm。車重は1376kgと軽量に仕上げられた。

斬新なボディのミッドシップにはGM製の7.0リットルV8をベースに、ターボとスーパーチャージャーでW過給されたユニットを搭載。最大出力1104ps、最大トルク145.8kgmを絞り出す。トランスミッションは6速MTで、0-100km/h加速3秒、最高速度375km/hという驚異的なパフォーマンスを引き出している。

この性能がどれだけ凄いかというと、国土面積が4万3000平方kmのデンマークを端から端まで移動するのに、約18分しかかからないと聞けば理解しやすいだろう。

Zenvo ST1は2009年にデリバリーが開始される予定。ただし、すべて手作業による組み立てとなるため、生産台数は15台と極めて少数になる。希少性という意味で、比類なきスーパーカーといえるかもしれない。
(MSN)

6輪スポーツカー

86d910637a164a8cb1bce3266c6808c2 8d083203620946fdba9e0d846e10847b

イタリアのCoviniエンジニアリング社は9日、『C6W』の写真を公表した。前輪が4、後輪が2という6タイヤの独特のスタイル。最大出力440psの4.2リットルV8を積み、最高速度は300km/hというスーパーカーだ。

Covini社は2004年のジュネーブモーターショーで6輪スポーツカーの市販プランを公表。その後、さまざまなプロトタイプを試作し、市場投入に向けた研究開発を進めてきた。

6輪スポーツカーのモチーフになったのは、1976年のF1に突如出現したティレル「P34」。前輪が4個という奇抜なアイデアを採用したF1マシンだったが、フロントサスペンションに過大な負担がかかることが判明。1978年にはプロジェクト自体が頓挫した。

30年の時を経て復活した6輪スポーツカー、同社代表のFerruccio Covini氏は「ハイドロサスペンションを導入することで、前輪への負担を減らした」と説明。さらに、「ブレーキ性能やタイヤグリップの向上、耐ハイドロプレーニング性、衝突安全性、乗り心地の改善など、6輪の長所はたくさんある」と強調する。

実際、C6Wのタイヤサイズは後輪が345/25-20に対して、前輪が205/45-15と極端に小さい。これにより、空気抵抗を減らすことができるという。ボディサイズは全長4180×全幅1990×全高1080mm。ホイールベースは当然2種類あって、2230mm、2750mmとなる。

エンジンはアウディ製4.2リットルV8(440ps)でミッドシップにレイアウト。ミッションは6速MT。スチールチューブラーシャシーにカーボン&グラスファイバー製ボディを組み合わせ、車重は1150kgという軽量に仕上げられた。この結果、トップスピードは300km/hに到達する。

Covini社ではC6Wを2009年末に限定発売する計画。プライスは公表されていないが、独特のメカニズムだけにかなりの高価格が予想される。他人とは違う車に乗りたいセレブには、かなり受けそうな気がするが……。
(MSN)

壁を走るリモコンカー「エアロスパイダー」

2008年9月30日(火)16時50分配信 ITmediaニュース

Thumbitmns20080930074technology
 風呂場のガラス窓に張り付くヤモリに驚き「俺の指先でも分子間力を操りたいぜ!」とじっと手を見るキミにちょっとだけ朗報だ。タカラトミーは、壁を走るというリモコンカー「エアロスパイダー」(4725円)を10月30日に発売する。

 エアロスパイダーは赤外線コントローラーで操縦するリモコンカー。見た目は全長約125ミリの普通のリモコンカーだが、電源スイッチを「WALL」モードにするとあら不思議、壁や窓、テーブルの裏、冷蔵庫、ふすまなど、「平面で固い場所であればどこでも張り付き走行することができる」というヤモリカー、もといニンジャカーだ。

 ニンニンの秘密は内蔵しているファン。「ファンを回転させて発生する空気の力」によって吸着力を得る仕組みだという。従って電池の残量などによっては突然落下する場合があるので、天井や壊れやすいものの上での走行は控えてほしいとのこと。

 もちろん電源スイッチを「GROUND」にすれば、普通の床の上などで走らせることができる。本体は充電池を内蔵しており、コントローラー(単三形電池×6本)とケーブルで接続して充電する。約40分間の充電で約10分間の走行が可能だ。

 「車が縦横無尽に床や壁を走り回るという、実際にはアリエナイ発想から誕生し、従来の無線コントロール玩具の遊びに加え、“驚き”や“笑い”を老若男女に提供するエンターテイメント性を持ち合わせた商品」と同社。「年末年始のギフトや、家族や友達同士のパーティーグッズにも」とすすめている。
(niftyニュースより)

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30